英語の聞き流しでスピードラーニングに挑戦中

スピードラーニング中国語

スピードラーニング中国語

中国語も「聞く」→「話す」→「読む」→「書く」のメソッドで習得を目指します

中国は13億5000万人以上という世界一人口が多い国。方言や派生語を合わせた数ですが、ネイティブスピーカー(母語話者)は約13億人以上もいるのだとか。話す人口も世界一の言葉です。

スピードラーニングはテレビCMでも流れている「英語」が有名ですが、中国語もあり、全部で巻32巻あります。けっこう多いですよね。

でも、もちろんこちらも全巻受講する必要はなく、自分に合わせて途中で停止・休止、再開が自由にできます。

中国語の教材は全部で32巻

スピードラーニング中国語は全部で32巻あります。

旅行の会話やご近所づきあい、ショッピングでの会話など、スピードラーニング英語と似ている部分もありますが、ビジネスでの会話もしっかり盛り込まれているので、お仕事で中国語が必要という人にもおすすめですよ。

どんな内容か、タイトルを見てみると、こんな感じになります。

龍のイメージ第1巻 日常会話(一)←初回セット
第2巻 日常会話(二)←初回セット
第3巻 旅行での会話
第4巻 文化の違い
第5巻 中国茶文化、医食同源
第6巻 買い物をする
第7巻 ビジネス会話
第8巻 中国の食文化
第9巻 中国の教育と学校
第10巻 中国の年中行事
第11巻 シルクロードの旅

第12巻 コミュニケーション
第13巻 中国の近代化の波
第14巻 困ったときの中国語
第15巻 東洋医学の不思議
第16巻 変わりゆく農村風景
第17巻 中国の国際結婚
第18巻 中国の音楽
第19巻 中国の武術
第20巻 中国の交通事情
第21巻 中国の世界遺産
第22巻 外食文化

第23巻 母なる河
第24巻 中国の子ども
第25巻 河はわがふるさと
第26巻 文明の源
第27巻 異国情緒のある都市
第28巻 受け継がれる昔話
第29巻 日本へのかけ橋
第30巻 東洋の真珠─香港
第31巻 伝統職人
第32巻 世界の中の中国

日常的な会話をはじめ、中国の文化や日本との違いがわかる内容になっているみたいですね。ずいぶんいろいろな話題があるようです。

聞き流しは音に集中するため、きれいな音であることが大切なのですが、スピードラーニング中国語は発音のきれいなナレーターを起用。中国の標準語である「普通話」の会話が収録されています。

申し込みは電話もありますが、ネットからでもOK。どちらも24時間の対応をしています。

中国語ってどんな言葉? 中国語の特徴はこんな感じ

解説するイメージ

中国語というと難しそうに感じますが、もともと日本語で使っている漢字は中国伝来。たくさん漢字を知っているということは、それだけ中国語を理解する際にはメリットになるようです。

もちろん全く同じというわけにはいきませんが、同じような意味で使う文字はたくさんあるみたいですよ。

スピードラーニングでも、そうした「すでにある知識」を使って英語と中国語をマスターしようというちょっと変わった教材があるほどです。

(参考)リサイクル英中会話

このように、漢字など「目」から入ってくる情報はハードルが低くても、難しいのは発音です。

ざっくり言っちゃうと、日本語は「あ」の音は1つだけだけど、中国語には音を変化させた4つの「あ」(声調)が存在するので、発音するのも大変ですが聞き取るのも大変なんですね。

やはり耳慣れる必要がある言語の一つと言えそうです。

スピードラーニング中国語の特長

スピードラーニングの大きな特長は、課題がないこと。これは中国語に限らず全シリーズで言えることなのですが、「難しい、優しい」の概念がないので、どこからでも始めることができるという特長があります。

つまり、巻を進めていっても内容がレベルアップするわけではないので、つまずくことなく「音」に集中することができるのです。

スピードラーニング中国語公式ページでも、「気に入った巻を繰り返し聞くと効果的」という方法が紹介されているんですよ。

実は「興味がある分野」を選ぶことが聞き流しを効率よく進めるコツの一つ。32巻ある中から、どのストーリーに興味を持って聞くことができるのか見つけ出すのが上達の早道なのです。

(参考)「英語の聞き流し」って何? 取り組む前に知っておきたい豆知識

まずは中国語の音に興味がある、中国語の音を身に付けたいと思っている人におすすめの語学教材です。

中国語もメソッドはその他のスピードラーニングと同じです

聞き流しのスタイルは、「初めは1日5分から」という他のスピードラーニングシリーズと同じです。

「中国語 – 日本語」CDは、中国語が流れた後に日本語が流れるので、テキストも辞書も使わずに聞き流しすることができます。

インプット仮説に沿った、リラックスできるBGM音楽が採用されているので、朝晩のゆったりしたひとときや、入浴時での聞き流しにもぴったりですよ。

中国語のみが収録された「中国語オンリー」CDもついているので、中国語を中国語のまま理解することができるようになります。

まとめ

耳から入る音を重視するスタイルは、机に向かう勉強とずいぶん違うので、最初は戸惑ってしまいますが、音が聞き取れるようになるとちょっとした自信につながります。

語学の勉強を進めていくと、聞き流しにとどまらず、言葉を声に出したり文章を読んだりする取り組みが始まるわけですが、そんなときもこの自信が大きな力になってくれるんですよ。

英語では「聞く」、「話す」、「読む」、「書く」の4技能が英語の力を発揮するための基礎的な力として学校教育でも重視されていますよね。これは他の言語でも同じこと。「聞く」ことは、かなり基礎的な部分を支える力になってくれます。

初回セットには10日間の無料試聴CDが入っているので、どんな感じの内容か把握することができるようになっています。試聴期間の10日間以内であれば、送料エスプリラインの負担で返品することも可能ですよ。

スピードラーニングの基礎知識

英語の聞き流しって何をしているの?

リストマーク
把握できるレベルの英語を聞いて、英語の音に慣れていく英語習得方法です。昔からあるリスニングの練習の一つで、映画やTVドラマをじっくり聞いたり、一日中聞きっぱなしたりする方法があります。

スピードラーニングの基礎知識

PAGETOP
Copyright © 英語de学ぶ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.