冨岡義勇

日本文化を考える・鬼滅の刃考察

興聖寺につながる、炭治郎の目の色が赤みがかっているわけ

宇治は「鬼滅の刃」に重なる伝説がいくつも見つかります。興聖寺には炭治郎の目にかかわるヒントが隠れていそうです。
日本文化を考える・鬼滅の刃考察

不撓不屈、だるまさんと義勇さんの共通点

煉獄さんがミミズクの疱瘡絵とイメージが重なるように、義勇さんは達磨の疱瘡絵のイメージに重なるようです。冨岡義勇と達磨大師の共通点を調べてみました。
日本文化を考える・鬼滅の刃考察

冨岡義勇のことは官兵衛に聞け、射楯兵主神社からつながる糸

煉獄さんのミミズクのイメージと重なる射楯兵主神社は、黒田官兵衛とも深い関わりがあります。黒田家の足跡を辿っていくと、もう一人の柱のイメージにつながるみたいですよ。
日本文化を考える・鬼滅の刃考察

鬼滅の刃、「柱」が9名だった理由を考えてみたら結末までの対比が見えてきた

鬼滅の刃に出てくる「柱」と呼ばれる剣士は9名と決まっています。陰陽の世界の「9」の字について調べてみると、興味深い特徴が見えてきました。
日本文化を考える・鬼滅の刃考察

鬼滅の刃、藤襲山の最終選別にはどんな意味がある?

生き残る者が少ない藤襲山の最終選別について、鬼殺の剣士に求められているものをファンブックとカバー折り返しに描かれた鉄線の花から考察してみました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました