鬼滅の刃

「鬼滅の刃」の考察記事の一覧です。

鬼滅の刃から日本文化を考える

キメツ学園で妓夫太郎たちの名前は、なぜ謝花? 宇治の怨霊が示すもの

千寿郎くんのイメージと重なる平等院周辺には怨霊につながる手掛かりがあります。キメツ学園!の妓夫太郎・梅兄妹の名前もヒントになっていそうですよ。
鬼滅の刃から日本文化を考える

「鬼滅の刃」はジョジョのパクリ?そのヒミツは謎解きにあるかも

「鬼滅の刃」の遊郭編は、平安時代の怨霊伝説が織り込まれているようです。平等院の宇治周辺の地図からも辿れるのですが、「似ている」と言われている漫画からも辿ることができそうです。
鬼滅の刃から日本文化を考える

鬼滅の刃に源氏物語と枕草子が重なる理由

宇髄さんの左目の化粧に重なる隅田川のイメージを辿っていくと、一条天皇にたどり着きます。一条天皇もまた鬼滅の刃に関わる鍵が隠れているみたいですよ。
鬼滅の刃から日本文化を考える

どうして宇髄さんはアオイちゃんのお尻を叩くのか?

宇髄さんがアオイちゃんのお尻を叩いたのはなぜなのか、もしかすると山の神が関わる古い習俗を指しているのかもしれません。
鬼滅の刃から日本文化を考える

遊郭編で宇髄さんがアオイちゃんを攫った理由

宇髄さんがアオイちゃんを攫うのはなぜなのか、有名な古典の場面へ繋ぐヒントになっているのかもしれません。下弦の鬼の名前も拾いつつ考察してみました。
鬼滅の刃から日本文化を考える

興聖寺につながる、炭治郎の目の色が赤みがかっているわけ

宇治は「鬼滅の刃」に重なる伝説がいくつも見つかります。興聖寺には炭治郎の目にかかわるヒントが隠れていそうです。
鬼滅の刃から日本文化を考える

カナヲと宇髄さんが教えてくれる、遊郭に潜む鬼の秘密

平等院の鎮守社「縣神社」にはちょっと変わったお祭りがあって、栗花落カナヲにも関連が出てきそうです。
鬼滅の刃から日本文化を考える

鬼滅の刃と源平合戦、我慢のきかない次男が表す「大天狗」

「鬼滅の刃」には「吾妻鏡」や「平家物語」の源氏と平家のイメージが重ねられている可能性がありそうです。
鬼滅の刃から日本文化を考える

平家一門がつなぐ、蕨姫花魁と溝口少年とお志津さん

”Demon Slayer” has many images of Genji and Heike. 「鬼滅の刃」は源氏と平家のイメージが多数あります。 There is a legend that the remn...
鬼滅の刃から日本文化を考える

禰豆子ウサギと炭治郎、ルーツは正しい道を教える「見返り兎」かも

平等院とその周辺には「鬼滅の刃」に関する鍵が隠れていそうです。この記事では「平等院」、「宇治上神社」、「宇治神社」を中心に考察してみました。
源氏物語・枕草子と鬼滅の刃

鬼の禰豆子はなぜ強い? 瀬織津姫と橋姫伝説に見る理由

平等院とその周辺には「鬼滅の刃」に関する鍵が隠れていそうです。この記事では宇治橋に伝わる橋姫伝説に注目してみました。
鬼滅の刃から日本文化を考える

9人の柱と12鬼月の謎を解く鍵は、平等院にあり

平将門の時代と同時期のサルスベリの花粉が発見された平等院には、鬼滅の刃に関連するヒントが隠れていそうです。
鬼滅の刃から日本文化を考える

杏寿郎と千寿郎の名前は何を表す? 平将門から考察してみた

煉獄さんの「杏」や、千寿郎くんの「千」には、キャラクターにぴったりの花のイメージがありそうです。
鬼滅の刃から日本文化を考える

槇寿郎さんが炎柱を引退した理由は「槇」の字にある?

煉獄さんのお父さん、槇寿郎さんは、印象が大きく変わるキャラクターの一人ですが、名前にその秘密が隠れていそうです。
鬼滅の刃から日本文化を考える

煉獄さんが心を燃やす理由と、さつまいもに重なるカグツチの影

「鬼滅の刃」の煉獄杏寿郎はフランシスコ・ザビエルや平将門などとイメージが重なるようです。伝説を辿っていくと、迦具土神につながりますよ。
鬼滅の刃から日本文化を考える

不撓不屈、だるまさんと義勇さんの共通点

煉獄さんがミミズクの疱瘡絵とイメージが重なるように、義勇さんは達磨の疱瘡絵のイメージに重なるようです。冨岡義勇と達磨大師の共通点を調べてみました。
鬼滅の刃から日本文化を考える

冨岡義勇のことは官兵衛に聞け、射楯兵主神社からつながる糸

煉獄さんのミミズクのイメージと重なる射楯兵主神社は、黒田官兵衛とも深い関わりがあります。黒田家の足跡を辿っていくと、もう一人の柱のイメージにつながるみたいですよ。
鬼滅の刃から日本文化を考える

鬼滅の刃 を貫く、「6」という神秘の数字

鬼滅の刃と射楯兵主神社に共通する「6」の数字に注目して考察してみました。
鬼滅の刃から日本文化を考える

煉獄さんが無限列車に乗車することは決まってた? 姫路の奇祭に重なる「鬼滅の刃」

柱相関言行録にある無一郎君による煉獄さんの印象を追いかけてみると、「三ツ山大祭」という興味深いお祭りありました。
鬼滅の刃から日本文化を考える

疱瘡でつながる、煉獄さんとミミズクの関係

ファンブックに掲載されていた霞柱・時透無一郎の本音を手がかりに、煉獄さんの目がどうして大きく見開かれているのかを考察してみました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました