ビギナーズ・ワークショップ申し込み

スピードラーニングのビギナー向け講座に申し込んでみた

スピードラーニング英語を始めて2カ月ほどだったのですが、2月8日に開催された「スピードラーニング・メソッド ~ビギナーズ・ワークショップ~」に参加してみました。

前の晩から大雪注意報が出て天候はいまいちだったみたいですが、イベントは無事、開催。現地に集まった皆さん、お疲れさまでした。

管理人はUstream参加だったのですが、関西ではUstも途中で途切れたりすることなく参加することができましたよ♪

というわけで、この記事では参加するまでどんな感じだったか、簡単にまとめてみます。

【豆知識】
管理人が参加した時は「ビギナーズ・ワークショップ」でしたが、2015年は「これで安心『スピードラーニング』まるわかり講座」といった名称に変わってみたいです。

名称は今後も変わることがあるかもしれませんが、たぶんセミナーが開催される時期に受講3カ月目くらいの人に向けて案内があるんじゃないかな?該当しそうな人はエスプリラインから届くお知らせメールを要チェックです。

イベント申し込みはWebから

エスプリラインのポータルサイトにイベント情報が出ているのですが、参加申し込みもここからします。参加ボタンをクリックすれば、申し込みフォームへ移動できますよ。必要事項を記入して申し込みます。

しばし待つと、封筒がクロネコメール便で届きました。なぜか2通同時に(汗)外見はどちらも同じです。

封筒の中の資料

1通の内容はこんな感じ。

・お客様各位 Ustream視聴案内(視聴用URL、受信Password)
・英語で心を伝える スピードラーニング・メソッド
・夢実現シートなど 4枚

もう1通の内容はこんな感じ。

・参加費用払込取扱票
・お客様各位(同封資料の案内)
・お客様各位 Ustream視聴案内(視聴用URL、受信Password)
・「ビギナーズ・ワークショップ」Ustream視聴 参加規約 3枚(支払い・キャンセルの他、イベントが中止したり延期したりする場合)
・イベント参加費用のお支払方法と諸注意(参加費用の他、キャンセルのことなんか)
・「ビギナーズ・ワークショップ」Ustrem視聴案内(問い合わせ窓口の案内など。来場者の場合、日程・会場までのアクセス)
・英語で心を伝える スピードラーニング・メソッド
・夢実現シート 4枚

振込用紙が2枚になってなくてよかったです(汗)

質問するのを忘れていたので、どうして2通届いたのかよくわからないのですが、「『ビギナーズ・ワークショップ』Ustream視聴案内」には…。

視聴用専用URL:弊社から開催一週間前にメールOR郵便でお知らせいたします

と書いてあったので、それで封筒が2通になったのかも? 支払期日が2月5日までで、イベント開催は2月8日と短期間でしたもんね。でも、試聴用専用URLの紙は両方に入っていたんだけども…。

ともあれ、管理人は夢実現を2倍で頑張ろうと思います。←違

Ustream視聴はかなり快適

実は直後に別セミナーをUstで視聴していたのですが、こちらは無料配信で、発信側も無線LAN、受信する側も無線LANだったせいか、かなりプチプチ切れてあまり聞けませんでした(汗)

それに比べると、ビギナーズ・ワークショップは音も映像も安定していて、何より視聴中に広告が入らないのですごく快適です。有料版で配信されてたみたい。(Ust無料配信の場合、画面下部に広告が入ります)

視聴環境ってずいぶん変わるものなんですね。しみじみ。

配信は、スマートフォンやタブレット端末からも視聴可能みたいですが、やはり「パソコン+有線LAN」が一番安定して視聴できるようです。

どんな視聴環境だったのかは不明ですが、今回、視聴していた人の中には配信が一部途切れた人がいたもよう。

ちなみに、Ustで「音が出ない」とか「映像が途切れた」など、調子が悪い場合の対処法はこんな感じになります。

・ブラウザのリロードボタンをクリック、読み込み直してみる
・ブラウザを一度再起動、改めてUstreamにアクセスし直す
・それでもだめなら、違うブラウザに変えてみる(Chrome、Firefox、IEとか)

今回は10時30分開始だったのですが、本番開始15分前からテスト配信(スピードラーニングのサービスを解説する画像)が流れていたので、これで視聴状況をチェックすることができました。

イベントはチャットで参加

会場と直接やりとりすることはできませんが、Ust担当のスタッフの方がチャットに書き込みされるので、視聴側もチャットに書き込むことでやり取りができます。会場の様子を眺めるだけではありませんでした。

質問なども、Ust担当の方が答えきれないものは、まとめて会場に投げてくれるので、疑問も解決することができます。

あと、Ustreamにログインしていれば、発言に名前(登録したユーザーネーム)が表示されます。ログインしていないと、名前はustreamer-○○○○○○と番号で表示されます。

今回はUstに登録しなくても参加できるようだったけど、チャットのやりとりでustreamer-○○○○○○だと、やっぱり誰の発言か覚えてもらいにくいかな?

実際に名前を呼び掛けられることはありませんが、会話が弾んでチャットの流れが早くなると、ustreamer-○○○○○○だと、少しわかりにくいかもしれないと思いました。

ワークショップで教わったスピードラーニング3つのポイントに関する記事はこちら。

このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます