花のイメージ

やることは「聞き流す」だけですが、工夫がいっぱい

以前、「聞き流すだけ」ってとこが不思議だよねーと、つぶやくような記事を書いていた管理人ですが(笑)

聞き流すことで英会話を習得する理屈がなんとか理解できたので、覚え書きとして記事にしておこうと思います。

日本人は英会話ができない、その理由

「日本人は英会話ができない」という話はよく耳にしますよね。英語がいまいちな管理人が英会話ができないのは当然のこととして(汗)

英会話学校に通って英語を勉強しているはずの人も、英会話ができない場合があるようです。

というのも、語学学校によっては、教師が英語圏出身であっても、日本人にわかりやすい発音とスピードで会話がされる場合があるからなのだとか。

なので、英会話教室の中では受け答えができても、いざ一般のアメリカの人たちと向き合った時に、会話についていけないということになってしまうようです。

観光地で旅行者を相手にするお店の人なら、そんな日本人にも合わせてくれるかもしれませんが、特にビジネスの現場では会話についていけないというのは致命的になってしまいます。

会話の第一歩として、相手の言っていることを理解する聞く力が必要

スピードラーニングは「英語を聞き取る」ことに重点を置いた教材になっています。

リスニング力がつけば、自然に話せるようになるという、英会話習得法にそって開発されているからなんですね。

アメリカ人と対等に英語で会話するための第一歩は聞く力 ── ということで、教材はアメリカの普通の会話に出てくる発音とスピードで作られています。

スピードラーニングの内容を聞き取ることができるようになれば、アメリカ人どうしの会話に加わってもついていけるようになるというわけです。

なので、基本的に「聞き流すだけ」ではあるものの、徹底的にリスニングの力を強化することに着目した構成になっているようです。

英語を英語で理解するために ~ 英語を日本語に翻訳しない工夫

例えば、「英語 – 日本語」の構成がその工夫の一つ。

聞き流していると、特に重要性は感じられないのですが(汗)英語を英語で理解するために、英語の後に日本語を聞くことが重要になるようです。

特に英語ができる人は学校教育の影響で、まず日本語で文章を考えて、それを英語に翻訳して言葉として話すというステップを踏みます。

これだと、英語に翻訳することができないと、英語が話せなくなってしまいます。

「英語→日本語」のフレーズを聞き流していると、頭の中で英語と日本語を結び付けることができます。

これを何度も繰り返し聞くことで、英語を英語で理解することができるようになるというのがスピードラーニングの考え方なんですね。

初心者にありがちな、「知らない英語はわからないまま」にせず、英語上級者にありがちな、「日本語に訳にしてしまう」というワンクッションを入れずに、英語を英語のまま自然に理解することを目指すので、無理なく英語に触れることができるのが、この「英語 – 日本語」の語順だったんですね。

こんな感じで、「聞き流す」のは誰にでもできるとても簡単なトレーニングですが、いろいろ工夫が詰まっているようです。

スピードラーニングに関しては、体験談を多数掲載しているので、よかったら参考にしてくださいね。 ⇒スピードラーニング体験レポの記事一覧はこちら

スピードラーニング英語に関する詳細はこちらの記事を参考にしてください。 ⇒スピードラーニング英語
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます