スピードラーニング第3巻

スピードラーニングの支払方法(郵送で申込書を送付した場合)

この春、スピードラーニングを始めた方でしょうか? 「支払い」に関して当ブログに検索でたどり着く方が増えてきました。

すいません。「支払いのことなんて、見る人いないかなー」なんて思って放置してたんですが、これから書きます(汗)

引き落とし日の情報は、郵便で

我が家の場合、初回セットとスピードラーニング・ビジネスの引き落としがされる前に第3巻が届いたので、引き落としは初回セットの1、2巻と3巻分が同時になるパターンとなりました。

※スピードラーニングの支払方法は、大きく分けて「各種クレジットカード」または「口座自動引き落とし」の2種類があり、口座の引き落としが始まるまでは、銀行の手続き上、最大で2カ月かかることがあります。

実際の引き落としがまだでもエスプリラインの扱いは「継続」としてくれるので、継続する人は初回セットの1巻、2巻を聞き始めてもいいことになっています。

なので…。

・スピードラーニング英語初回セット
・スピードラーニング第3巻
・スピードラーニング・ビジネス

が同時期に引き落とされることになります。

管理人は早い時点で、お客様サービスセンターへ根掘り葉掘り質問していたので早めに準備することができたのですが、エスプリライン・ポータルサイトのMyページでも確認できそうですよ。

スピードラーニング英語初回セット&スピードラーニング・ビジネスの引き落としがある前に、第3巻が発送状態に入ったことが確認できますもんね。

さらに、こんなお知らせのハガキが郵送されてくるんですよ。

引き落としお知らせのハガキ

ハガキの中には「『口座引落し』をご利用のお客様へ」と書かれていて、「振替日(口座からのお引落し日)」として2月27日が記されています。

でも、このハガキ、届いたのいつだっけ(汗)

「けっこう早く届いたなー」とだけ覚えているので、たぶん15日前後には届いていたような気がします。1週間よりは早かったんですよね。うろ覚えですいません(汗)

ともあれ、エスプリライン・ポータルサイトのMyページの他にも、こうした郵便物でお知らせが届くので、うっかりがなくて安心です。

引き落としができなかった場合

ちなみに、残高不足などで引き落としができなかった場合は、改めて指定された口座へこちらから振り込むことになるので、振込手数料がかかったりして、ちょっと面倒臭いことになりそう。

なので、前日までに届けた口座に入金を済ませておくのがおすすめですよ。我が家の引き落としは予定どおり2月27日に完了しました。

いや~、なんか長い道のりだったなぁ(というか、無駄なことをし過ぎて疲れているだけの気がする…)

まとめ

金融機関の手続きが済んで、最初の引き落としとなる第3巻はハガキでお知らせが届きましたが、その後の巻は特に振込に関するお知らせはないみたいです。

メールで「発送しました」のお知らせがあるので、振込はこのメールを目安にするといいみたい。

もちろん、スピードラーニングのポータルサイトにあるMYページの管理画面(MYページ > 注文履歴一覧 > 出荷状況詳細 )からも、出荷状況を確認することができますよ。

※ストップする場合
スピードラーニングは、基本的に毎月1回、1巻のお届けですが、途中での受講停止や再開の申し出はいつでもOKとなっています。

その期限は、毎月届く教材が到着して10日以内に、「お客様サービスセンター」へ連絡する必要があります。

つまり、3巻以降をストップする場合は初回セットが届いてすぐの10日間ということになります。3巻以降とりあえず止めておきたいという人は、試聴期間中にエスプリラインに連絡する必要があります。

同時に申し込んでみたスピードラーニング・ビジネスはこんな感じでした。詳細はこちらの記事をご覧ください。

このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます