スピードラーニング英語の初回セット

スピードラーニングでは、初回セットに申し込めば教材1巻、2巻とともに「試聴CD」が一緒に届けられます。でも、無料CDが有料教材と一緒に入ってるのってちょっと気になりますよね。この記事では、どんな感じなのか詳しくご紹介します。

到着した箱を開けると、まず「ご利用明細」や資料などが入っています。

これをのけると、上の写真のように、左半分に「100日間の聞き方CD」と「無料試聴用CD&DVD」のパッケージが、右半分に今回学習を開始する人に向けたプレゼント「SL WORD PARTNER」の冊子とCDが入っています。

※無料の体験談DVDは2016年4月までで終了したようです、現在は入っていないアイテムです

スピードラーニング 10日間試聴の中身はこんな感じ

プレゼント教材のCDと冊子

箱を開けると、プレゼント教材のCDと冊子が

返品する場合は、この「SL WORD PARTNER」も返却しなければいけないので、今回はそっとしておきます(汗)

有料教材の1巻と2巻

有料教材は二重構造で仕切られています

試聴CDとプレゼントをよけると、箱が二重底になっていて、1巻、2巻が納められていました。

無料試聴と有料教材はきっちり区分されてて安心

これはわかりやすくていいですね。きちんと区分けされていて、「有料教材を開封すると返品をお受けできなくなります」と大きな注意書きが書かれています。

数年前の見本市で見たスピードラーニングは、この区切りがありませんでした。

文字どおり同封されていたんですね。

勉強に取り組みたい人はすぐに学習を開始することができる反面、「ちょっと違うな」と思った人は10日間の試聴期間で返品しなければいけないわけです。

無料のものには「無料」のシールが大きく貼ってあるものの、返品する前にうっかり有料教材を開けてしまう人もいたようで、ネットでは「頼んでもいないのに1巻、2巻が入ってて、開けたからと返品不可になった、詐欺だ」なんて評価がありました。

でも、現在は改善されているようです。

初回セットに1巻・2巻が同梱されている理由については別記事で考察してみたので、参考にしてみてくださいね。

(参考)スピードラーニングの申し込みでは、支払い方法にちょっと注意が必要

ただ、開け方がちょっとわからなかったので(汗)

管理人は、写真のように器用にハサミを入れて開けました。これはかなり苦労します。

ピードラーニングの箱の構造

切る場所はちょっと迷います

でも、この二重構造構造なら、下の段に傷を付けないように気を付ければ返品不可になってしまう心配はなさそうですよ。

この形に変更されたのは2013年くらいからなのですが、ネット上ではいまだに古い情報で解説されていることがあるので要注意です。

10日間は意外に短いので、やることがけっこうありますよ。次の記事では、試聴期間に見ておきたい資料をご紹介します。

このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます