1月「新しい時代の始まり」を表す形容詞で表現してみる

JA marceの野菜

1月20日~1月26日の1週間。1日1文くらいのペースで書いた英文をまとめてみました。

1月のテーマは”The start of the new era”(新しい時代の始まり)。今週の品詞は”ADJECTIVES”(形容詞)です。

fortunate:幸運な

I was very fortunate that three beer cans weighted about 1100g.
ビール缶3本が約1100gだったことは非常に幸運でした。

この冬は白菜漬けにチャレンジする1週間でした。4分の3玉を使っているので、重しは2kg必要なのに、家にある漬物石は1kgしかない。どうしよう。

というピンチを救ってくれたのがビール缶。3本まとめると、程よい重さでした。

なんとかそれっぽく漬かるようになったけど、「やわらかく」ないんですよね。どうしたらやわらかく漬かるのかなぁ。白菜の鮮度かしら。

auspicious:縁起のよい

Today was auspicious ‘Hatsutaishi’. There was the first fair of the year.
今日は縁起の良い初大師です。今年の最初の縁日があります。

この日はちょうどよく初大師のある日だったようで、早速、英語手帳にも載っている”auspicious”で文章を考えてみました。

surprised:驚いた

I was surprised at these vegetables total 600yen.
この野菜が合計600円ということに驚きました。

この日はJAの支店で開催されている朝市で野菜を買ってきたんですが、お野菜の値段にびっくり。丸大根、白ネギ、大根、菜の花、カリフラワー、里芋と購入して600円ほどでした。

お安いですね!(汗)今季は記録的な暖冬で野菜がよくできてるって話もあるけど、これが直販価格というものでしょうか…。

be surprise at 驚く、意外にも

official:公の

It is midnight soon, I will check the new information on the official website.
もうすぐ真夜中です。公式サイトで新しい情報を確認します。

いろいろなofficialがありますが、枚朝、時間のあるときは0時にチェックするのはQVCの公式サイトです(笑)

adept:熟達した

I am adept at growing plants.
私は植物の栽培に熟達しています。

「熟達している」なんて、他のものに対して言う言葉で、”I”はないかな~と思いつつツイッターを検索してみると、意外と”I am adept”とつぶやいている人がいて安心しました(笑)

でも、かっこよく使うのは難しそうだなぁ。

be adept in[or at] ~に熟達している

broad-minded:心の広い

A broad-minded person has emotional leeway.
心の広い人は、心に余裕がある。

「心の広い~」ということで、普通は”He is broad-minded”とか、”She has a broad maind”といった感じになるらしい。

admirable:見事な

He did an admirable work.
彼は立派な仕事をしました。

これもちょっと難しかった言葉でした。”admirable”って、尊敬されたり、称賛されたりするような「行い」とか「文章」とか「仕事」とかに使うみたいなんですけど、うちの辞書には例文が一つもない単語なんですよね。意外と重要じゃないのかな?←おい

ともあれ。

Have a nice week ahead!
この先も素敵な1週間でありますように!

コメント

タイトルとURLをコピーしました