お勧めサイト

アメリカ政府の公式チャンネルがYouTubeにできたそうですね。
チャンネルはこちら。

USGovernment

トップにはオバマさんの大統領就任式の様子を見ることができるようになっています。

その下には、「Other Channels」ということで、「the White House」、「NASA」、「CDCStremingHelth」などなど、政府機関のチャンネルが16個もリンクされていますよ。なんかすごいですね!

もちろん、それぞれ動画がアップされていて、the White House は223本、NASAはいちばん多くて429本、いちばん少ないSocial Securityでも10本の動画がアップされているようです(6月11日現在)

新しいメディアを積極的に活用しているのが、この動画の本数からもうかがえます。言ってることは早いし難しいしわけわかんないんですけどね(汗)

ちょこっと調べたところでは、アメリカの政府機関で最初にYouTubeを利用したのは国家薬物取締政策局(ONDCP)なんだそうで、2006年に薬物撲滅キャンペーンの広告動画をYouTubeに投稿したのが初めてのことみたい。

ちなみに、チャンネルはこちらです。

ONDCPstaff

それから3年。アメリカ政府も、YouTubeも、短い期間にほんとにすごい展開を見せてくれます。

でも、ネットにつながる環境があれば、こんなふうに身近に英語を感じることができるんだから、これまたすごいことですよね。