スピードラーニング・ジュニア 初回セット

リニューアル前のスピードラーニング・ジュニアの初回セット

小中学生向け英語教材「スピードラーニング・ジュニア」にも、10日間の無料試聴期間があります。

申し込みをすると、通常3~5日以内に宅配で初回セットを届けてもらうことができますよ(沖縄・離島を除く)。

※通常、お休みはないみたいですが、年末年始は長期期間休業があります

お届けの箱はこんな感じで届きます。ちなみに箱の上に載っているのはドコモのF-06Bです。管理人がチャレンジした時はこれくらいの大きさだったのですが、2016年1月1日(金)から全12巻から全24巻にリニューアルしています。

箱の大きさはそんなに変わらないと思いますが、リニューアル後は二重構造になったので、現在はやや大きめになっているかもしれません。

スピードラーニング・ジュニアの初回セット

リニューアル後のスピードラーニング・ジュニアの初回セット

リニューアル後は、二重構造の箱になって有料・無料のものがきちんと分けられるようになっています

これまでのスピードラーニング・ジュニアでは、有料教材と無料試聴のCDがなんの仕切りもなく同梱されていましたが、2016年1月に全24巻にリニューアルしてからは、初回セットも上の写真のように二重構造で有料教材が保護されるようになりました。

返却する場合は、有料教材を開封すると返品不可になってしまうため、有料教材の「スピードラーニング・ジュニア」第1巻と無料の試聴CDを分ける必要がありましたが、その心配がなくなりました。この点はかなりの改善ですよね。

ちなみに、過去の教材はこんな感じだったんですよ。

スピードラーニング・ジュニア 第1巻 お届けの状態

以前はこんな感じで届いてました

リニューアル後の写真と見比べると、ずいぶん違いますよね。

このように、有料・無料がはっきりわかるようになりましたが、続けるか返品するか検討中の場合、有料教材の第1巻、第2巻の教材を傷つけないように注意が必要なのは変わらないので、受講を決定するまでは、子どもさんがうっかりピーッと開けちゃったりしないように要注意です。

とにかく、プラスチックのCDケースに入っているものは開けちゃだめ!と覚えておけばOKです。

スピードラーニング・ジュニア 有料のものと無料のもの

リニューアル前はこんな感じでしたが、有料・無料のものがあるのはリニューアル後も変わらないので要注意

無料試聴期間は、スピードラーニング英語と同じく10日間

無料試聴期間は、スピードラーニング・ジュニアも10日間あります。

この10日間は、スピードラーニング英語のときと同じく、効果の有無にこだわるより、日常のどんな場面で聞き流しができそうか検討するのがよさそう。

ちなみに石川遼選手の場合は、車の移動中に聞き流しをしていたようですよ。受講している人では、おやつを食べる時間にBGM代わりにCDを流したりする人もいるようです。

10日間の間に、今までの生活ペースを崩すことなく取り組める、自分にぴったりな聞き流しスタイルを探すことになります。

「自分に合った聞き流しスタイル」といっても、子どもの場合はお父さんやお母さんも一緒になって探してあげる必要があるかもしれませんが(汗)教材の特長がわかっていると、やはり取り組みやすくなりますよ。よかったらこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

追加情報・無料CDでできないこと スピードラーニングアプリの利用はできません

2014年6月から、スピードラーニング・ジュニアでもスマホで聞き流しができる無料アプリが登場しています。

2014年3月に発表されたデジタルアーツ株式会社の調査によると、小学生のスマホ所有率は、10~12歳で37.4%、中学生で55.3%にもなるのだとか。

スマホであれば、通学時間や、習い事の行き帰りのちょっとした時間、そして朝の目覚まし代わりに聞き流しをしたりすることができるので、さらに身近に活躍してくれそうですよね。

ただ、無料アプリは受講者向けのサービスなので、検討中の人は使うことができません。この点は要注意です。

でもスマホでの使い心地を確認してみたい人は、パソコンなどを使ってMP3ファイルに書き出して、使いたい携帯端末に入れればOK。コピーガードなどはかかっていないので、試聴CDでも試してみることができますよ。

ひと手間かかりますが、モバイルの快適さは一度は試してみたい方法です。

というわけで、次の記事ではスピードラーニング・ジュニアの試聴CDを聞いてみた感想をまとめてみます。スピードラーニング英語と比べると、少し違う点がありましたよ。

このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます