ミニラボのガマ口ポーチ
(ミニラボのガマ口ポーチ)

3月4日に千趣会大阪本社で開催された「minilaboファンミーティング」に参加してきました♪

ミニラボが来日するということで、それに合わせて開催されたものなんですが、春夏シーズンの新アイテムの展示もあったんですよ。

参加報告はメインブログに記事があります。

この記事では、ちょっと参考になったminilabo的ワークスタイルを紹介します。

minilabo的ワークスタイル

ミニラボ
(左からセリーヌさん、キャロリーヌさん、ソフィーさん)

パリのクリエイティブユニット「minilabo」は、絵を描くことが好きなセリーヌさん、テキスタイル(布地)が好きなキャロリーヌさん、そしてプレスやマネージメントを担当するソフィーさんの3人で構成されるクリエイティブユニットです。

3人とも、それぞれ2人の子どもを持つお母さんなんですよ。

子どもさんがいる家庭を持ちつつクリエイティブなお仕事をされるのってどんな感じなのだろうと質問したのですが、キーワードは「協力」と「工夫」ということになるようです。

編みぐるみスマホ置き
(ミニラボの編みぐるみスマホ置き)

用事がある場合、早く仕事を済ませて用事を済ませ、遅くから再び仕事をこなしたりすることもあったそうですが、そんなときは3人で協力して時間の都合をつけるのだそうです。

日本とちょっと違うところでは、フランスの小学校は水曜もお休みなので、この日は「おうちタイム」ということで、3人とも会社には出てこずに家で仕事をするのだとか。

この他、旦那様の協力は必須で、やはり家族に理解があることが大切ということでした。

日本でも2007年ごろからワーク・ライフ・バランスなんてことが言われるようになりましたが、男性にしても女性にしてもお仕事で力を発揮できるのは、やはり家族の理解と協力があってこそなんですね。

周りと協力しつつ工夫を凝らすminilaboスタイルは、「スターウーマン」に登場したナイキのジーン・ジャクソンさんとはまた違ったワークスタイルですが参考になりますよね。

ファンミーティングでは質問コーナーの他にワークショップもあって、アートフレームに挑戦したんですが、その様子はメインブログの「日々歳々」を覗いてみてくださいね♪

ソフィーさんは日本語が上手!

おまけですが、ソフィーさんは日本語が上手。

4年も習っているそうで、週に1回学校へ通って勉強されているそうです。自己紹介も日本語でされていたんですよ。すごい!

ミニラボのアートフレーム

写真はワークショップで管理人が完成させたアートフレーム。サインをいただきました。

もちろん、ソフィーさんのサインも♪

私もソフィーさんが日本語を話されてたみたいに、英語が話せるようになりますように。←お守りか

【関連サイト】
ミニラボさんに会ってきました! minilaboファンミーティング参加記録 | 日々歳々
ミニラボ一覧 | ネット通販情報

このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます