英語の聞き流しでスピードラーニングに挑戦中

トライリンガル/イタリア語・英語・日本語 詳細&無料試聴情報

販売ページ⇒ トライリンガルシリーズイタリア語・英語・日本語
価格 16,800円(税別・送料無料)

お届けセット
無料の試聴用CD
・CD4枚(1巻~4巻)
・スクリプトブック4冊(1巻~4巻)
・入会のご案内

スピードラーニングのトライリンガルシリーズは、「第2外国語→英語→日本語」の順番でフレーズを聞き流すことで、2カ国語を同時に身につけようという、ちょっと欲張りな4巻セットの教材です。

2つの言語を扱いますが、その他のスピードラーニングシリーズと同じ、聞き流しが基本です。

トライリンガルのイタリア語の場合、「イタリア語→英語→日本語」となります。

【注目】10日間の無料試聴があります

申し込みをすると、試聴用のCD(無料)と、1巻・2巻・3巻・4巻(有料教材)がセットになって届けられます。

スピードラーニング英語と違い、「有料教材」と「無料の資料」は分けられていないので要注意。有料教材を開封してしまうと返却できなくなってしまいます。

試聴用CDにはトライリンガルシリーズ/イタリア語・英語・日本語の教材の中からピックアップされた場面が収録されているので、どんな感じで聞き流しするのか確認することができますよ。

この初回セットは送られてくるときも送料無料で、万一返品する際も送料無料となっているので、実質10日間を無料で試すことができるところが魅力です。

イタリア語ってどんな言葉?

イタリア語を公用語としているのは、イタリアやサンマリノ、スイスの一部の州など3カ国で、6000万人を超える人が母語として使用しています。

言葉の特長としては、ラテン語から生まれた言葉で、フランス語やスペイン語と同じロマンス諸語のひとつです。

イタリア語は比較的日本語の音と似ているところがあり、ローマ字読みすれば大体発音できるので、日本語を母語とする人にとって発音が易しいという特長があります。

文法構造はヨーロッパの言語ととても似ているので、スペイン語をマスターすれば、他のロマンス語系諸語の橋渡し語になってくれます。

ただ、スペイン語と同じくラテン語の規則を受け継ぐ言葉なので、文法はかなり複雑で難しいのが難点。

主語を省くところは日本語と似ていますが、これは全ての人称で動詞の活用がきっちり決まっているから省くことができるというわけ。この点は日本語とかなり違う部分です。

トライリンガルシリーズの特長はこんな感じ

使用されているスクリプトはスピードラーニング1~4巻と同じものなので、スピードラーニング英語で聞き流しをしていた人はすでにストーリー内容がわかっているので取り組みやすくなっています。

内容を知っているからこそイタリア語の音に集中しやすくなり、イタリア語と場面のイメージが結びつきやすいという特長があるようです。

ただ、イタリアのオリジナルストーリーを期待している人はかなりイメージが違うので、ちょっとがっかりしてしまうかもしれません。イタリアの人は出てきませんもんね(汗)

複数言語を聞き流すのは大変そうですが、これはスピードラーニングの開発者ご自身が英語とフランス語を同時に学んだ際、英語とフランス語が早く話せるようになった体験が基になっています。

実際、オランダ、スイス、マレーシアなどに住む人々の中には、3カ国語以上の言葉を話す人がいるそうです。

支払い

支払方法は2種類あり、「エスプリラインのサイトからクレジットカード払い」する方法と、「郵送で口座振替手続きを指定」する方法の2種類があります。

郵便での手続きの場合、引き落とし方法には「クレジットカード」、「銀行口座」、「ゆうちょ」と選択肢があり、クレジットカード払いしかないWeb上の手続きよりも便利です。

PAGETOP
Copyright © 英語de学ぶ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.