no -mage

エキサイトから出ている「エキサイト英語翻訳」が今回フルリニューアルして、「エキサイト翻訳」になりました。

英語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、韓国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語、アラビア語、インドネシア語、ウクライナ語、ウルドゥー語、エストニア語、スウェーデン語、スロバキア語、スロベニア語、タイ語、チェコ語、トルコ語、ハンガリー語、ヒンディー語、フィンランド語、ブルガリア語、ベトナム語、ヘブライ語、ペルシア語、ポーランド語、ラトビア語、リトアニア語、ルーマニア語

なんと全部で33言語に対応してるんですよ。

こんなにたくさんあっても困ってしまいますが。使いこなせるんだろうか(汗)

Android版(playストア)は9月16日に、iOS版(app Store)は24日から配信が始まっているそうです。ということで、早速、Android版をYOGA TABLET8に入れてみました♪

今回、Android版は初の登場ということになるみたいです。

使い心地はまあまあ、反応はスピーディー

画面下に小さな広告が出ているけれど、これは無料で使えるから仕方ないですよね(汗)

Web上の翻訳サービスみたいに、広告が邪魔して文字が入力しにくいとか、ボタンが押しにくいといったことはないので、それに比べるとかなり快適です。

早速、エスプリラインのfacebookページで見かけた「ベビーカー」を「原文」の欄に入力して、英語で翻訳してみました。

出てきた「訳文」はこちら⇒ Stroller

アメリカ風の英語が出るもよう。facebookページでは、イギリスでは「Pushchairと言う」と書かれてましたもんね。

「再翻訳」も同時に表示されるので、「どの程度原文に近いのか」といったチェックもできるみたいです。

今回のベビーカーの再翻訳には、「散歩者」と表示されていました。

「散歩者」?(汗)

「Stroller」をさらに英語→日本語に翻訳すると、「訳文」は「散歩者」で「再翻訳」は「Walk person」とか表示されて、何となく意味はわかるんだけどピンとこないので(汗)

Longmanのサイトで調べ直してみたところ、「Stroller」の1つめの意味にベビーカーの説明が、そして2つ目の意味に「someone who is strolling」と説明されていました。

ぶらぶらとお散歩する人のことを「stroller」と言うみたいですね。

というわけで、単語だけで利用する場合、よく知らない単語じゃなくて、意味を知ってる単語をちょっと確認するときに便利かもしれません。

右隅にあるスピーカーのマークをクリックすると、音を確認することもできますよ。

シェアボタンもついてるけど、調べ中の単語や文の情報が添付されるわけではなく、SNSを呼び出すだけのボタンみたいですね。

まとめ

インストールしたのはいいものの、どういう利用をするかなぁ。

今のところ思いつきませんが、スピードラーニング英語に同封されていた「第2回目の100日間のチャレンジ」で紹介されてた、「見たものをどんどん英語にする」っていうときに使ってみようかなぁ。←インストールしてから考える人

メモリは、アプリに14.98MB、データに288KB使うようで、合計15.25MBでした。あと、キャッシュにもメモリを使うもよう。単語2~3個調べた程度ですが、今のとこ5.7MB使用しています。

このメモリが多いのか少ないのかはよくわかりませんが、とりあえずメモ。