鬼滅の刃の鬼退治 太陽の光にあって、月の光にはないもの

月と太陽

The planaria seems to know why demons are weak against sunlight.
鬼が日光に弱い理由はプラナリアが知っていそうです。

(この記事は、第5巻、第15巻、第23巻のネタバレを含みます)

「鬼滅の刃」に出てくる鬼は、日に当たると炎のようなものを発しながら、骨も残さず消え去ってしまいます。

「鬼滅の刃」に出てくる鬼は、どうして日光に弱いんでしょう?

しかも、夜に輝く月は、太陽の光を反射して光っているんですよね。鬼は夜に活動するのですが、月の光は平気なんでしょうか?

というわけで、この記事では太陽と月の光について調べてみました。

太陽の光には何がある?

実際に存在する生き物に、驚異的な再生能力を持つ「プラナリア」(ナミウズムシ)という無脊椎動物がいるのですが、興味深いことに、このプラナリアも光を嫌います。

一定の明るさを保った環境で行われた実験によると、プラナリアは光を目で感じ、その光がより強く、短い波長(紫色)であるほど弱っていき、頭から溶けて死んでしまうそうです。

参考 プラナリアの負の走性と寿命(2016) 中高生の科学研究実践活動推進プログラム | 国立研究開発法人 科学技術信仰機構 次世代人材育成事業

「鬼滅の刃」に出てくる鬼の性質を考えるのに、ちょっと参考になりそうな特徴ですよね。

では改めて、地球に届く太陽の光には、どんなものがあるのでしょう? 図にしてみると、こんな感じになるようです。

太陽光(電磁波)イメージ

太陽の光は電磁波でできていて、波長が短いほど光子のエネルギーが大きくなり、波長が長くなるほど光子のエネルギーは小さくなります。

光子のエネルギーが大きいほど物体に衝突するときの影響が大きくなり、物体を構成する分子構造を変化させたり破損させたりしてしまいます。太陽の光の中でも波長の短いものは、生き物にとって危険な存在になるわけですね。

でも、波長がものすごく短い放射線(X線、γ線)は、大気やオゾン層でほとんどが遮断されてしまうので、地上に届く太陽光には含まれません。

紫外線の場合も、波長の短いUV-CやUV-Bの一部はオゾン層で遮断されてしまいます。

UV-Bの一部と、波長の長いUV-Aのほとんどは地上に届きますが、それは紫外線の全体でいうと10%程度になるようです。

赤外線は波長の長い電磁波ですが、波長の長い赤外線は大気で吸収されるので、約4割強に弱められて地上に届きます。電波も、波長の長い部分は届きません。

このように大気を通る電磁波は限られているので、この性質を「大気の窓」と言ったりするようです。

こうして見ると、鬼にも有害そうなのは紫外線ということになりそうですね。

確かに人間も、美容面では紫外線はやっかいな存在です。

UV-Aは日焼けを起こすことはありませんが、ゆるやかに肌の奥まで届いてダメージを与えます。ダメージが蓄積すると、シワやたるみなど、肌が老化する原因になると言われたりします。

UV-Bは肌の奥に届くことはありませんが、UV-Aの数千倍のエネルギーがあるので、浴びすぎると肌の表面にダメージを与え、数時間後には皮膚が赤くなって、日焼け(紅斑:SUNBURN)を起こしてしまいます。

月の光は大丈夫なの?

では、月の光はどうなんでしょう?

月の光は月面で反射した太陽の光が地球に届いているわけだから、紫外線はありそうです。最近の紫外線対策でも、道路や建物から反射してくる紫外線に注目していることがありますよね。

では、直接光を発している太陽と、光を反射している月とでは、何か違いはあるのでしょうか?

まず、大きく違うのは光の量です。

入ってくるエネルギーに対して、反射するエネルギーの割合をアルベド(反射率)というのですが、月のアルベドは0.07しかありません。

比べて、地球の場合は0.31、金星の場合は0.78もあります。

月は地球の近くで輝いているので、満月などはとても明るく見えるのですが、雲も水もないので天体としてはかなり暗い部類になるようです。

さらに紫外線で見てみると、その量も違うみたいですよ。

光に含まれる紫外線は、反射するものの種類によって大きく変わってくるのですが、環境省の「紫外線環境保健マニュアル2020」によると、砂浜では10~25%、コンクリートやアスファルトでは10%、土面では10%以下となります。ほとんど吸収されてしまうんですね。

月の表面はどうかというと、ウィキペディアには、「酸素、鉄、ケイ素の割合が多い構成」と書かれていました。

酸素とケイ素の割合が多い、砂地の紫外線反射率を計測している論文があったので見てみると、その反射率は2~5%程度。やはりかなり少なくなるようです。

ブログ「光と色と」さんには鉄の反射について解説があるのですが、紫外線の波長領域での反射は50%程度ということなので、月の表面に鉄の成分が多少あったとしても、紫外線を反射する量が増えることはなさそうです。

参考 月の地質 | ウィキペディア
参考 紫外線カメラによる海浜の紫外線反射率計測 川西利昌、魚再善、緒方健一
参考 金属の光沢と色 | 金属反射と金属光沢 | 光と色と

このように、月の光に含まれる紫外線は、太陽の光に比べるとずっと少ないわけですね。

太陽の光が直接当たる日中でも、波長の短い紫外線は大部分が大気に吸収されてしまうわけで、月の光が地上に届く頃には、紫外線が含まれていたとしても、波長の長いUV-Aくらいしか残ってなさそうです。

というわけで、月の光は太陽の光を反射しているけれども、含まれる紫外線にはUV-Bをほとんど含まないと考えられるので、鬼が影響を受けているのは紫外線のUV-Bということになりそうです。

鬼が太陽に弱いのは、宇髄さん風に言うと「UV-Bでド派手な日焼けをしている」ということになるのかもしれませんね(汗)

原作でも、鬼から見た場合は「日光に当てられる」(第5巻 41話)、「日に当たれば死ぬ」(第15巻 127話)といった言い方ですが、人間から見た場合は「陽の光に焼かれて」(第15巻 126話)とか、「太陽の下に固定して焼き殺す」「陽光灼け」(第23巻 201話)など、「焼く」とか「あぶる」と表現しているところも興味深いです。

こういうところも「鬼滅の刃」ってなかなかよく考えられていますよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました