英語の聞き流しでスピードラーニングに挑戦中
新着記事

ビジネスと教育の英語事情

英検って何? いまさらだけど基本をまとめ

英語の実力を客観的に評価することができるテストの一つ、「英検」について、最近の傾向もあわせて簡単にまとめてみました。

手帳

ビジネスに求められている英語力は聞く力? 日経ビジネスアソシエ

日経ビジネスアソシエで、ビジネスに関するやり直し英語について特集がありました。管理人とは比べものにならないレベルの話題ですが(汗)、アンケート結果からはみんなから求められている英語力が見えてきて、ちょっと面白かったです。

雑誌のイメージ

スピードラーニングと中学生 長野清泉女学院の場合

テレビCMでもおなじみになりつつあるスピードラーニングですが、学校でも上手に取り入れている所があるようです。1年を経過して、エスプリラインでその変化が紹介されていたので、簡単にまとめてみました。

ふでばこ

TOEICに見る英語力の最低ライン

TOEICは英語によるコミュニケーションの能力を評価する世界共通のテストですが、そのテストを実施しているITBCは英語の活用状況などを調べるためにさまざまな調査をしています。今回は学校と企業の英語について発表があったので、簡単にまとめてみました。

参考書

英語力低下は明治時代から!? 漱石の「語学養成法」が語る日本人の英語

夏目漱石絵の「語学養成法」には、明治時代とそれ以前の英語学習が紹介されています。日本人の英語がいまいちであることがすでに指摘されていて、ちょっと興味深いですよ。そんな中で、英語学習の時間について語られている部分をまとめてみました。

大阪・梅田の街並み

運命の分かれ道!? 英語が嫌いになるのは中学時代

ネッセ教育研究開発センターで行われたアンケート調査によると、中学1年生の後半までに多くの子どもが英語に苦手意識を持つようになるという結果が紹介されていました。原因はやはり英文法みたいですよ…。

花のイメージ

英語の力を付けるための「技能」という考え方

昭和26年度版の「中学校高等学校学習指導要領」の改定版のPDFファイルを見かけたんですけど、ちょっと参考になることが書いてあったのでメモ。

木の芽

中学で習う英語ってどんな感じ? 学習指導要綱に見る中学校英語

「中学校英語程度」ができれば、ビジネス英語も日常会話もなんとかなる… なんて話を聞きますよね。でも、ざっくり言うと、中学校英語ってどんな感じ? もやっとしていたのですが、文部科学省の「中学校学習指導要綱(平成10年12月)」にちゃんと明記されていました。とりあえず、メモ。

マリーゴールド

英語学習の最初の目標は「英語を聞くことに慣れ親しむこと」

文部科学省の英語学習の目標がちょっと参考になったのでメモ。「英語を聞く」ことを重視するのは、英語音声学者のオコナー教授(J. D. O’Connor 1980)の考えを取り入れたものみたいです。

中自然の森の彫像

複数の外国語を学ぶということ 「橋渡し語」という発想

英語を勉強するのって大変ですが、語学の勉強には「橋渡し語」という考え方があるようです。言葉を学ぶ時、「比較」という考え方が大切になるみたいですよ。

大阪城 極楽橋

どうして英語ができないの? 学校の勉強を振り返ってみた

日本人は英語ができない、とはよく聞く話ですが、どうしてできないんでしょう? 学校の英語教育を中心に簡単にまとめてみました。

色鉛筆のイメージ
« 1 2

最近の投稿