no -mage

スピードラーニングを聞き始めてそろそろ1年。テレビで聞こえてくる英語で、簡単な構成のものならヒョイと耳に入ってくるようになりました。

こうなってくると、最近、特に感じるのが「なんか読んでみたいなー」という気持ちが大きくなってきています。

「話してみたいな」じゃなくてすいません(汗)

でもなんだか、そんな気持ちにぴったりの教材を「アルク」が出してるみたいなのでメモ。1月28日に「究極の英語リーディング Vol.2」というものが発売されたようです。

初級者のリーディングのストレスを解消した教材

「単語がわからない」、「長文が苦手」、「読むのが遅い」といった初級者が感じやすいストレスを解消した教材で、初級2000語レベルの語彙をベースに書かれた英文で構成されているのだとか。

内容は、レシピや感動の実話などで、1本のお話で使われる言葉は100語~300語という読みやすさ重視になっているようです。

本とCDが別々にあって、CDには100WPM程度で読まれた音声が収録されているので、「音がわからない」という状態にはならないもよう。

さらに特典として、130WPM程度の速さで読まれた「速読練習用」の音声が無料でダウンロードできるみたいです。

英文には、スラッシュリーディング、タイムトライアル、読解問題といったタスクが設定されていて、こうした問題に取り組むことで速読力や読解力を鍛えることができるように工夫されています。

ただ問題は、「英語教材」だということ。なんだか堅苦しい印象なんですが…(汗)←おい

スピードラーニングが「教材」という感じじゃなくて気軽に取り組めるものだから、よけいに辛く感じてしまわないか心配です。巻頭にいきなり「プレテスト」が入ってたりするし。

ともあれ、とっかかりとしては、こうした細かなところまで配慮された英文に取り組んでいくのもいいのかもしれませんね。堅苦しささえ感じなければ…。

少し時間がとれるようになったら、ちょっと検討してみようかなぁ。どうだろう。

– 商品メモ –

タイトル:究極の英語リーディング Vol. 2icon
価格:1,836円
サイズ:B5判変型、248ページ
付属商品:CD1枚(約57分)
 収録言語・英語
 収録内容:巻頭のプレテスト、1章~3章に掲載されている英文30編、巻末のファイナルテストの音声を収録。英語ネイティブスピーカーのナレーターが、100WPM程度(1分間に100語程度)の速度で朗読。
ダウンロードコンテンツ:読者特典として、付属CDより速い速度の「速読用音声」を無料でダウンロードすることが可能。速読用音声は130WPM程度。
対象レベル:初級から(英検4級/TOEIC TEST 300程度から)

Vol.2があるということは、もちろんVol.1もあるわけで、こちらは1日10分で「英語が読めた」と実感できるように構成されているようです。

単語力がなくて始めるとしたらこちらか(汗)

– 商品メモ –

タイトル:究極の英語リーディングVol. 1icon
価格:1,836円
サイズ:B5判変型、260ページ
付属商品:CD1枚(約57分)
 収録言語・英語
 収録内容:全ての英文の英語音声を収録。音声を聞きながら英文を読むことで、一定以上の速度で英文を読みながら、内容を理解するトレーニングができる。
ダウンロードコンテンツ:速読用音声(MP3音声)、物語「子犬売ります」(PDF&MP3音声)、スラッシュ記入用シート(PDF)
対象レベル:入門から(英検4級/TOEICテスト300程度から)

待てよ、「音声を聞きながら英文を読む」のなら、スピードラーニングで聞き流ししながらスクリプト部分を読めば同じことになるのか… それだと会話文しかないけれど(できればお金をかけずに済ませられないかと企み中)