スピードラーニングの教材

やはり英語は「ありのままに聞き流せ」

スピードラーニング英語で聞き流しに取り組んでいるのですが、3月20日くらいからアプリの調子が悪くて、そのままモチベーションもだだ下がりです(汗)

再生の途中でスリープモードに入ると再び頭に戻って再生が始まったり、聞き流しの進捗が記録されなくなったりしてしまうのです。

聞き流しは問題なくできるので、いいといえばいいんですけど… 進捗状況を覗いて「0:00」が並んでいると、なんか非常にやる気がなくなるんですよね…。

機器の調子って、意外と聞き流しに影響するものなんですね。

気持ちよく聞き流しをするなら、何かトラブルが起こっても左右されないように、お気に入りの環境をいくつか用意しておくのがいいですよ、ほんとに。

内容がわかったら、なるべく英語オンリーで聞くようにしてみた

ともあれ、第1巻は前に3カ月ほどかけて聞き流ししていたので、現在は第2巻を聞き流ししています。

気がのらないので1日30分くらいですが、でも時間がかからないのは、できるだけ英語オンリーCDを聞くようにしてるということもあるかも。

内容が把握できたら、いつまでも「日本語 – 英語」CDを聞き流ししていないで、とりあえず「英語オンリー」CDに移ってしまいます。

途中でわからなくなったら、とりあえず一通り聞いてから、「日本語 – 英語」CDに戻って頭から聞き流しするという感じ。で、把握できたらまた「英語オンリー」CDの頭から聞き流しします。

「日本語 – 英語」CDだと聞くのに結構時間がかかるけど、「英語オンリー」CDだと日本語がない分、短くなるので、さくさく聞くことができるんですよね(笑)

でも、聞き取れないところは聞き取れなくて。

例えば機長のアナウンス部分の「Good afternoon, ladies and gentlemen.」という辺りです。

このセリフ、「英語 – 日本語」の場合だと、途中でいくつか分けられているので、短くてなんとか聞き取れるのですが、「英語オンリー」にすると無茶苦茶長くて速いんですよね(汗)これ、聞き流ししていれば、聞き取れるようになるんでしょうか…。

第1巻の伊藤の奥さんも「けっこう早いなー」と思ってたんだけど、これはそれ以上なんじゃないだろうか。

いよいよ、SL WORD PARTNERAがいるかしら…。いや、もう少し頑張って聞いてみるけれど。

スピードラーニングのサイトでは、「巻が違ったからといって、聞き取りが難しくなることはない」という説明が書かれているのを見つけたんだけど、でも実は違うんじゃないかと疑っています(汗)

…と、実際疑っていたのですが、英語を聞いていて「速い」と感じるのは、英語独特の音変化の影響が大きいみたいですよ。こちらの記事もご覧ください。

スピードラーニングに関しては、体験談を多数掲載しているので、よかったら参考にしてくださいね。 ⇒スピードラーニング体験レポの記事一覧はこちら

スピードラーニング英語に関する詳細はこちらの記事を参考にしてください。 ⇒スピードラーニング英語
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます