ケーキ

ダイエットも英会話も、同じくらい辛く苦しいもの?

英会話の勉強ってダイエットと似ているそうですよ。そのココロは、続けるのがつらいから挫折する人が多いのだとか。

そんな、身もふたもない…(笑)

つい笑ってしまいますが、文法や単語、会話のフレーズなどを記憶していく作業は、単純ですが大変な根気が必要です。確かに英語の勉強が続かない原因の一つですよね。

英語の学習にはけっこう壁がある

勉強方法一つ取っても大変なとこがありますが、勉強する環境を整えるだけでもけっこう大変なのが語学学習です。

英会話スクールならネイティブの先生について習うことができますが、働いていると時間の都合をつけるだけでも一苦労です。しかも授業料がけっこうお高いみたいですよね。

そうしたいろいろな理由が重なって、途中でやめてしまう人が多いみたいです。

この点、耳が空いていれば取り組むことができるスピードラーニングは、時間やお金を使わずに英語学習をすることができるということで、忙しい人に支持されているようです。

石川遼選手は、車で移動する際に聞いていたそうですよ。

スピードラーニングに向いている人ってどんな人?

でもこの教材、どんな人に合うんでしょう?

英語教材には、学習レベルとかなんか、いろいろありますよね。

いろいろ調べていたところ、スピードラーニングを提供しているエスプリラインでは「スピードラーニング」が向いている人として、以下の例が挙げられていたのでご紹介します。

1. 英語は苦手
2. 何をやっても長続きしない
3. 英語を話せるのは特別な人、と思っている
4. 何年やっても英語が上達しない
5. 「聞き流すだけ」では英語は話せるわけがないと信じて疑わない
6. 英語は難しい
7. 英語はもうあきらめたい
8. 年齢的に無理と思っている
9. 海外に留学したり住まなければ、英語は上手くならないと思っている

えーっと、管理人は1、3、6、9かなぁ。

なんて思いながらこの一覧表を見ていたんですけど、実はこれ、すべて先入観なのだそうです。つまり、英語学習に取り組む際の「壁」だったんですね(汗)

英語は日本語にない音が多く含まれているので、何を言っているのかよく聞き取れなかったりしますが、その音に慣れるまでは聞き流して音に慣れることが大切。

英語を理解するためにはいろいろなルールがあるけれど、英会話でもっとも大切なことは、まずは英語を聞き取れるようになることが習得のための最短距離になるというのがこの教材のテーマとなっています。

ネイティブの発音やナチュラルなスピードで交わされる会話を聞き流すことで、英会話の習得を目指しているので、スピードラーニングもナチュラルなスピードの英語が収録されてるみたいですよ。

でも、「聞き流すだけ」っていうところが不思議ですよね。

この辺はもうちょっと調べてみた記事があるので、「聞き流すだけ」に関しては、こちらもご覧ください。

このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます