日本の文化・外国の文化

日本の文化・外国の文化

意外と正統派!? 鬼滅の刃に隠れている昔話を調べてみた

「鬼滅の刃」は意外と昔話もしっかり盛り込まれた物語だったみたいです。改めて桃太郎伝説を振り返ってみました。
日本の文化・外国の文化

ウサギと禰豆子と赤い実の考察

「鬼滅の刃」では禰豆子は大切な鍵を握る登場人物だけあって、名前やストーリーには先祖を示す漢字やシンボルが使われているみたいです。
日本の文化・外国の文化

ヒノカミがつなぐ、鬼滅の刃と愛宕神社

題名が「鬼滅の刃」に決まる前、いくつかあるタイトルの中に「カグツチ」という言葉が入ったものがありました。辿っていくと、ちょっと興味深い人物がいましたよ。
日本の文化・外国の文化

如何なる理由があろうとも、煉獄さんが鬼にならないわけ

鬼滅の刃に登場する炎柱・煉獄杏寿郎について、関連を感じさせる九州武士やキリスト教と一緒に考察してみました。
日本の文化・外国の文化

鬼滅の刃、「柱」が9名だった理由を考えてみたら結末までの対比が見えてきた

鬼滅の刃に出てくる「柱」と呼ばれる剣士は9名と決まっています。陰陽の世界の「9」の字について調べてみると、興味深い特徴が見えてきました。
日本の文化・外国の文化

「藤の花」と「彼岸花」、鬼滅の刃の調和した関係

鬼滅の刃で重要な鍵となる彼岸花と藤の花ですが、調べてみるときれいに調和した関係が見えてきました。
日本の文化・外国の文化

月の神の誕生日と関係あり?「鬼滅の刃」青い彼岸花の考察

ファンブック第2弾で青い彼岸花に関する新情報が公開されましたが、明らかになったことと、さらに謎が深まったことが出てきました。
日本の文化・外国の文化

鬼滅の刃、藤襲山の最終選別にはどんな意味がある?

生き残る者は少ない藤重山の最終選別について、山の神と、昔の武士も参考にしていたという禅の教えに注目して考えてみました。
日本の文化・外国の文化

考察・炭治郎と禰豆子が太陽を克服したのは、赫灼の子だったから?

赤みがかった髪と、赤みがかった瞳を持つ炭治郎のことを、刀鍛冶の鋼鐵塚さんは「赫灼の子」と呼びます。修験道の神様にヒントが隠れていそうです。
日本の文化・外国の文化

鬼滅の刃、痣者の考察 物語の鍵は月が握ってる?

鬼滅の刃で大きな謎とされている痣ですが、原作では月にも痣のような模様が描かれる時があるのをご存知ですか? 痣者と月は深い関わりがありそうです。
日本の文化・外国の文化

鬼滅の刃の日輪刀が、「日輪」と表現される理由を考えてみた

日輪刀の名前には、どうして「日輪」が使われているのでしょう? 漢字の意味や言葉の意味、そしてファンブックに書かれていたヒントを参考に考えてみました。
日本の文化・外国の文化

鱗滝さんの厄除のお面は、なぜキツネなの?

鬼滅の刃の「炭治郎日記・後編」に出てくる狐面にはどんな意味があるのか、狐が眷属を務めているお稲荷さんの周辺を探ってみました。
日本の文化・外国の文化

炭治郎の大岩斬り、なぜ注連縄が張ってあるの?

鬼滅の刃の「炭治郎日記・前編」に出てくる大岩を斬る場面にどんな意味があるのか、大岩に掛かっている注連縄を手掛かりに考えてみました。
日本の文化・外国の文化

禰豆子の口枷に使う竹は、歌舞伎にヒントあり?

禰豆子がつけている竹の口枷は、どうして竹でできているんでしょう? 歌舞伎からヒントを探してみました。
日本の文化・外国の文化

鬼滅の刃、日輪刀は病魔退散の「赤」を利用した祈りの刃

鬼滅の刃といえば日輪刀ですが、陰陽五行から見ても意外としっかりとした設定があるみたいです。調べてみました。
日本の文化・外国の文化

伊之助は羽織を着ないの? その服装はどんな意味?

炭治郎と同期の伊之助の出で立ちについて調べてみました。荒れ山育ちの伊之助ならでは、山の文化を色濃く表す設定になっているようです。
日本の文化・外国の文化

善逸の羽織の三角模様には、どんな意味がある?

炭治郎と同期の善逸が着ている羽織の格子柄について調べてみました。善逸の場合も、模様や色合いが善逸にぴったりのものが選ばれているようです。
日本の文化・外国の文化

炭治郎の羽織の市松模様には、どんな意味がある?

鬼滅の刃の主人公、炭治郎が着ている羽織の格子柄について調べてみました。模様はもちろん、色合いも炭治郎にぴったりのものが選ばれているみたいです。
日本の文化・外国の文化

どうして? 鬼滅の刃が大正時代を舞台にしているわけ

鬼滅の刃が舞台となっている大正時代、その少し前に、日本の組織には大きな変化がありました。
日本の文化・外国の文化

8月3日はNational Watermelon Day

最近お気に入りで時々覗くQVC USのツイートで、変わった記念日があることを知りました。いつ、誰が決めたのか誰も知らない記念日らしいです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました