iPhone

スマホは語学学習でも意外と使える!? Photo by Yutaka Tsutano, iPhone Original/3G/4/5

2013年6月現在、受講者向けアプリ(iPhone版、Android版ともにあり)が登場。わざわざパソコンを使ってリッピングしなくても手軽に聞き流しができるようになりました。

よかったら、こちらも覗いてみてくださいね⇒「モバイルに入れて聞き流しする」一覧

先日、携帯音楽プレーヤーを使った聞き流しについて紹介しましたが、もしもすでにスマホを持っているなら、スマホを活用するのがおすすめです。

いつも持ち歩いているものだから携帯性は抜群ですよね。新たに荷物を増やすことはありません。実は英語の聞き流しも、これ1台でできてしまうのです。

ただ、聞き流しにぴったりなアプリはまだ登場していないみたいです。英単語を意味とともに聞き流すようなものはありましたが、スピードラーニングのようにまとまった会話を聞き流しできるものは今のところ見当たりませんでした。

では、どうすればいいのかというと、スピードラーニングのファイルも音楽ファイルと同じと考えれば簡単に解決しちゃうのです。

いちばん手軽なのはiPhoneなどのアップル製品

スピードラーニング受講者でも、iPhoneを活用している人が多いみたいですね。やはりiTunesと連携できる点が大きいようです。

パソコンが必要になりますが、CDから簡単にファイルをiPhoneにコピーすることができるんですよ。

(参考)スピードラーニングのCDから携帯へ iTuneでMP3ファイルを作る方法

iPhoneには標準で「ミュージック」というアプリが入っているので、これを利用します。

もちろん、Androidスマホでも取り込むことができます

Web上の口コミではAndroidを活用している人は少ないみたいですが、もちろんこちらも活用することができます。

iTuneがなくても、Windowsに標準で入っている「Windows Media Player」を使えばOK。

(参考)スピードラーニングのCDから携帯へ WMPでMP3ファイルを作る方法

アンドロイドにも標準で「ミュージック」というアプリが入っているので、これを利用します。

端末へのコピーは、USBケーブルかmicroSDカードを使えばOK

パソコンでリッピングしたファイルは、PC接続用USBケーブルで接続してコピーします。

また、microSDカードを使ってファイルをコピーすることもできます。

パソコンにSDカードを入れる所がある場合、microSDカードを変換アダプターに入れればOK。パソコンに入れる所がない場合、microSD対応のUSBカードリーダーを使ってmicroSDカードを読み込みます。

※ファイルをコピーする際、携帯・microSDカードを同期(マウント)した場合はマウントを解除しないとmicroSDカードを使うアプリが使えなくなってしまうので、要注意。通知パネルから「USBストレージをOFFにする」を選んで解除する必要があります

スマホを使うメリットは、サポートとすぐに連絡できること

スピードラーニングは電話サポートが充実しているので、サポートの受付時間内であれば、スマホで聞き流ししているその場で質問をすることができます。

聞き流しの進め方や取り組み方で、ちょっとでも疑問に思ったことがあれば、モヤ~っとしてないでサポートに電話して解決したほうがスムーズに進めることができますよ。

電話番号、受付時間は商品の中にある「ご利用明細」に書かれていますが、エスプリラインの受講者向けポータルサイト内にも「お問い合わせ」のページがあるので電話番号を確認することができます。

スマホに電話帳登録しておくと便利です。

また、月に2回、無料で利用することができる、電話プログラムの電話番号も登録しておくのがおすすめです。

これは、スピードラーニングの受講者限定で外国人と英語で会話ができる無料のサービスです。「フリートーク」も「リッスン&リピート」も5分程度の内容なので、仕事の合間のちょっとした空き時間でもチャレンジすることができますよ。

こうしたサービスは「電話しなきゃ」と思っていると億劫になってしまうものですが、聞き流しにスマホを使っていれば、そのまま電話することができますもんね。

4月は新生活でスマホを新しい機種に買い替える人も多い時期ですが、語学学習の強い味方になってくれるツールとして見れば選択肢もまた変わってきそうですよね。

スマホ活用の方法の一つとして、是非参考にしてみてくださいね。

英語の聞き流しは、再生機器を工夫すればわざわざ聞く時間を作らなくても、すき間時間でこなすことができますよ。こちらの記事も参考にしてみてくださいね。