スピードラーニングと缶コーヒー

スピードラーニングのコストは、1日あたり500mlのペットボトル飲料1本分

スピードラーニングの1巻、2巻は初回セットになっていますが、3巻以降は月に1巻のペースで届きます。価格は5000円弱なので、30日で割ると約150円ほどと意外と安い!

でも、教材としては、「この英語のレベルならこの巻までやらなくてはいけない」といった決まりはなく、自由に好きなところまで受講することができます。

それって、自由過ぎてよくわかりませんよね(汗)大体どれくらいの費用負担になるんでしょう?

1カ月30日と考えて、スピードラーニング英語の価格といろいろなものを比較してみました。

自販機で買える飲み物と比較してみると…

缶ジュース1本 約120円
スピードラーニング英語1日当たり 約150円
ペットボトル飲料(500ml)1本 約150円

こうしてみると、大体500ミリリットルのペット飲料とスピードラーニング英語が同じくらいの価格になるようです。

夏場にお茶をよく飲むという人は毎日ペットボトルを利用していたりするので、スピードラーニング英語1巻分とお茶代がとんとんという感じになるのでしょうか。

スマイル0円のメニューで比較してみると…

スマイル0円のハンバーガー1個 約100円
スピードラーニング英語1日当たり 約150円
スマイル0円のポテト1つ 約240円

低価格の商品といえば、やっぱり価格破壊の元祖M社と比較しなければなりませんよね(笑)

でも、ハンバーガーではさすがに負けてしまいますが、意外とポテトは高額なので、スピードラーニング英語のほうが安くつくように感じてしまいます。

まあ、毎日ポテトを食べる人はいないかもしれませんが(汗)ポテト18個分くらいがスピードラーニング英語1巻分の価格になるようです。

お父さんに身近な商品で比較してみると…

スピードラーニング英語1日当たり 約150円
缶ビール1本 約200円
牛丼1杯 約280円

イメージでなんとなくお父さん的なものとスピードラーニング英語を並べてみました。晩酌のお供のビールや、お昼に食されることが多いであろう牛丼と比べてみると、こんな感じになります。

ここ数年、低価格競争にさらされていると言われている牛丼ですが、やっぱりこれぐらいしますもんね。大体16杯分くらいがスピードラーニング英語1巻分の価格になるようです。

いかがでしょう? なんというか、あんまり役に立ちそうにない比較でしたが(汗)なんとなくイメージがつかめた!と思ってもらえたら幸いです。

追記・受講停止した場合…

管理人も、実際に受講を停止してみてちょっとびっくりしてしまったのですが、スピードラーニングって受講を停止しても、学習相談を受け付けるサポートセンターは引き続き利用することができるんですね。

つまり、無制限に何十巻も巻数を受講する必要はなく、自分の予算内で停止して、手持ちの巻数で聞き流しに取り組んでもOKというわけ。

再開する場合もいつでもOKなので、これはかなり気楽です。

基本「継続扱い」がスピードラーニングのシステムなので、ユーザー側から停止や休止の連絡をしなくてはいけませんが、手続きは電話一本でOKです。

停止しようとしたからといって、特に何か引き止められるとか、停止後も勧誘の電話がかかってくるといったことはないので、管理人もかなり気楽に休止したり停止したりしています(笑)

これでいくと、1日当たり約150円というのも、聞き流しをすればするほどコストは下がっていくわけですね。

管理人の場合、2015年11月現在、10巻で停止して23カ月間聞き流しし続けているので…。

約50,000円÷660日=約75.56円/日

1日当たりのコストは100円を切る状態になってました(汗)

当ブログではNHKラジオ講座と比較した記事もありますよ。実際にかかる費用に関しては、体験をもとにまとめた記事があるので参考にしてみてくださいね。

このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます