ポインセチア ラメブルー

言葉を思い出すとき、その言葉が使われていた場面の雰囲気ってけっこう影響してるかも

この間、「サンダーバード ARE GO」を見て、レディペネロープの「I’m sorry?」がとても気に入った管理人ですが(笑)

後で気が付いたんですけど、この表現そのままが第2巻「旅行の英会話」に登場していたんですね。伊藤氏が機内で客室乗務員から「コーヒーにクリームと砂糖は?」と聞かれた場面です。

I’m sorry, I didn’t hear you.
すみません、聞こえませんでした。

文字だけ見ると、レディペネロープの「I’m sorry?」とほぼ同じですよね。ペネロープのほうはかなり怒りがこもってますけど(笑)

でも、管理人が先に思い出したのは、記事にも書いたように、第5巻「家族、友達との会話」に出てくる「Excuse me?」だったのでした。

この記事ではちょっとこのことについて感想を書いておこうと思います。

覚えていた場面で重なった?

たぶんこれ、言葉を暗記していたら、第2巻「旅行の英会話」の「I’m sorry.」が最初に出てきたんじゃないかと思います。言葉そのままですもんね。

でも、伊藤氏はストレートに「今の聞こえなかった、もう一回言って」という意味で使っていますが、レディペネロープの場合は別に聞こえなかったわけじゃなく、「えっ? ちょっと、何言ってんの?」という感じで、ニュアンスが少し違います。

言葉は少し違いますが、言葉を使っている人の気持ちで言えば、ブラウン夫人の「Excuse me?」がぴったりだったんじゃないかと思います。

これはやはり、スピードラーニングの聞き方に影響があるんじゃないでしょうか。

スピードラーニングで最初に取り組むのは、暗記はしないというのが基本。初回セットに同封されているCD「最初の100日間の聞き方」では、感性を使って聞き流しすることがすすめられています。

単語や文法を意識しすぎず、会話している人の表情や会話の背景をイメージしながら聞くわけですね。

ブラウン夫人の「Excuse me?」も、口答えする場面で使われたイメージが残っていたので、レディペネロープの「I’m sorry?」に重なったんだと思います。

記憶の仕方そのものが違うかも

記憶には「短期記憶」と「長期記憶」の2種類があります。

「短期記憶」というのは、文字どおり短い時間の記憶のことで、記憶として保っているのも秒単位で、そのままだと消えてしまう記憶です。

「数字」や「意味がない文字列」で7文字程度が限界とされているので、記憶としての量そのものもそれほど多くないみたい。

一方、「長期記憶」は比較的長く保たれる記憶のことで、「意味記憶」と「エピソード記憶」の2種類があります。

「意味記憶」は知識や情報に関する記憶で、「事実」や「言葉の意味」、「人類共通の知識」などが対象となります。丸暗記などがこの記憶の仲間です。

「エピソード記憶」は、個人的経験に関するイベントの記憶で、特定の日時や場所などと関連した記憶として保たれます。

ブラウン夫人の「Excuse me?」は、管理人にとってエピソード記憶として残っていたんでしょうね。

ちなみに人の脳の働きで見ると、若いころは「意味記憶」が得意ですが、年を重ねてくると「エピソード記憶」が得意になるのが特徴みたいですよ。

「エピソード記憶」のいいところは忘れにくく、意識的に思い出すことができるという点です。

特に「覚えておこう」と意識していなくても自然に覚えていることが多く、1回体験しただけでも記憶することができる場合もあるようです。

時間とともに減少していくという特徴があるので、放っておくと忘れてしまうみたいですが(汗)豊富なエピソード記憶が意味記憶を生み出したりすることもあるみたいですよ。

こういう覚え方(思い出し方)もあるんだなぁと実感できたエピソードでした。

エピソード記憶に関してはこちらの記事もおすすめです。

このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます