鬼を倒す武器、日輪刀はかなりユニークな刀

山のイメージ

The reason why the color of the nichirin sword changes can be considered to be based on the old Japanese customs and the idea of ​​Onmyodo.
日輪刀の色が変わる理由は、日本の古い習俗と陰陽道の考えに基づいていると考えられます。

(この記事は、第2、第9巻、第13巻、第15巻、第20巻、第21巻、第22巻のネタバレを含みます)

「鬼滅の刃」に出てくる鬼は、「太陽の紫外線B波(UV-B)に弱いんじゃないか?」という考察を別記事でまとめたのですが、では日輪刀はどうして太陽の光と並ぶ威力があるのでしょう?

鋼鐵塚さんは、こんなふうに言ってますよ。

日輪刀の原料である砂鉄と鉱石は、太陽に一番近い山でとれる
“猩々緋砂鉄” “猩々緋鉱石”
陽の光を吸収する鉄だ
陽光山は一年中、陽が射している山だ
曇らないし雨も降らない
(第2巻 9話)

日輪刀の造り方

ここに出てくる「陽光山(ようこうざん)」は、海外にあるのか、もしくは架空の山ということが言えそうです。

なぜ海外かというと、「鉄鉱石もとれる」から。日本の鉱山はもともと鉄鉱石に恵まれないこともあって、砂鉄を使って刀を造ります。燃料はそれほど高温が出せない木炭です。

石炭(コークス)は高温が出るのですが、硫黄やリンなど不純物を多く含むので、刀を造る素材にするためには、出来上がった鉄を再精錬する必要があります。そうした手間をかけても、玉鋼に比べると、品質としては今ひとつ及ばないのだとか。

たたら製鉄の炉内温度は1,500度以下という環境になるようですが、砂鉄は粒子が細かいので、低温しか出せない木炭であっても短時間で還元して鉄にすることができます。さらにこうした環境は不純物は還元しにくく、酸素・窒素などのガスも溶け込みにくいというメリットがあります。

燃料が木炭というのも絶妙で、不純物は炭素しかないため、送り込む空気の量や、木炭を積む高さ、材料を置く位置などの調整だけで、酸化・還元といった現象を加減することができます。

日本刀は、制限のある日本の環境だからこそ生まれた刀と言えるみたいですね。

でもこれは「江戸末期に確立した、たたら吹製鉄では鉄鉱石を使わない」というだけで、それ以外の作刀方法は不明のため、日輪刀のすべてが架空というわけではないみたいです。

大正時代の「たたら文化」は、近代工業を重視する政策や、それに伴う価格の安い洋鉄の普及で大きな影響を受けていました。さらに第一次世界大戦の講和を機に、鉄価が三分の一に下落したのを受けてバタバタと廃業。大正末期には一度途絶しているのです。このため、今でも日本刀の造り方には謎が多いみたいですよ。

作刀のたびに釜を壊す必要があることや、一子相伝という継承のしかたも、技術が残りにくい原因になるようです。

発掘調査によると、製鉄黎明期と見られている古墳時代後期では、円筒形をした製鉄炉で鉄鉱石を精錬していたそう。上古刀と呼ばれる奈良時代以前の刀では、鉱石系箱形炉という小型の炉で鉄鉱石を原料にしていたことがわかっているようです。

もしかすると日輪刀は、失われた古の技術で作刀された刀なのかもしれませんね。

参考 鉄の古代史 ─ひろしまの鉄の歴史─ | 遺跡探訪のへや 公益財団法人広島県教育事業団事務局 埋蔵文化財調査室
参考 みちのくの鉄 | 室蘭工業大学・材料物性工学科 材料製造プロセス学研究室
参考 玉鋼の特徴 | 刀剣ワールド
参考 日本刀の原料は人にしか作れない。超高純度の鋼「玉鋼」の製法とは | 中川政七商店の読みもの
参考 日本刀 | ウィキペディア
参考 日本刀の出来るまで | おさるの日本刀豆知識

架空の山と考えられるのは、「曇らないし雨も降らない」という条件です。

空を覆ったり、雨を降らせたりする雲は、対流圏(10~16km)で発生します。その上にある成層圏は安定していて対流が起こりにくいため、雲はできません。

成層圏と対流圏の境目は「対流圏界面」(たいりゅうけんかいめん)といって、入道雲もここから上へは上昇することができず、横へ広がっていくため、「かなとこ雲」と呼ばれたりします。

太陽光(電磁波)イメージ

つまり、曇らないし雨も降らないためには、雲ができない高さが必要なわけで、単純に考えてもエベレスト(8848m)より高い山であることが必要なんですね。

太陽光のところで使った上の図でいうと、山のシルエットのところがエベレストの高さになります。

でも古代インドに伝わる、世界の中心にあるという須弥山(しゅみせん)は、8由旬(ゆじゅん)の高さがあると言われてますからね。これくらいあれば、きっと大丈夫ですよ。

1由旬=11.2km、あるいは14.5km前後とされていたインドの場合
8由旬⇒89.6km~116km

8由旬=30里、もしくは40里、もしくは60里とも言われていた古代中国の場合(1里=約405m)
8由旬⇒12.15km、もしくは16.2km、もしくは24.3km

インドバージョンの須弥山とか、古代中国バージョンなら60里以上の須弥山であれば、飛行機が飛ぶより高く、大気圏を突破するくらい高い山になるので、日輪刀の条件もクリアできそうです。

疱瘡でつながる、猩々と月の関係

というわけで、日輪刀は特別な素材で造られた刀ということになります。

その原料には「猩々緋砂鉄」、「猩々緋鉱石」という名前がつけられているのですが、この「猩々」には天然痘のまじないに関する文化がありました。

猩々

調べてみると、疱瘡神としての猩々は、月と深い関わりがあるようです。

炭治郎や禰豆子は山の神のイメージが多数描かれているので、日輪刀も月と関連する可能性があるのは興味深いですよね。

参考になる論文がこちら。

参考 皮膚の病と境界の神 日本「賤民」史研究への一階梯 鯨井千佐登 | 日本の論文をさがす CiNii Articles

「皮膚の病と境界の神」によると、富本繁太夫の「京坂滞留日記」(天保七年、1836年)や曲亭馬琴の「馬琴日記」(天保二年、1831年)に、「猩々祭り」のことが記載されているそうです。

「猩々祭り」というのは疱瘡患者が出ると行われる習俗で、棚を新しく整えて疱瘡の守護神を祀り、穏便に退散してもらうための行事です。京都では猩々人形を「疱瘡の守護神=疱瘡神」として祀るそうで、その人形の手には酒甕(さかがめ)と柄杓(ひしゃく)があり、これは「疱瘡患者に酒という霊水を浴びせる姿をあらわしていた」と考えられるようです。

論文では、猩々が出てくる「庭訓往来註」(万治元年、1658年刊)や、謡曲「猩々」を参考に挙げながら、猩々が持つ笹(柄杓)や酒甕に象徴される「くめども尽きない酒」は、「天にある不老不死の薬」であること、つまり月読命がもつとされる不老不死の「をち水」につながると解説されています。

疱瘡神としての猩々が月と深い関係のある存在だとすると、鋼鐵塚さんの説明には太陽と月の要素が入ってくることになります。

“猩々緋砂鉄” “猩々緋鉱石”
陽の光を吸収する鉄だ

月と関連のある猩々(陰)が、太陽の光(陽)を吸収する、それはつまり陰陽両方の性質を持つことになりそうです。

日輪刀は持ち主によって色が変わるため、「色変わりの刀」という別名がありました。(第2巻 9話)

刀鍛冶によって作刀された時点では普通の刀の色をしていますが、剣士が初めて抜刀したときに色が変わります。日輪刀の色は剣士が持つ陰陽のバランスを反映しているのかもしれませんね。

色の関係を陰陽で考える場合、「ほへと のブログ」さんの解説がわかりやすいですよ。

参考 白色は陰? 白と黒の陰陽の補足 | ほへとのブログ

・自分で光っていない物の色は、色の三原色「イエロー(Y)、マゼンダ(M)、シアン(C)」で表現される

・黒く見える物は、白く光ったもののエネルギーをすべて持っていると考えられるので「陽」、白はその反対で、すべて反射して自分では持っていないので「陰」と考えることができる

【陽】 黒(YMC)赤(YM─)黄(Y─ ─)白(─ ─ ─) 【陰】

色変わりは剣士の持つ性質を反映しているようですが、中でも呼吸との関係は重要になるようで、合わないと刀にダメージが大きく現れます。

作中で刀と呼吸が合わない状態で使用しているケースがあるので、比較してみるとわかりやすいです。こんな感じ。

該当シーン 剣士が使う呼吸 使用時の刀(色) 呼吸と刀の関係 ダメージ
炭治郎 第9巻 77話 水の呼吸 自分の刀(黒) 合っていない 刃毀れ
無一郎 第13巻 110話 霞の呼吸 他人の刀(不明) 合っていない 刃毀れ
義勇 第22巻 189話 水の呼吸 他人の刀(青?) 合っている 表現なし

義勇さんが使った刀は漫画の絵を見るだけでは判断できないところもありますが、鍔に水が渦を巻くような模様が入っているので、水の呼吸の剣士のものと判断できますよね。

こうして見ると、日輪刀は月(陰)の力と太陽(陽)の力を秘めていて、刀の色が変わるのは持ち主の性質を反映してのこと。他人の刀であっても、呼吸が同じ系統であればその力を発揮することができるけれど、呼吸が合っていない場合は刀に大きなダメージが出ると考えてよさそうです。

そして最終選別を突破した参加者は刀を造る鋼を自分で選んでいました。(第2巻 8話)

刀の造り方でちょっと興味深いのが、たたらで還元する砂鉄や鉱石は「焼き上がったものがすべて鋼(玉鋼)になるわけではない」というところ。

「私の道具小屋」さんによると、たたらで還元されて焼き上がるのは「鉧」(けら)と呼ばれる粗製鉄の塊で、これを拳大に砕き、その断面を見ながら「玉鋼」、「銑」(ずく=銑鉄:せんてつ)、「鍰」(からみ=鉱滓:こうさい=スラグ)に区別されるそうです。

参考 鉄と鋼 | 私の道具小屋

第2巻 8話のように、同じような塊が並んでいても、質的には少しずつ違うものが並んでいると言えそうです。

パワーストーンでは、「石を選ぶときは自分の直感で選ぶのがいい」とよく言われますが、それはそのときの自分に合った石を選ぶためといいます。

鋼を選ぶシーンでも、「鬼を滅殺」する他に「己の身を守る刀の鋼」とも表現されているので、パワーストーンを選ぶときに似た要素があるのかもしれませんね。

日輪刀のもう一つの姿、赫刀

色が変わるといえば、日輪刀は最初の色変わりでどの色に変化していても、一定の条件が揃えば赤く変わることが描かれています。(第20巻 175話、第22巻 189話)

赫刀の状態で鬼に斬撃を与えると、そのダメージは大きく、斬られたところが再生する速度も遅くなります。(第13巻 113話、第20巻 175話、第21巻 187話、第22巻 190話)

「角川 漢和中辞典」によると、赫刀の「赫」は、「赤を二つ並べて、火のまっかにかがやく意味を表す」会意文字です。色が赤いことを表す他に、「かがやく」「ひかる」「きらきらする」といった字義があります。

「刀が赫くなる」という状態は作刀する際にも発生しますが、このときの温度は1200℃~1300℃。でもこれは「刀を造るときの温度」というだけあって、1200℃以上という温度は、鋼が溶けたり変形したりしやすくなる温度ということになります。

そんな状態で鬼が斬れるんでしょうか?

参考 鉄の曲げ加工について製品事例と共に徹底解説!曲がる温度についても紹介! | Mitsuri
参考 ちょっと豆知識 | 田中貞豊鍛刀場

ただ、陰陽五行で見た場合、少し様子が変わってきます。

「ほへとのブログ」さんによると、光を発するものの場合、光を発しないものと違って、陰陽と色の関係は光の三原色をベースに変化するそうです。

参考 白色は陰? 白と黒の陰陽の補足 | ほへとのブログ

・自分で光る物の色は、光の三原色「レッド(R)、グリーン(G)、ブルー(B)」で表現される

・全色が全力で発光すると白になるので「陽」、発光していない黒は「陰」と考えることができる

【陽】 白(RGB)黄(RG─)赤(R─ ─)黒(─ ─ ─) 【陰】

こうして見ると、発光していない状態の「黒」の隣は、もう「赤」なんですね。

日輪刀は月の要素と太陽の要素を持つ刀なので、陰陽どちらも内包した存在だとすると、黒から赤に変わるためには、ほんの少し「陽」の要素を増やすか、「陰」の要素を減らすことができればいいわけです。

ずっと考えてた
あの一撃のことを
妓夫太郎の頸を斬れた
あの一撃の威力の理由を

あの瞬間の感覚、呼吸、力の入れ方

燃えるように熱くなった体中
そして額が

わかった、もうできるぞ

(第13巻 113話)

赫刀を使いこなし始めた炭治郎のモノローグからは、刀の変化だけでなく、持ち主である人間も「陽」の要素を生み出そうと変化しているように見えますよね。

ちなみに鉄を温めたときに赤っぽく見える状態を科学的に言うと、「熱によって放射される電磁波が、可視光帯域に達したから」とも言えます。

鉄が赤く見え始めるのは大体600℃くらい。900℃くらいからオレンジ色が入ってきて、高音になるほど黄色、白色になっていきます。

星空のイメージ

電磁波といえば、夜空に見える星々(恒星)の色も電磁波によるものだし、太陽の光も電磁波によるものです。

赫刀の出現は「猩々の吸収した太陽の光が現れている」ともとれるわけで、赤を表す文字の中でも「かがやく」意味を持つ「赫」を使って「赫刀」と表現されているのは、とても興味深いですよね。

ちなみに民俗学では、村武精一という方が「南島文化では,赤が男性神で太陽を,黒は女性神で月の表象を持っている」と指摘しているそうで、こうした色の変化で見ても、炭治郎の刀が「月の象徴」から「太陽の象徴」へ変化しているところは興味深いです。

参考 色のフォークロア研究における諸前提 小林忠雄 | 国立歴史民俗博物館学術情報リポジトリ

というわけで、日輪刀が太陽の光と並ぶ威力を持つのは、「陰陽の理を利用して、太陽の力を引き出している刀だから」ということが言えそうです。

当ブログには、鬼滅の刃に出てくる鬼に関する考察記事もあります。よかったら覗いてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました