MP3プレーヤー

スピードラーニングは最初から細々した音に聞き耳を立てるより、音をざっくりと大きくとらえることから始めます。だから「聞き流す」んですね。この記事では、実際の聞き流しで起こったちょっとした変化をご紹介します。

何年ぶりかでスピードラーニングを聞き直ししている管理人です。

初めて聞き流しにチャレンジしたときも、そんなに英語が聞き取れてたわけではないのですが、今回は気合いの入り方が違うせいか、10日ほど聞き流したところで、「お、聞こえた!」という瞬間があったので記事にしてみます。

聞いていた時間は朝30分~1時間、昼1~2時間、晩30分~1時間という感じ。

朝と晩は、枕元にMP3プレーヤーを置いて、イヤホンしながら聞き流し。昼はパソコンのWindows Media Playerでパソコンのスピーカーから聞き流ししました。

数年ぶりに聞いたスピードラーニングは、最初は英語と日本語がそれぞれ耳について混乱しましたが、それでも気にせず、無理やり聞き流していると2~3日くらいでなんとか聞き流しできるようになりました。

聞き流しの復帰って、ちょっと大変です(汗)

今回の聞き流しでは「状況」に気をつけてみた

とにかく集中したのは、どんな場所で誰がしゃべっているのか、どんな表情をしているのか、どんな気持ちでいるのかといったことです。開発者の声で語られていた、コミュニケーションのおおもとに流れている「感性」にこだわってみました。

なので、そうした状況以外は、英語が聞こえにくかろうが、日本語が耳につこうが、構わずそのまま聞き流しです。

もちろん聞き取る密度は変わります。昼は作業をしながらパソコンの音量を絞り気味で聞いているので、聞き取るというより鳴らしっぱなしという感じ。

で、晩とか朝、布団の中で聞き流すときに上記のような状況に集中してみたのでした。

過去記事を見ると、最初は聞き流しする「だけ」ができなくて、「英語バージョン」を集中して聞いてから、「英語-日本語バージョン」を聞き流すといった遠回りをしていたんですが(汗)

そんなこだわりもなく自然体で聞き流しができるようになったのは、我ながらずいぶん進歩したのかなという気がします。

「お!」の瞬間はリラックス時間にやってきた

で、「お!」の瞬間は、寝る前の布団の中でやってきました。

ゆったりと雑音もなく聞き流しているせいか、この時間は音がよく聞こえます。最初はやっぱり何言ってるかわかんないところが多いのですが、そのときはひょいと耳慣れない単語が聞こえてきました。

センキュー フォー インバイト…

イトウさんのお隣に引っ越してきたミラーさんが、午後のお茶に誘われてイトウさんちを再訪するシーンです。

「こんにちは」「まあ、いらっしゃい。どうぞお入りになって」とやりとりがあって、聞こえてきたのが「インバイト」という単語でした。(実際は「インバイティング」って言ってるんだけど、「インバイト」と耳に残った)

インバイト? インバイトって、もしかして遼君のあのインバイトではありませんこと?

「あの」っていうのは、これですね。初めてスピードラーニングに興味を持ったころに聞いた、遼君のインバイトの話です。

マスターズ・トーナメントで主催者から招待の連絡をもらったとき、石川遼選手が聞き取ったと語っていた単語です。

不思議なことに、「おお!」と思った瞬間、記事に掲載したマスターズのゴルフ場の写真も連想して思い浮かんでいたのが自分でもちょっとおもしろかったです。それって、自分で書いた記事じゃない(笑)

つながったのは、「英語 – 日本語の情報」?

実はこの部分、最初は「テンキュー フォー」としか聞きとれていませんでした。

残りはもごもごって感じで音の塊になって聞き取れていなかったんですが、「インバイト」と言ってるのが聞こえたあとは、「なんか、もっとモゴモゴ言ってる」。「『インバイト… アス』?」、「『インバイティング アス』?」という感じで聞き取っていけたんですね。

管理人は、これまで英語で「inviting」という言葉は聞いたことがなかったと思うので…

え? 教えたはずだ? すいません学生時代の先生、覚えてませんごめんなさい(懺悔)

ともあれ、英語の勉強はいまいちだったので、知識としては石川遼選手の話と、記事中に書いた「インバイト」というカタカナ表記、そして表記から類推できる「インバイト」という言葉しか知らなかったんじゃないかと思います。

そんな日本語てんこ盛りの情報群であっても、英語を聞き流すときの理解の材料にはなるものなんですね。この辺もちょっと興味深かったです。

聞き流しって、なんだかおもしろいですね。

こうなると、もう少し変化がないものかしらと欲が出てきますよね。もう少し聞き流しを続けてみた結果は次の記事にまとめています。

このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます