英語を聞く

スピードラーニング体験レポ

時々、スピードラーニングのトライリンガル・フランス語を聞き流ししています

スピードラーニング・シリーズの中でも、ちょっと変わった特徴のあるトライリンガル・シリーズに挑戦しています。トライリンガル・フランス語の場合、「フランス語」、「英語」、「日本語」という順番で聞き流すんですよ。どんな特徴があるのか、聞いてみてどんな感じなのか、簡単にまとめてみました。
英語の聞き流しの変化

優先座席の「Priority seat」とスピードラーニング第2巻の「Global Priority」がつながった

スピードラーニングの聞き流しをしていて、ちょっと気になった変化がありました。関連する単語を見かけて、英語の音を思い出すというパターンです。
スピードラーニング英語 各巻の感想

スピードラーニング第10巻に出てくる ケンの”It will be fun to see it.” が好き

スピードラーニングを聞き流ししていて、これが出てくるとき、管理人は耳をダンボにして聞いているというセリフの一つをご紹介。第10巻のケンのセリフはいろいろ企んでる感じがあって楽しいです。
スポンサーリンク
スピードラーニング体験レポ

ダッシュボードのトレーニング機能が充実してて便利、KICTATION使ってます

スピードラーニングは聞き流すだけじゃない!という感じで、いろんな新サービスが登場していますが、ウェブアプリもトレーニング機能が充実してきて、けっこう便利になってきています。
英語の聞き流しの変化

2017年の目標は、Speak UP Radioを少しは楽しめるようになること

聞き流しを続けてきて、せっかくなので2017年は今年の抱負を作ってみることにしてみました。
英語の聞き流しの変化

スピードラーニング英語 2016年の効果は?ディクテーションの成果から変化を見てみた

スピードラーニング英語に取り組んだ2016年は、第2巻で登場する機長の早口のアナウンスが聞き取れるようになりました! ディクテーションの変化からどんなふうに聞き取れるようになったのかご紹介します。
モバイルの活用

スピードラーニングアプリのバージョンアップのしかた&新メニューのご紹介

スピードラーニングのアプリのバージョンアップをしてみました。レノボのYOGA TABLET8では、バグが出て起動できなくなるようです。その対処法をご紹介。
英語の聞き流しの変化

スピードラーニング英語、2016年聞き流しの変化まとめ

2016年はスピードラーニングの聞き流しに加えて、いろいろなことにチャレンジする一年でした。今年はまだあと2カ月あるけれど、ケルトのハロウィーンは大晦日だったらしいので、これをきっかけに一年を振り返ってみました。
リッスントーク体験レポ

リッスントークってどんな効果があるの? 30日間やってみた感想

リッスントーク公式サイトで申し込むと、30日間の返品返金保証がついています。30日間チャレンジしてみるとどんな感じなのか、その感想をまとめてみました。
リッスントーク体験レポ

リッスントークの「スピーキング特化トレーニング」をやってみた感想

リッスントークを1カ月ほどモニターさせていただいて、実際にスピーキング特化トレーニングをやってみた感想です。英語を話すのが苦手な人が多いということがよく言われますが、スピーキング特化トレーニングにあるような練習が少なすぎるからなのかも。話をするための筋力トレーニングみたいな感じの練習でした。
リッスントーク体験レポ

リッスントークの「リスニング特化トレーニング」をやってみた感想

リッスントークを1カ月ほどモニターさせていただく機会がありました。実際にリスニング特化トレーニングをやってみた感想です。リッスントークは初心者向けと言われていますが、中級者にも役立ちそうな特長がありましたよ。
リッスントーク体験レポ

基本は程よい繰り返し学習、リッスントークの進め方

初心者でも効率よく英語を聞いて(リスニング)、話す(スピーキング)の練習ができる英会話教材「リッスントーク」は、どんなふうに学習を進めていくのか簡単にご紹介。学習者にやさしい(learner-friendly)というコンセプトは、今までの学習教材とちょっと違う内容になってます。
リッスントーク体験レポ

リッスントークを始めるには、まずはテキスト「国内編」の22ページ目までを読んでからがおすすめ

リッスントークはCDとテキストを使って勉強を始めます。この点、他の教材とは大きな違いはないのですが、国内編の1枚目のCDは要注意です(汗)この他、テキストに関しては、スピードラーニングと違う点がいくつかあったので簡単にまとめてみました。
リッスントーク体験レポ

リッスントークはこんな感じで届きます

初心者でも英語を聞いて話す練習をすることがができる「リッスントーク」のモニターをさせていただけることになりました。この記事では、どんな感じで教材が届くのかご紹介します。
英語の聞き流しの変化

英語を聞いて書き起こす「ディクテーション」で、聞き流しの補強をする

スピードラーニングの聞き流しが進むと、ディクテーション(英語を聞き取って書き出す練習)を組み合わせて、聞き取ることができる精度をアップしていきます。短いやり取りが多い第2巻でやってみました。
英語の聞き流しの変化

いきなり大変なときは、ちょっとずつスタイルで対応してみる

以前にもチラッと書きましたが、何となく細かな音もフッと聞こえる気がするようになった管理人です。こんにちは。 細かな音というか、例えばサトシとジルが20時から始まるパーティーについて話をしている第8巻の「パーティーに何を着ていこ...
英語の聞き流しの変化

スピードラーニングの電話の無料会話プログラムを使ってみたいけど、勇気が出ない人のための簡単な対策

スピードラーニングのエスプリラインには、受講者特典として電話を使った無料会話プログラムが用意されているのですが、実際、なかなか利用するのはハードルがありますよね。その原因と対策を思いついたので記事にしておこうと思います。
スピードラーニング体験レポ

この2月で、日本語から英語に進化!

あっという間に2月も終わり。でも、自分がちょっとでも進歩してるのを感じることができると、ちょっとうれしいですよね♪ エスプリラインの受講者向け相談窓口を利用したお礼のお手紙が英語になっていました。
英語の聞き流しの変化

英語の音に慣れてきたら、次にすること

スピードラーニングの聞き流しを続けて、英語の音に慣れてくると、さらに細部まで聞き取れるように取り組むようになります。管理人もそろそろそのレベルになったみたいで、サポートからアドバイスをもらいました。
タイトルとURLをコピーしました