花のイメージ

聞き流しに使うツールは複数あるほうが無理なくライフスタイルに取り入れることができます

英語の聞き流しは、机に向かってする勉強と違い、ライフスタイルに無理なく取り入れて実施することができる勉強スタイルです。

その特性を生かすには、どんな機器を使って聞き流しするかが大きく影響してきます。

つまり、1枚のCDを使って、1台のCDプレーヤーだけで聞き流しするだけに比べると、複数のCDを複数のCDプレーヤーを使って部屋の様々な場所で聞き流しするというスタイルに変えるだけで聞き流し時間を大きく増やすことができるようになります。

ヘッドホンのイメージ単純に数を増やすだけでなく、複数のツールを使いこなすことでも聞き流し時間を増やすことができるんですよ。

受講者特典として無料で提供されているアプリを使えば、手持ちのスマホやタブレットに受講巻をダウンロードすることができるので、外出先で気軽に聞き流しすることができるようになります。

さらに2016年3月に提供が始まった「『スピードラーニング』ダッシュボード」を使えば、ネットにつながったパソコンを使えば、パソコンを使って作業している最中に気軽に聞き流しすることができるようになりました。

パソコンで仕事をすることが多いという人は、要チェックのサービスです。

「ダッシュボード」は、パソコンだけでなく一部機能はモバイルでも利用することができます

パソコンのイメージ

エスプリラインの新しいサービス「『スピードラーニング』ダッシュボード」は、受講中のスピードラーニングをパソコンで聞くことができる便利ツールです。

Web上のダッシュボードにログインして利用するのですが、実はパソコン以外の端末でもダッシュボードにアクセスすることができるんですよ。

動作環境は以下のエスプリラインのアプリのページを参考にしてくださいね。5月現在のスペックは以下のとおりです。

動作確認環境(2016年5月現在)

OS:Windows 7 以降、Mac OS X 以降、iOS 9.0 以降、Android 5.0以降
ブラウザ:Internet Explorer 最新版、Firefox 最新版、Google Chrome 最新版、Safari 最新版

WindowsやMacはもちろん、スマホやタブレットでもOSのバージョンが合えばアクセスして利用することができるみたいです。

管理人も試しにYOGA TABLET8(OSはAndroid)、ブラウザはGoogle Chromeでアクセスしてみたところ、ちゃんと聞き流しすることができました♪

「LISTENING CHECK」は動かなかったので、トレーニング類はパソコンでやったほうがいいみたいですけど、エスプリクラブのPDFファイルを見たり音声を聞くことは問題なくできましたよ。

スマホやタブレットはアプリも登場していますが、Androidは不具合が発生することが多いので、聞き流しする選択肢が増えるのはうれしいですよね。

管理人のYOGA TABLET8は推奨外の機種のせいか、最近は「進捗」から「聞き流し履歴」へ移動しようとすると、画面が真っ黒になって、しばらくはウンともスンとも言わなくなり、なんかメッセージが出た場合は「そのまま続ける」をクリックして待っているとようやく履歴が表示されるという状態。

最近は少しよくなって、メッセージなしで時間がたてば履歴が表示されるようになったみたいですけど、やはり表示されるまでかなり待つ必要があります。そんな調子なのであまり履歴を開いていなかったのですが(汗)

ダッシュボードではそんな問題も起こらないんですよね。

「スマホアプリの調子が悪いな」という人は、ダッシュボードを試してみるのがおすすめですよ。

スマホやタブレットでダッシュボードを利用する場合、アプリをダウンロードした際に一緒に作られる、「エスプリラインのポータブルサイト」へのアイコンをクリック。ログインしてMyページへ移動します。

ダッシュボードの基本的な利用の仕方

モバイルの場合

モバイルのイメージGoogle Chromeの場合だと、ウインドウの右上にある「…」が縦になったようなメニューボタンをクリックして、「PC版サイトを見る」をクリックすれば、アプリの告知が見えるようになるので、このリンクをタップしていけば、ダッシュボードへ移動することができます。

(参考)スピードラーニングがパソコンで聞ける!「スピードラーニング・ダッシュボード」利用してる?

でも、毎回、この移動をするのは大変なので、ダッシュボードの入り口をブックマークしておくといいかもしれません。

※ダッシュボードへ入るには、アプリで設定したIDとパスワードで、もう一度ログインする必要があります

ログインすれば、いろんなメニューを一覧するページが開くので、ここから利用したいメニューをタップすればOK。

メニューを選ぶ際は、画面左上の「三」みたいなメニューをタップしてメニュー一覧を出すこともできます。

「三」の隣にある「Speed Learning」ロゴをタップすれば、ダッシュボードのトップページへ出ることができますよ。

スリープ状態にしても、いくつか先までは聞き流しが可能。ただし、途中のチャプターで止まることが多いです(YOGA TABLET8の場合だけかもしれませんが・汗)

スリープ状態を解除すれば、次のチャプターがスタートするので、スリープ中でもネット接続の確認をするかどうかなど機種の機能に左右されていそう。

アクティブな状態なら途切れることはありませんが、バッテリーは食います(汗)

パソコンの場合

パソコンのイメージアクセスの仕方は上記と同じ。IDとパスワードを入力してダッシュボードに入ります。

ログイン後の操作も上記と同じで、さすがにパソコンでは制限される機能がないので、安心して見て回ることができます。

ただし、開いているウインドウを閉じれば、聞き流し中でも止まってしまいます。ソフトをダウンロードして聞き流ししているわけではないので、これは当然ですよね。

でも、ウインドウの中にタブをいくつも開いていると、うっかりダッシュボードのタブを閉じてしまうことがあるんですよ(汗)

なので、Fire foxの場合ですが、タブの上で右クリックして、「タブをピン留め」というメニューを選択して固定してしまうのがおすすめです。

これならパソコンで他の作業中をしていても邪魔になりませんよ。

ただし、スリープ状態に入ると、Webとの接続が切れるみたいで、聞き流し中でも止まってしまいます。

まとめ

こんな感じで、端末によってもいろいろ使い勝手があるようですが(汗)

パソコンで利用できるサービスとして登場した「『スピードラーニング』ダッシュボード」も、バージョンが合えば聞き流しや冊子の閲覧ならタブレットやスマホでも利用することができるようです。

聞き流しの選択肢が増えるということは、それだけ自分のライフスタイルにいろんな形で取り入れることができるというわけで、「聞き流し時間をつくるのが難しい」と思っている人は要検討です。

もちろん、「聞き流し時間を無理なく増やしたいな」という人にもおすすめですよ。

ダッシュボードでエスプリクラブを読んでみた感想はこちら。江戸時代の「おそば」の話題も書いています。

このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます