スピードラーニングって効果あるの?実際に体験して感じたこと教えます

花のイメージ

納得できる聞き流しの情報ってなかなかめぐり合えません…

この記事は、管理人が「スピードラーニングをやってみよう」と決めて検討する際に、スピードラーニングの口コミや評価でよく見かける疑問を簡単にまとめてみた記事です。

その後も実際に聞き流しをやってみたことで、思いついたことをさらに追加修正しています。

スピードラーニングのことで何か迷ったら、この記事を参考にしてみてくださいね。

ちょっと長くなったので、気になる質問から読みたい人は、以下のリンクをクリックしてください。ページ内を移動することができます。

上級者向けなので、スピードラーニングは初心者には向いてないってほんと?

解説するイメージ

念のため、スピードラーニングの公式サイトを細かく見てみましたが、どこにも「上級者向け」とは書かれていませんでした。

というより、課題などは設定されておらず、レベルアップしていく設定もないようです。

では、どうして「上級者向け」と評価されるんでしょう?

調べてみると、「解説や説明が1つもない」ので、初心者は理解することができないというのがその理由。理解できないものや気になることは自分で調べる必要があるので、それは上級者でなければできないというわけですね。

※2019年のリニューアルで、ラジオ講座のような「解説ガイド」がつくようになりました。英語が苦手な人も取り組みやすくなっているようです⇒スピードラーニング英語 詳細&無料試聴情報

でも、実際にやってみると、これは間違った意見ということがわかります。

スピードラーニングは、「英語 – 日本語」の順番で収録されているので、聞き流すだけで理解できるようになっているからです。

例えば第2巻では空港が舞台ですが、警戒が厳重になった911テロ以降が描かれているみたいで、伊藤さんが指紋を記録する装置に人さし指を置く場面が描かれています。

入国審査のことを知らない管理人は、「Right」「Left」と言われるたびに、伊藤さんが右を向いたり左を向いたりしているのかと思ってましたが(汗)

左右の人差し指を機械の上に置く場面が登場します。

でも、会話の途中に状況を説明するナレーションも入るので、細かいことはわからなくても「空港で入国審査をしている」ことは理解できますよ。内容がまったくわからないなんてことはないので、聞き流しは問題なく続けることができます。

旅行のイメージ

上記の場合、係官が「左、右」と言っているのは何だろう? と、興味を持ったときに調べればいいわけです。ちなみに、この「興味を持つ」こともスピードラーニングでは大切にしているみたいですよ。

もちろん、アメリカの文化や習慣の話になると、ちょっと調べただけではわからないケースが出てくるかもしれませんが、スピードラーニングには最終兵器があります。

「サポートの窓口」です(笑)

教材や聞き流し方でわからないことがあれば、電話で質問することができるのです。このサービスは、無料で受けることができます。

無料の電話会話プログラムは利用できる回数が制限されていますが、サポートは受講休止中でも利用することができるところがうれしいポイント。

こうしたことから、「すでに知識がある上級者に適している」という意見は、実際とは違うということがわかります。

かえってアメリカのことをよく知らない初心者こそ、興味深く聞くことができる英会話教材だと思います。

「収録されているのは普通の英会話だった」、「英語が話せるようになるための特別・特殊な音ではなかった」という意見

会話するイメージ

もしかするとガッカリする人がいるかもしれませんが、英会話を早く学ぶための「特別な音」といったものはありません。

日本人にとって、ネイティブスピーカーが話す言葉を聞き取ることができないのは、日本語と発話(はつわ)が違うからです。

※「発話」というのは、話す行為そのものや、話すことを構成する音声すべてをひっくるめて表現した言葉です

例えば、日本語は母音と子音がセットになって、音の最後は必ず”あいうえお”の音が入りますが、英語は子音だけという場合があります。

電車(train)

【カタカナ英語】 TO・RE・I・N
【英語】 tréin

しかもセンテンスになると、前後の音がつながって変化する部分が現れたり、音が消えてしまう部分もあります。リエゾンと呼ばれる現象です。

これは日本語にもある現象で、「おとうさん」と言うのを「おとっつぁん」と言う感じでしょうか(笑)

英語をナチュラルに話していると現れるのですが、単語単位で細かく聞き取ろうと機械的にスピードを変えてしまうと、かえってこのリエゾンがわからなくなってしまうことがあります。

音を変えて英語を勉強しようとしている人は、この点にちょっと注意が必要です。

というわけで、「英語の聞き流し教材」というのは、聞いただけで耳や脳が変化するような魔法のようなものではなく、普通の会話が収録されているのが普通です。

本のイメージ

「では、普通の英会話CDなら、スピードラーニングに限らず何を聞き流してもいいのでは?」と思う人がいるかもしれませんが、もちろん、この点は自分に合ったものを選ぶべきです。

ただ、英語の聞き流しは、「内容を把握しているもの」を聞き流すことが基本。

スピードラーニングは「英語 – 日本語」CDを聞き流すことで内容を把握して、続けて「英語オンリー」CDを聞いて英語を英語で理解する環境をつくることができるので、忙しい人でも手軽に聞き流しに取り組むことができるところが魅力になっています。

ニュース番組のように英語のみの教材の場合、自分の力に合ったレベル(聞いてわかる内容)の素材を厳選する必要があるので要注意です。

「大人は『聞くだけ』で言葉を覚えることはできない」という意見

それから、「大人なんだから、子どもと同じ方法で英語を習得するわけにいかない」という意見があります。

確かに日本人の大人の場合、頭の中には日本語で理解する回路ができているので、耳慣れない音や語順が耳に入ってきても素直に受け入れることができない場合が多いですよね。

でも、聞かないと耳慣れることはできません

海外で語学を学んでいるような場合、例えばバンコクで日本語を主専攻にしている大学生の例では、リスニング能力の高い人は、授業以外のいろいろな種類のリソース(情報資源)を使って日本語に触れていたという例があります。

また、「『超』英語」によると、外国語を支障なく使えるようになるためには4000時間程度の勉強時間が必要であると紹介されていました。

学校での勉強は2000時間~3000時間ほどなので、ざっくり考えても、あと1000時間~2000時間は足りないみたいです。

砂時計のイメージ

この不足した時間を埋めるには、それこそバンコクで日本語学習をしている学生のように、いろいろなリソースを使って英語の習得にあてるのが効率的というわけです。

そして、テキストを使った読み書き主体の勉強に比べると、聞き流しは扱う情報量が多くなるのも特徴の一つ。効率的な英語習得の手段としても魅力のある方法というところも要注目です。

それから、「子どもが言葉を覚えるのに、5~10年くらいかかるのだから、大人がやる場合も1日何時間もかけて何年もかかるのではないか」という意見もあります。

子どもはゼロから経験を積み上げていかなくてはいけませんが、大人はすでに経験を持っています。それがたとえ母国語であっても、言葉を理解する経験になるし、言葉の引き出しもたくさん持っているので応用もききます。

そう考えると、同じ聞き流しをしていても、大人のほうがずっと有利だと思いませんか?

これは複数の言葉を知っているほど効率よく働くようで、複数の言語を学ぶ時、ある言葉がある言葉を理解する際の「橋渡し」の言葉になってくれるという考えもあります。

聞き流すだけで理解できる人は特殊な人?

最初の「上級者向け」という意見に似ていますが、「聞き流す人の能力によって、聞き流しには効果に差がある」という意見があります。

確かに、聞き流しをするには、自分が理解できる(聞いてわかる)内容を聞き流す必要があるので、自分に合ったレベルを選ばなくてはいけません。

自分に合ったものを選ぶのが意外と難しいので、聞き流し英語は上級者の訓練法と言われたこともあるようです。

スピードラーニングの場合、自分に合った素材選びを「自分でしなくてもいい」ので、これだけでもかなりのメリットを感じることができます。

聞き流しのCDは「英語 – 日本語」の順番で流れるので、内容を把握するのが簡単で、取り組む人の英語力を問いません。

これまでのように、英語が得意な人だけのトレーニング法ではなく、英語の基礎力がない人でも気軽に取り組むことができるというのはうれしい特長ですよね。

また、聞き流しは英語を暗記するためのものではなく、英語の音に慣れるためのものなので、「暗記が苦手で挫折した」という人も、ちょっと新鮮な感覚で取り組むことができると思いますよ。

ある日、外国人が隣に引っ越してくるなんて設定が日常的じゃない、英会話に歴史や文化の知識は必要ない

グローバルのイメージ

スピードラーニングの第1巻は、伊藤さんのお隣にアメリカ人のミラー一家が引っ越してきたところから始まります。

これが、「普通の日本人の日常にはないだろう」という意見ですが… オリンピックを間近に控えていることや、ここ数年の訪日外国人旅行客が急増していく様子をみていると、そうも言えない状況になっています。

2016年5月17日に放送されていた「ラジオ深夜便」では、各地の温泉地のお土産として人気があった群馬県渋川の創作こけしも、一時人気が衰えていたのが、最近は国外の人気が急上昇して制作が間に合わない… なんて話が伝えられていました。

日本のことに関心を向ける海外の人が増えているようです。

ある日、エミリーとロスをつれたミラー夫人が、あなたの家の玄関のチャイムを押すことがあるかもしれませんね(笑)

それはともあれ。

「歴史や文化は日常会話には関係ない」という意見。日本の文化で日本人に囲まれて生活していると、そんなふうに感じてしまいますが、でも海外の人と話をするとき、意外と日本の文化を紹介しなければいけない場面は多いみたいです。これは、海外出張をしている人やその家族の方のブログを見ているとよく出てくる話題です。

海外で「日本人と話をしよう」という人は、もともと異文化に興味を持っている人なのかもしれませんね。

ちなみに、日本人の場合、「日本のどこが好きですか?」とか「日本の何に驚きましたか?」といった直接的な聞き方をするのに比べて、外国の人は「あなたの国では電車がものすごく混んでるって話だけどほんとうですか?」と、相手のことを聞くケースが多いようです。

確かに、「相手のことをこれだけ理解していますよ」という気持ちは後者のほうが伝わりやすいし、会話も広がりやすいですよね。

海外の人と話をする際は、やはり日常会話であっても、相手の歴史や文化をある程度理解して話をするほうがコミュニケーションもスムーズになるようです。

それから、スピードラーニングは、開発者が実際にアメリカで生活した際の経験が基になっているので、話しのネタとして会話のきっかけにすることができます。「こんなことあるの?」という話でも、意外と現実で出くわすことが多いみたいです。

「ただ聞き流すだけでは、発音はできない」という意見

会話のイメージ

「ただ聞き流すだけでは、正しい発音の学習ができない」という意見もあります。

正しい発音というと、学生のころにやった、口の開け方や舌の動かし方をイラストなどで学ぶ、あれですね。

テキストとCDだけだと、具体的な発音は学ぶことができないのではないか? と疑問に思う人が多いと思います。管理人も不思議でした(笑)

スピードラーニングでは、具体的に口の開け方や舌の動かし方などをレクチャーするものは本教材にはありません。ある程度、英語の音に慣れてから、聞き流しのCDを使って、聞いた音を真似する練習をしていきます。

これは、英語の「音」を重視している教材だからではないかなと管理人も思っています。

※こちらも、2019年のリニューアルで「口慣らし」教材が加わりました⇒スピードラーニング英語 詳細&無料試聴情報

というのも、初心者が細部にこだわってしまうと、英語のスピードについていけなくなることが多いみたいですよ。

スピードラーニングの説明でよく耳にする、「文法もひとまず忘れてください」というのも、初心者が英語の音についていけなくなることを避けるためです。

これはスピードラーニングに限ったことではなく、初心者向けの英語学習では、ビデオの映像を見ないようにして、音だけに集中するやり方があるようです。

処理する情報が多くなると、それだけ英語の音がおろそかになってしまいます。初心者が英語の音を身につけるには、他の情報はバッサリ切り落として「音」に集中するのがかえって近道みたいです。

それに、英語の音に耳が慣れていないと、「聞いた音を真似して口に出す」ということも難しくなります。

自分が発音した音と、耳で聞いた音が同じかどうかが確認できないと、真似するなんてできません。

聞き流しから英語を口にする流れの中でも、英語の「音」に対する感覚が大切になってきます。

また、「正しい発音」を学ぶ際、音が細切れになっていることが多いみたいです。

言葉はぶつ切りの状態で存在するわけではなく、音が連なって構成されています。もちろん英語もそうです。

正しい発音にこだわるあまり、音の細部に集中しすぎると、会話を前にした時に戸惑ってしまうことになります。

このように、初心者が英語に取り組む場合は、まずは大まかな音の流れに慣れて、それから細部の音に集中していくほうがスムーズな場合が多いようです。

ちなみに、「英語を口にするのがちょっと苦手」という人向けに、スピードラーニングでは、英語を口に出して練習するための「スピークパートナー」という補助教材もありますよ。

管理人も、「これはちょっと欲しいな」と思っています。

ぶっちゃけ、スピードラーニングって高くない?

だって、全巻48巻もありますもんね!(笑)

それに教材としても、聞き流しだけでなく、話す練習や発音の練習、そして随所に解説などが盛り込まれている方が「教材としてはお得かな」と思ってしまいます。

でも、先に書いたように、初心者の場合、処理する情報を搾ったほうがいいケースが多いみたいです。学習メニューも絞ったほうがいい場合もあります。

こうした書店で見かける英会話教材に比べると、馬鹿みたいに巻数が多くてお値段もそれなりに見えるスピードラーニングですが、実は全巻マスターする必要はありません。

巻数を重ねたからといって内容がレベルアップするわけではなく、クリアするべき課題があるわけでもないからです。

でもこれが、他の英会話教材と比較すると、巻数が用意されているだけに「金額の割に内容が薄い」と感じる原因になっているみたいです。

勉強のイメージ

お安く見える英語教材も、続けることでけっこうな値段になってしまうこともあるので、この辺はシビアに見比べるのがおすすめですよ。

スピードラーニングはレベルアップしないからこそ、「自分が必要だ」と思うところでストップしてOK。興味のある巻で、スピードラーニングのメソッドに取り組んでいくことになります。

(先程もチラッと書きましたが、スピードラーニングのメソッドって、実は聞き流しているだけじゃないんですよ)

そのメソッドの一環が、電話を使った無料の会話プログラムであり、各地で開催される有料イベントです。聞きためた英語を使うためのアウトプットの場が用意されています。

電話の無料会話プログラムを利用するには制限がありますが、電話を使った無料の学習サポートは今のところ制限がありません。有料イベントの参加には定員がありますが、やはり対象を受講者とする以外、特に制限がありません。

この学習サポートやイベントは、なんと休止中でも利用OKなんだそうですよ。

つまり、全巻購入していなくても利用できるサービスなのです。

それから、ちょっと注目なのが、学習サポートです。

実際に英語学習を経験してきた人が話を聞いてくれるので、同じように苦労してきたからこそ教えてもらえる具体的なアドバイスがあるのです。

英語学習に一度挫折した人だと不安感のほうが大きいかもしれませんが、そんな人ほど積極的に窓口サポートを利用するのがおすすめですよ。

まとめ

スピードラーニングは難易度が変わらないのが特徴の聞き流し英語教材です。

初心者でもすぐに楽しめる工夫があるので、上級者並みの英語力がなくても、アメリカの文化や習慣を絡めたさまざまなストーリーを楽しむことができます。

一方で、英語をすでに習得している人も、リスニング力を落とさないためにスピードラーニングを使うことが多いのだそう。

「英語 – 日本語」CDの他に、「英語オンリー」CDが付いているので、好きな時に好きなだけ英語のナチュラルスピードで聞き流しができるからです。

こうした教材を初心者から利用する場合、かなり息の長い利用ができそうです。

「ちょっといいな」と思った方は、公式サイトも覗いてみてくださいね。聞き流しのコツやスピードラーニングの特徴、受講者の声などを見ることができます。

スピードラーニング1巻、2巻

コメント

タイトルとURLをコピーしました