善逸と宇髄さんは永遠のライバル? ネズミから見える善逸の姿

ハツカネズミのイメージ

In the dream that Inosuke and Rengoku dream of on the infinite train, Zenitsu with the characteristics of a mouse appears.
無限列車で伊之助と煉獄さんが見る夢には、ネズミの特徴を持った善逸が登場します。

I think this is a great hint for us to know more about Zenitsu.
善逸のことを知るための、大きなヒントになっていると思います。

(この記事は、第3巻、第4巻、第7巻、第9巻のネタバレを含みます)

禰豆子は炭治郎と同じ火之迦具土(ホノカグツチ)と重なるところがありますが、山の神を象徴するウサギのイメージも重なったキャラクターでした。

詳しくは、こちらの記事も覗いてみてくださいね。

では、善逸もウサギでしょうか? 耳がいいし、臆病なところもそれっぽいですよね。ウサギなら禰豆子と一緒でラブラブです(笑)

でも、第7巻 55話に出てくる伊之助の夢の中では、善逸はネズミの「チュウ逸」の姿で現れます。

どうしてネズミなんでしょう?

大国主命の鼠と善逸

ネズミといえば、古事記に出てくる大穴牟遅神(オオナムチノカミ)を助けたネズミが有名です。大穴牟遅神というのは後の大国主命(オオクニヌシノミコト)のことですね。

そう思って大国主命の伝説を読み直すと、様々な場面に善逸の姿が見えてきますよ。

大穴牟遅神には兄弟神である八十神(ヤソカミ)がいましたが、皆、稲羽(因幡)の八上比売(ヤガミヒメ)との結婚を望んで大穴牟遅神に国を譲り、比売のもとへ向かいました。

大穴牟遅神は荷物持ちとして兄弟神の後に続きます。

途中、鰐(わに)を騙したために皮を剥がされた菟(うさぎ)に出会った八十神たちは、嘘を言って菟をさらに苦しめます。後からやってきた大穴牟遅神は、正しい対処の仕方を教えてやります。

傷が癒えた菟は、八上比売は大穴牟遅神を選ぶだろうと予言をし、その予言通り比売は八十神の求婚をすべて断って大穴牟遅神を選びます。

嫉妬に狂った八十神の迫害により、大穴牟遅神は二度も殺されてしまいます。

神話では、兄弟神のために大穴牟遅神は命を落としてしまうところまでいくのですが(汗)

このエピソードは、兄弟子にいじめられていた善逸と重なるところがありますよね。(第4巻 34話)

大穴牟遅神は災難にあうたび、母神の願いで神々に生命を救われるのですが、このままでは八十神のために滅せられてしまうと、最後は大穴牟遅神の6代前の先祖である須佐男命(スサノオノミコト)を頼って根之堅州国(ねのかたすくに)へ逃げ込みます。

そこで須佐男命の娘、須勢理毘売(スセリビメ)と出会って、二人はともに一目惚れ。夫婦になる約束を交わします。

こうして大国主命の正妻は須勢理毘売命となるのですが、八上比売や須勢理毘売命の他にも、沼河比売(ヌナガワヒメ)、多紀理毘売命(タキリビメノミコト)、神屋楯比売命(カムヤタテヒメノミコト)、活玉依毘売(イクタマヨリヒメ)など、多数の奥さんがいます。

宇髄さんもびっくりの一夫多妻の神様なんですね。

ただ、女の子に弱いところは大国主命と善逸はそっくりなのに、大国主命が善逸と違うのは、「麗はしき壮夫(をとこ)」ということで、イケメンの宇髄さんタイプというところ。

善逸が宇髄さんに反発しまくるのは、こういうところに原因があったりするのでしょうか(汗)

大穴牟遅神は、須佐男命から与えられる様々な試練を須勢理毘売の協力で次々と乗り越えていきます。

でも、いよいよ窮地に陥ったのが、広い野原に放った鏑矢を拾ってくるよう命じられたときです。周囲に火を放たれたため、逃げ場を失ってしまいます。

このとき鼠(ねずみ)が現れて、「内はほらほら、外はすぶすぶ」(入り口は狭いが内側は広い)と告げます。

地中に穴があることに気づいた大穴牟遅神は、足元の地面を踏みつけて、現れた穴に隠れることで、野原を焼く火をやり過ごすことができました。

地面の中の大きな穴を察知して、自分で入り口を作って入ってくるところは、第9巻 79話の宇髄さんですよね。やっぱり善逸と宇髄さんは大国主命を介したライバルなのかも(笑)

ともあれ、こうした神話がもとになって、大国主命の使いはネズミとされています。

須佐男命が主宰神である根之堅洲国は、諸説ありますが、伊耶那美命(イザナミノミコト)が主宰神を務めている黄泉国と同一と見られる世界です。

伊邪那岐命(イザナギノミコト)が黄泉国を訪れたとき、しばらく待つように言ったまま御殿から出てこない伊邪那美命に痺れを切らし、左の美豆良(みずら)に挿していた爪櫛の歯を一本折り取って、様子を見るために火を灯しています。

つまり、黄泉国の御殿の中は、火を灯さなければならないほど真っ暗なんですね。

第7巻 57話に出てくる善逸の無意識領域も、「体中に墨汁をぬりたくられてるみたい」と表現されるほど、黄泉国を表すように真っ暗でした。

神話ではこの後、居眠りを始めた須佐男命の隙を見て、大穴牟遅神は須勢理毘売命を背負って地上界へ逃げ出します。

この姿は、第7巻 55話末の挿絵に描かれている、禰豆子を背負って幸せの跳躍を見せる善逸の姿と重なります。

大国主命は切羽詰まって大変な場面だけど、善逸は幸せいっぱいでよかったです(笑)

ネズミの能力と特徴

ネズミの聴覚は意外といいようで、100dBの音圧レベルに対して200Hz〜68,000Hz付近までの可聴範囲があり、なかでも20,000〜50,000Hz帯がもっとも聴力がいいという研究報告があります(“ラットの超音波聴力について,”聴覚研究会資料H-84-44(1984))

ウサギの場合は360Hz~42,000Hz程度と考えられていて、人間の場合は20Hz~20,000Hzなので、低音部分は人間ほどではないけれど、ウサギより広い可聴範囲を持っている可能性があるんですね。

性格もドブネズミは獰猛ですが、屋根裏にすむクマネズミは慎重かつ臆病な性格で、倉庫や物置にすむハツカネズミは好奇心旺盛だけど臆病な性格をしていると言われています。

こうしてみると、クマネズミやハツカネズミは、確かに善逸のイメージと重なるんですね。

ちなみに、ネズミにとってよく聞こえるとされる周波数はとても高いだけあって、実際のネズミの鳴き声は「チューチュー」ではなく、「キーッキーッ」とか「キュッ キュッ」といった、金切り声のような高音になるようです。

第3巻 23話に出てくる善逸の叫び声は「汚い高音」と注意書きが入っていたので(笑)、この時点からネズミの特徴が表現されていたんですね。

そして、ちょっと興味深いのは、ネズミには「雷獣」(らいじゅう)という妖怪もいて、実は雷とも縁のある動物みたいですよ。

雷獣は落雷とともに現れるとされていて、その姿は子犬のようだったり、狸のようだったり、イタチのようだったり、伝えられる地域によってその姿は様々。

和歌山県日高郡みなべ町に伝わる口承では、「雷はネズミのせいである」とされています。

参考 南部川の民俗─和歌山県日高郡南部川村旧高城・清川村─ 東洋大学民俗研究会

善逸は修業時代、鍛錬から逃亡するために木に登っていたところを雷に打たれているのですが、雷獣とネズミの関係を考えると、これも興味深いエピソードです(第4巻 33話)

以上、善逸の臆病なところと耳のよさは、伊之助の夢に出てくるように、大国主命の使いであるネズミと特徴が重なっていそうだということがわかりました。

では、善逸の強さってどこにあるのでしょう?

調べてみると、善逸の真っ暗な無意識領域は、大国主命のもう一つの顔とも重なっているみたいですよ。長くなるので、善逸の強さに関しては別記事にまとめてみたので、よかったら覗いてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました