鬼滅の刃 を貫く、「6」という神秘の数字

「6」のイメージ

Six is an important number in Demon Slayer.
鬼滅の刃では6は重要な数字です。

Giyu’s haori has the meaning of “6”. The Demon Slayer mark that appeared on the Hashira also seemed to mean “6”.
義勇の羽織には「6」の意味があります。柱たちに現れた痣も「6」を意味しているようです。

(この記事は、1巻、5巻、7巻、10巻、12巻、14巻、15巻、17巻、19巻、20巻、22巻、23巻、ファンブック第一弾のネタバレを含みます)

ミミズクを神使とする射楯兵主神社には、20年に一度行われる「三ツ山大祭」があって、神様を迎える3つの造り山には、「鬼滅の刃」の物語に通じるイメージがありました。

でも、どうして射楯兵主神社が鬼滅の刃とつながるんでしょう?

ちょっと考えてみたんですが、それは神社のお祭り「一ツ山大祭」が、「60年に一度」のタイミングで斎行されているからかもしれませんよ。

鬼滅の刃で繰り返し描かれる数字

お祭りが実施される「60」という数字に注目すると、鬼滅の刃には数字のメッセージがあることに気が付きます。こんな感じ。

・炭治郎と禰豆子を支える6人の家族の亡霊(第1巻 7話、第5巻 40話、第7巻 57話、第10巻 82話、83話)
・義勇さんが引き継いだ刀の鍔(六角)と羽織の柄(六角)(ファンブック第一弾 49頁)
・「6」につながる柱たちの痣
・6つの目で実現した黒死牟の至高の領域(第20巻 173話)
・6本の腕で表された縁壱の剣技(第12巻 103話)

このように鬼滅の刃では、「6」という数字が繰り返し描かれています。

考えてみれば、第1話の題名がいくら「残酷」だからといって、炭治郎の兄弟は別に5人もいなくていいわけです。書き分けるのも大変ですよね。でも、炭治郎と禰豆子を支える家族は「6」でなければいけないのであれば、話は変わってきます。

このこだわりは、義勇さんの羽織にも見ることができます。

義勇さんが一番小さく描かれているのは、第15巻130話の橋の上のシーンだと思うのですが、こんな小さなスペースに描かれているにもかかわらず、羽織には連続する模様がきっちり描かれているのです。

義勇さんの模様は何を表す?

義勇さんの羽織の模様の部分は、錆兎の形見の着物です。そして錆兎の着物は、鬼に殺されたお父さんの形見でもあります。

ファンブックでは、「刀の鍔も羽織の柄と同じ亀甲形」(ファンブック第一弾 49頁)と説明されていました。

刀の鍔も錆兎と同じ亀甲形になるようです。(第15巻 131話)

というわけで、亀甲模様の基本的な形はこんな感じですね。

亀甲模様

亀甲模様
飛鳥・奈良時代に古代中国から伝来したと伝わる模様で、当時は高貴な身分の人のみが使える模様でした。鎌倉時代になると、厄除けとして、衣類や武具に好んで用いられるようになります。

この模様の由来は亀の甲羅で、厄を払い身を護る意味を持っています。

武士の間では、戦勝、必勝の神である毘沙門天に由来する「毘沙門亀甲」が好まれていたようです。

毘沙門亀甲

毘沙門亀甲(びしゃもんきっこう)
毘沙門天の甲冑の柄に由来する亀甲紋。亀甲柄を3つ組み合わせた「人」の字で構成されている複雑な模様ですが、少し引いて見ると、さらに大きな六角形の亀甲模様が隠れているのが特徴です。

義勇さんの場合はもう少し立体的ですよね。「亀甲網代」(きっこうあじろ)かな?

亀甲網代

亀甲網代(きっこうあじろ)

「亀甲文様」を網代で表したもので、模様の名前は縄文時代からある漁法に由来します。

素材としては、杉柾、さわら、ねずこ、竹皮、杉皮、桧皮といった「へぎ材」など。天井、壁面、建具といった建物の内装や、車、輿(こし)、団扇、笠などさまざまな場所で使われます。

ちなみに、ねずこ材は木曽五木の一つで、虫に強い素材です。こちらの記事でも触れているので、よかったら覗いてみてくださいね⇒「禰豆子が生き残れたのはなぜ? 月の形から、「鬼滅の刃」1話の状況を考えてみた」

こうして絵にすると、六角形の小さなパーツが3つ寄り集まっているように見えますが、通常は細長い材料を編み込む「編み組」で表現される模様です。

変わり毘沙門亀甲

義勇さんの羽織の模様は「亀甲網代」の一部、上の図でいうと左図の縦線を入れた部分ですね。ここに毘沙門亀甲の「人」の字に似た幾何学模様が上下逆になって入っているところが特徴といえそうです。

右の図は、義勇さんの羽織の特徴的な部分を取り出してみました。最初に見た毘沙門亀甲に比べると似ているところはないように見えますが、刺し子のデザインでよく見かける毘沙門亀甲と並べると重なるのがよくわかりますよ。刺し子は直線で構成されるデザインになるので、同じ毘沙門亀甲でもこんな感じになるようです。

こうして見ると、亀甲模様の中にさらに亀甲模様に関するデザインが書き込まれていることになるわけで、どこまでも亀甲尽くしのデザインと言えそうですね。

ただ、亀甲網代は「編み組」であること、義勇さんの刀の鍔も「六角の一辺の端が重なり合った、竹細工を思わせる模様」になっていることなどを考えると、もう少し何か意味がありそうです。

そういえば、第1巻 背表紙・カバー折り返しに描かれる花は鉄線の花でした。六ツ目編みの一種に「鉄線編み」というのがあるんですよね。

六ツ目編みと亀甲網(鉄線編み)

上の図は左が「六つ目編み」、右が「亀甲編み」(鉄線編み)です。

どちらも使う材料は6筋ですが、「六ツ目編み」は中央の六角の目が大きくて、三角を上下に重ねたような、「籠目」の模様が目立っているのが特徴です。水色で示した部分ですね。

これに比べると「亀甲編み」は隙間がずっと小さくなります。籠目は網目の中に埋もれがちになりますが、オレンジの部分のように花に似た模様が際立ってくるのが特徴です。鉄線(クレマチス)に見立てて「鉄線編み」とも呼ばれています。「亀甲編み」は緑色の部分に注目した名前ですね。

編み組にはこうした模様があることを押さえて、義勇さんの羽織の模様をもう一度よく見ると、六角形に囲まれた籠目(六芒星)が浮かび上がってきますよ。

こんな感じ。

義勇さんの亀甲模様に隠れているもの

そういえば義勇さんの誕生日は、2月8日でした。(ファンブック第一弾、46頁)

この日は「事八日」(ことようか)といって、鬼や妖怪がやってきて害をなすとして、目籠など魔除けとなるものを戸口や軒下に掲げる地域があるみたいですよ。もしかすると、何かヒントになっているのかもしれませんね。

事八日
地域によって1月8日、2月8日、3月8日、4月8日、7月8日、10月8日、11月8日、12月8日といろいろある。

目籠は目がたくさんあるため妖怪のたぐいは恐れて逃げていくとか、目の数を数えているうちに朝になるとか、魔除けの理由にもいろいろあるみたいです。

ちなみに六芒星は、安倍晴明(あべのせいめい)のライバルとして有名な蘆屋道満(あしやどうまん)が使う印の一つと言われています。

「峰相記」(みねあいき)(鎌倉・南北朝時代)によると、安倍晴明によって藤原道長(ふじわらのみちなが)に呪詛をかけようとしていたことを見破られた道満は、藤原顕光(ふじわらのあきみつ)から依頼されたことを自白した後、播磨の佐用郡(現 兵庫県佐用郡佐用町)に流されたと伝えています。

道満の死後、陰陽師の業を継いだ子孫は飾磨郡 英賀・三宅(現 姫路市播磨区三宅)に移り住んだとも伝えられていて、射楯兵主神社のある姫路は、実は陰陽道とも深いつながりがあるみたいです。

晴明塚、道満塚
佐用町には、道満が流されてきた後、当地で晴明と最後の対決があったという伝説もあって、甲大木谷には清明塚が、乙大木谷には道満塚があります。

ただし、道満が本当に道長を呪詛しようとしたのか、本当に罪人として佐用町に流れてきたのかは不明。「日本紀略」(平安末期)に記された事件の顛末には「陰陽師法師」の表記のみ。「政事要略」(寛弘6年ごろ)、「円能勧問日記」(平安中期)には、呪詛の実行者として「僧円能」の名前があります。

「佐用郡誌」(大正15年)には、晴明塚について、「先に道満の塚があったので、後に清明の塚がつくられた」と説明されているようです。歌舞伎や浄瑠璃の筋立てに、塚のほうを合わせてきたと見ることもできるわけですね。

当時、陰陽師として安倍晴明と並び評される人物が暮らしていて、その地で亡くなったということは言えるようです。

「6」という数字の持つ意味

ともあれ、陰陽五行でも「6」は興味深い数字になるようです。

「6」は「2」と「3」の最小公倍数ですが、それぞれを陰陽五行で見ると、「2」は「陰」の数字で、「3」は「陽」の数字となります。

つまり、「6」という数字は、陰陽両方の要素を持つ数字になるんですね。

最小公倍数
2つ以上の正の整数で共通する倍数(公倍数)のうち最小のもの

これを「籠目」の交差する三角になぞらえると、陰と陽が交差する形として見ることができます。

その働きは、安倍晴明の五芒星と蘆屋道満の六芒星を比較するとわかりやすいですよ。

五芒星→陰陽五行をもとにした循環する働き … 安定と防御
六芒星→相対する要素が調和する働き … 新しい可能性、外に向かって働きかける力

興味深いのは、現存する最古の酒呑童子の資料「大江山絵詞」(おおえやまえことば)(鎌倉時代~室町時代前半ごろ)に描かれる酒呑童子は、六つの目が描かれているみたいなんですよね。

大江山絵詞 イメージ

ちなみに古代中国では、「六」は六合(りくごう)といって、東西南北の四方と上下を指して「世界」や「全宇宙」を表しました。

この考え方は日本でも用いられていて、「古事記」序文では天武天皇の即位の際に出てきます。

握乾符而摠六合 得天統而包八荒

乾符(けんぷ)を握(にぎ)りて六合(りくごう)を摠(す)べ、天統(あまつすめら)を得て八荒(はちこう)を包(か)ねり

乾符を握って六合を支配し、天統を得て八方を統治する。

乾符(けんぷ) 天が皇帝に授ける特別な吉祥の占札
六合(りくごう) 東西南北の四方と天地。世界。
八荒(はちこう) 東、西、南、北、南東、北東、南西、北西の8つの方向。国の八方の果て。国の隅々。

参考 古事記をそのまま読む―序文1 | 古事記をそのまま読む

この点からも、「6」は世界全体を表すような、ちょっと特別な何かを表していると見ることができるようです。

無惨討伐で描かれる、「6」を生かした戦い方

陰陽の調和といえば、「鬼滅の刃」では興味深い場面が出てきます。義勇さんと炭治郎が二人で刀を赫くして、無惨にダメージを与える場面です。(第23巻 199話)

神道では古い文献に「神は火水(カミ)なり」という言葉が記録されているそうですよ。

参考 【境内案内2】 神は火水なり | 身曾岐神社

このとき義勇さんは水の呼吸、炭治郎は日の呼吸を使っていました。これは陰と陽の関係になりそうです。

さらに刀を持つ手を含めてそれぞれ見ていくと、こんな感じになります。

炭治郎 … 【陽】日の呼吸 【陰】右手 
義勇 … 【陰】水の呼吸 【陽】左手

きれいに陰陽がクロスしてますね。この辺は「6」の持つ意味 を意識していたりするんでしょうか(汗)

この他にも、柱たちに出現した痣は、それぞれ「6」につながる形をしているようです。

霞柱 時透無一郎(第14巻 118話)
左の額(1)、両頬(2, 3)、左腕(4, 5)、右腕(6)

恋柱 甘露寺蜜璃(第14巻 124話)
2つのハートの曲に出た部分(1, 2, 3, 4)、葉っぱのように両サイドに出た尖り(5, 6)

水柱 冨岡義勇(第17巻 150話)
巴に似た模様(1, 2, 3)と小さな丸(4, 5, 6)

風柱 不死川実弥(第20巻 170話)
風車の羽(1, 2, 3, 4)、両サイドにある小さな丸(5, 6)

蛇柱 伊黒小芭内(第22巻 189話)
曲線模様(1, 2, 3, 4)、間にある丸(5, 6)

ただ一人違うのは岩柱の悲鳴嶼さんで、不規則な小さな輪状の集まり(1, 2, 3, 4, 5, 6)から外側に枝分かれする模様が、両腕にそれぞれ出現していました。(第19巻 169話)

これは縁壱と巌勝の痣の違いが参考になりそうですよ。

80歳を超えても痣が出ているのは左の額だけだった縁壱に対して、痣の年齢制限を恐れていた厳勝は、左の額に加え、右の首から顎にかけて痣が出現しています。(第20巻 174話、178話)

「6」を基本にした痣が1種類なのか、それとも2種類なのか、その現れ方は痣の年齢制限に関わっていそうです。

ただ、これだけ「6」の数字を生かして戦っても、なかなか倒すことができなかった無惨様は、酒呑童子以上の存在ということになりそうですね。

そもそも、「6」という数字を正しく使うことが難しいようですが…。

「鬼滅の刃」に出てくる「6」の数字を改めて見てみると、黒死牟が六つの目を持ったのは縁壱をに近づこうとするあまりのことだったようですが、結局使いこなすことができず、迷いから抜け出すことはできませんでした。

6本の腕で表現される剣技を持った縁壱も、そして藤襲山に放たれた鬼をほとんど倒してしまうほどの力を持つ錆兎も、「6」の力を使いこなせていたはずなのに、最後はしくじってしまいます。

こうなると、もともと「6」を象徴する柄の着物を着ていた錆兎のお父さんは、一体どんな人物だったのかというところが気になりますが(汗)

錆兎や義勇さんが受け継ごうとしていたものは、かなり大変なものだったということが言えそうです。

当ブログには、鬼滅の刃のストーリーに関係しそうな神社に関する考察記事があります。よかったらこちらの記事も覗いてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました