iconicon
iOS&Android両対応 音楽CD取り込みドライブ(IO DATA CDRI-W24AI)icon

当ブログにも「音楽をスマホに入れたい」ということで来訪される方が多いのですが、パソコンを使わずにということなら、「CDレコ」がおすすめですよ。

これまでiPhone対応とAndroid対応の2種類に分かれていたのですが、Wi-Fi(無線)のものは、iPhone、Android両方に対応してさらに便利になっています。

なので、型番によっては「Androidのみ対応」だったり、「iPhoneのみ対応」だったりすることがあるので、この点は要注意。それから、OSのバージョンによってできることとできないことが結構あるので、対応機種の確認も要チェックです。

「CDレコ」はパソコン不要! スマホとつなぐだけで音楽の取り込みOK

音楽CDの楽曲をスマホに取り込む場合、パソコンを経由する方法が一般的ですが、ちょっとした知識が必要です。

そうでないと、取り込んだ楽曲が題名が表示されずに数字だったり、アーティスト名が表示されなかったり。1曲目は大きな音で聞こえていたのが、2曲目になると音が小さくなったり… などなど、細かな失敗がけっこうあります。

「CDレコ」は、こうした面倒臭いことには時間をかけず、「簡単にスマホで楽曲を聞きたい」という人にぴったりのアイテムです。

「CDレコ」をスマホにつないで、取り込みたいCDを「CDレコ」に入れれば、収録されている楽曲を取り込むことができるんですよ。

さらに専用のアプリを使えば、簡単な操作でスピーディーにCDの楽曲を取り込むことができるのです。

管理が快適

曲情報の取得精度がUPしているので、アルバム名やアーティスト名、曲名などの曲情報も自動で取得してくれます。

ジャケット写真も自動的に取得してくれるので、ひと目でどのアルバムかわかるのもうれしいですよね。

もちろん、取得した情報は後から編集が可能。スマホのカメラで撮影したジャケット写真やギャラリー画像を楽曲と同期することもできます。

楽曲の書き出し時には、音量を平均化する機能が搭載されているので、複数のCDの楽曲を集めたベストアルバムでもボリュームにバラツキが出たりしないという点もうれしいポイント。操作も簡単で、書き出しの際に設定でチェックを入れておけばOKです。

また、取り込みの音質を選択することができます。

「ロスレス圧縮」、「高音質2(320kbps)」、「高音質(256kbps)」、「標準(128kbps)」、「長時間(96kbps)」と、5つの選択肢があるので、スマホの空き容量に合わせて取り込むことができます。

楽曲データの保存先を選択することもできるので、スマホの容量が足りないときは内蔵のmicroSDカードへ保存することもできます(機種によっては不可の場合あり)