形容詞で表現する料理の言葉 ~固い、ギザギザの、身の締まった~

ナズナかな? 不明の七草

2月10日~2月16日の1週間。1日1文くらいのペースで書いた英文をまとめてみました。

2月のテーマは”The joy of cooking”(料理の楽しみ)。今週の品詞は”ADJECTIVE”(形容詞)です。

tough:固い

It was cold today and it was tough.
今日は寒くて大変でした。

辞書によると、「(仕事などが)困難な」とか、口語で「(運命などが)非情のとか、つらい、信じがたい」といった意味になるらしいので、この日の寒さをtoughで表現してみました。

でも、英語手帳では「固い」の意味が紹介されてたんですね。「(肉が)かたい」といったときにtoughが使われるようです。うーむ、難しい…。

tough meat かたい肉

serrated:ギザギザの

I thought that this plant was a nazuna, but it has no serrated leaves. Might not be a nazuna.
この植物はナズナだと思いましたが、鋸歯状の葉がありません。ナズナではないかもしれません。

キザギザといえば、今、ベランダガーデニングで育ちつつある七草の一つ。七草粥を作ろうとコープさんで購入したものですが、正体がわからなくなってしまったやつがぴったりです。

ナズナはギザギザとした葉っぱが特徴になります。

a sertated leaves ギザギザの葉
might be ~ ~かもしれない

firm:身の締まった

Osaka Castle is a firm favourite with foreign tourists.
大阪城は海外の観光客にとても人気があります。

「変動しない」とか、「安定した」といった意味で”a firm favourite”という言い方をみつけたので文を考えてみました。

英語手帳では、堅いとか、しっかりした意味の「身の締まった」が紹介されています。

firm fruit 身の締まった果実
a firm favouurite (変動しない、安定した)人気がある

quick:速い

A quick temper makes things worse.
短気が事態を悪化させる。

手元の辞書によると、a quick temperで短気という意味になるらしいので、早速、使ってみました。

a quick temper 短気

bite-sized:一口大の

Nikujaga is delicious to use bite-sized potatoes.
肉じゃがは一口サイズのジャガイモを使うのがおいしいです。

「一口大」って、日本のレシピでもよく出てくるサイズ感だけど、今回、改めて調べてみました。3cm角を目安に切るのが一口大(bite-size)になるらしいですよ。意外と大きいんですね。

bite-size 一口大の
The bite-size is 3cm 一口大は3cmです

dried:乾燥した

I looked for dried vegetables, but there were only vegetable chips on the site.
干し野菜を探したのですが、そのサイトには野菜チップスしかありませんでした。

辞書に”dried beef”(干し肉)とあったので、干し野菜は”dried vegetable”かな?と検索してみたんだけど、思ったものが見つからず。

“dried veggies”だと野菜チップスみたいな商品になっちゃうんですね。

“dehydrated vegetable”とか”vegetable flakes”だと、日本の干し野菜のイメージに近くなるようです。

look for~ ~を探す
dehydrated vegetable 脱水化した野菜
vegetable flakes 野菜のフレークス

fresh:新鮮な

I get fresh information in a magazine once a month.
月に一度、雑誌で最新情報を入手します。

newとfreshが似すぎてるので混乱したけど(汗)
辞書によるとこんな違いがあるらしい…。

new:時間がたっていないで新しい
fresh:古ぼけていない、新鮮な

the latest news 最新のニュース、最近のニュース(最も遅れてやってきた)

Have a nice week ahead!
この先も素敵な1週間でありますように!

コメント

タイトルとURLをコピーしました