パスポート

海外旅行がちょっと変わる? 電子渡航認証システムの豆知識

2009年1月12日から、アメリカ合衆国の入国制度が少し変わるようです。

観光やビジネスなど、90日以内の短期の滞在目的で、ビザを取らずにアメリカへ行く人は、事前にインターネットから電子渡航認証システム「ESTA(エスタ)」への事前渡航申請が必要になりました。

この手続きをしていないと、アメリカに入国することができないので要注意です。

テロ防止の観点

これはやはりテロ防止の対策の一つで、日本や短期滞在ビザ(査証)を免除いているすべての国々が対象となります。

アメリカ電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization)が導入されたのは2008年8月だったのですが、これが2009年1月12日から本格的にスタートするというわけです。

アメリカのビザ免除プログラムを利用して、航空機または船でアメリカに渡航するするべての渡航者で、ハワイやアラスカへの渡航も含みます。単にアメリカで乗り継ぎする場合も含まれるので要注意です。

例外もある

有効期限は2年間。年齢制限はないので、乳幼児でも申請の必要があります。

ただ、ビザ免除プログラムを利用する場合なので、留学ビザや就労ビザなど、アメリカのビザを持っている人はESTAの申請の必要ありません。

グアムまたは北マリアナ諸島のみ、45日以下の入国・滞在であれば、ESTAの対象外となっています。

申請はインターネット・有料になりました

旅行会社を利用する場合は旅行会社が代行してくれる場合がありますが、それ以外は自分でエスタのホームページにアクセスし、手続きを行う必要があります。(家族が代行することも可能)

2010年9月8日以降、申請時に一人当たり14米ドルを課しています。

支払い可能なクレジットは、MasterCard、 VISA、American Express及びDiscover(JCBを含む)の4種類。

すでにESTAを取得していて、パスポートの有効期限内に更新する場合は課金されません。

初めてエスタの申請をする時の流れってこんな感じ

まずはU.S. Customs and Border Protectionへアクセスします。

申請には携帯からは不可、パソコンからの申請となります。

※2015年9月11日より入力フォームが変更になっています

【エスタの申請方法(初めての場合)】

・申請書に入力する

ページ右上の言語の変換(Change Language)が「日本語」になっていれば日本語で表示されます(上記リンク先は日本語に切り替えたページです)

上部メニューにある「申請」をクリック。「個人」か「グループ」かが選べるので、該当するほうを選びます。

※「新規の申請」と「既存の申請内容を確認」という項目があって迷いますが、「新規の申請」をクリックしても「個人」か「グループ」か選ぶ場所に移動するので同じことみたいです

書き込む情報は、パスポート番号、パスポートの発行日・有効期限などがあるので、入力前にパスポートを手元に用意しておきます。

また、14ドルのエスタ料金はクレジットカードのみの支払いなので、クレジットカードも準備しておきます。

有効なクレジットカードは、MasterCard、VISA、American Express、DISCOVER(JCB、Diners Club)です。

「個人による申請」をクリックすると、「セキュリティに関する通告」が表示され、「操作の取り消し」か「続行」ボタンのどちらかを選ぶようになっています。

「続行」を選びますが、タイミングの関係か免責事項が英語で表示されることがあります(汗)

この場合、慌てず右上の言語の変換を日本語に切り替えればOK。ちゃんと日本語で免責事項が表示されますよ。

申請者情うほうの入力をします。表示は日本語ですが、アメリカのサイトなので回答は半角英数で入力する必要があります。

英語の大文字を入力するのに全角文字を使ってしまうと認識してもらえません。必ず半角英数字に切り替えて大文字入力するようにします。要注意。

必要個所が全部入力できたら「次へ」ボタンをクリックして確認のページへ移動します。

確認のページでは、修正したいところがないか要チェック。「*」印が付いている必須項目に入力情報が入っていないと、確認のページで赤字のエラーメッセージが表示されています。

全ての項目を確認して、問題がなければ「申請」ボタンをクリックします。

・申請番号を控える

申請番号が発行されるので、このページを印刷するか、表示されている番号を控えておきます。申請番号は、情報を更新する際に必要となります。

「申請の表示」をクリックすると、これから申請する内容をすることができます。確認がすんだら、左上の「閉じる」ボタンをクリック。

「免責事項」に同意のチェックを入れると、「支払い」ボタンが有効になるのでクリック。CBPオンライン支払フォームへ進みます。

・エスタ費用を支払う

ここでクレジットカードの情報が必要になります。カード名義人の氏名やカードの種類、カード番号や有効期限などを入力していきます。

以前は、2つの「請求者送付先」や「都市」、「州県」といった項目も埋める必要があったので、記入のしかたがわかりにくかったようですが、現在は「請求書送付先」に番地の数字も含む住所、「都市」にTOKYO、「国」にJAPANと入力すればいいみたいです。

記入がすんだら、「支払の送信」をクリック。

・審査結果を確認する

審査結果はすぐに表示されます。

通常、問題がなければ「渡航認証許可」と表示され、ビザ免除プログラムでの渡米が可能になります。

申請番号と有効期限が表示されているので、「申請の印刷」、「領収書の表示」をそれぞれクリックして印刷し、手元に保存しておきます。

「終了」ボタンをクリックして、エスタの登録を完了します。

★この他のパターン

渡航認証保留 … エスタは審査中です。回答は申請後72時間以内に確認できるので、再度エスタサイトにアクセスして申請状況を確認します。

渡航承認拒否 … エスタは承認されませんでした。最寄りの大使館・領事館でビザの申請が必要になります。

【追記】11/04/05
有料になるとこんなことが起こるんですね。無許可の第三者がESTA(エスタ)を模倣したホームページを立ち上げ、情報提供料や申請手数料を取っていると注意が呼びかけられています。

また、申請手数料に関する警告や、手数料を請求する内容のメールが無作為に送信されるケースがあるようですが、子にようなメールはアメリカ政府とは一切関係ないとのことなので、要注意です。

【参考サイト】
電子渡航認証システム(ESTA)
外務省/米国へ渡航される方へ:ESTA(電子渡航認証システム)に申請してください