付属のイヤホンとパナソニックのイヤホン

イヤホンで英語の聞き流しをする人はちょっといい物を選ぶのがおすすめ

よほど音楽にこだわる人でなければ、何かに付属していたイヤホンをそのまま使っている人が多いのではないでしょうか?

でも、こうした付属品は音質がイマイチな物が多いもの。それしか知らないと、「こんなものかなー」と感じてしまうかもしれませんが、耳に接するものだけに、イヤホンにはこだわるのがおすすめですよ。

管理人も音楽に趣味があるわけではないので、それほどこだわりはないのですが、仕事でヘッドホンやイヤホンを付けることがあるので簡単にポイントをまとめてみました。

長時間聞き流しをするなら、付け心地にもこだわるべし

イヤホン横向き Panasonicと

長時間使うなら付け心地も重要なチェックポイント

イヤホンのこだわりポイントとして、いちばん気にしたいのは「付け心地」です。

写真は家にあった古いイヤホンですが(汗)右側の黒いのがPanasonicのイヤホン、左側の白いのがスピードラーニングのMP3プレーヤーに付いていたイヤホンです。一見、それほど違いがあるようには見えないかもしれませんね。でも、比べてみると、付属のイヤホンは横から見て少しずんぐりしたように見えませんか?

耳の穴に当たる部分が少し太めになるのか、管理人にとってはこれが少し合わないんですよね(汗)長時間付けてると、もあ~っとした違和感が耳に残ります。

こんな状態だとけっこう負担になってしまうので、イヤホンで長時間聞き流しするつもりの人は、自分の耳に合ったイヤホンにこだわるのがおすすめですよ。

聞き流しの質を求めるなら音質も大切

イヤホン

付属のイヤホンはどうしても音質が悪いので注意

あと意外と重要なのが音質です。スピードラーニングに付属していたイヤホンは音質はいいほうなのですが、我が家にある、「いつ買ったイヤホン?」というような古いイヤホンは高い音でカシャカシャいうので、残念ながらスピードラーニングの聞き取りがとてもしにくいです。

イヤホン単独で購入したものであれば、こんなことは少ないと思うのですが…(汗)

ともあれ、長時間聞き流しする人は、音質もなめらかで心地いいものを選ぶのがおすすめですよ。せっかくなので、スピードラーニングのバックに流れている音楽ごと楽しめる音質にこだわるのがいいと思います。

こうした音響ツールは自分の耳に合っていないだけで聞こえ方もまるで違うので、ネット上のクチコミは参考程度にしておいて、できればお店で実際に試着・試聴して確認するのがおすすめです。