鬼滅の刃、痣者の考察 物語の鍵は月が握ってる?

満月のイメージ

Whenever Tanjiro and Nezuko change, a pattern appears on the moon.
炭治郎と禰豆子が変化するたび、月に模様が浮かびます。
Demon Slayer Mark seems to have a deep connection with the moon.
鬼滅の刃の痣は、月と深い関わりがありそうです。

(この記事は、第1巻、4巻、7巻、8巻、10巻、12巻、13巻、14巻、15巻、16巻、17巻、18巻、20巻、21巻、22巻、23巻のネタバレを含みます)

剣士の痣

「鬼滅の刃」では、全集中の呼吸を極めた者が一定の条件を満たすと、体に「痣」が現れます。その状態で発揮される基本的な力は、こんな感じ。

・傷の治りが異常に早い(第15巻128話)
・桁違いの反射、戦いへの適応、瀬戸際での爆発的な成長(第13巻114話)

ただ、戦国時代の始まりの呼吸の剣士たちが痣を発現したときと、大正時代の炭治郎たちが痣を発現したときでは少し様子が変わるようです。

第20巻176話の黒死牟のモノローグによると、さらにこんな力が発揮されているようです。

・胴を両断されても刀から手を離さない
・斬られても斬られても失血死しない
・鬼に匹敵する成長速度で、肉体の限界を超える動きをし続ける
・日の呼吸の使い手ではない者たちが刃を赤く染める

もちろん人間なので限界はあるようで、第18巻154話では、猗窩座に対峙する義勇さんの所でこんな解説が示されています。

全力疾走というものは、長時間できることではない。通常の人間は、全力であれば十秒走るのですら激しく息切れする。それ以上動き続けると、まず速度が落ち、技の精度も落ちていく。筋肉疲労で手足は鉛のように重くなる。疲労・負傷の概念がない鬼。さらには上弦との戦いで、長時間全力を維持し続けたのは、呼吸を使える者だけが起こせる奇跡だ(第18巻154話)

果たして、この痣とは一体なんでしょう?

第14巻の124話で、半天狗が生み出した憎珀天が、甘露寺さんの痣を見て「鬼の文様と似ている」とつぶやいていたように、実は下弦以上の鬼にも、体のどこかに文様があるんですよね。

つまり痣は、剣士の痣者と、下弦以上の鬼に見られるわけです。しかも似ている。

痣に関係する伝説が何かないかなと調べてみたところ、民俗学を研究している人の中に、月と痣の関係を挙げている人がいました。

月信仰と痣

Shadows due to height differences can be seen on the surface of the moon. In folklore, there are areas where this is seen as a symbol of ‘ugliness’ and ‘impairment.’
月は表面に高低差から生じる影が見えます。民俗学では、これを「醜さ」や「不具」を象徴するとする地域もあります。

In Japan, it is said that the god of mountains and the god of fire also have ugliness and impairment, and there is a theory that the belief in the moon has an effect.
日本では、山の神や火の神も醜さや不具を持っていると伝えられていて、月信仰が影響しているとする説があります。

劉福徳という方の論文「蛭子考」では、月信仰と山の神、火の神の関係に触れています。

月の満ち欠けから「不具」を、月の表面に見える陰影から「醜さ」に関連させた物語が各地に残っているそうですよ。

参考 つくばリポジトリ

鬼に追われた姉妹が、月から下りてきた金の縄に助けられた。妹は月の裏側まで逃げることができたが、逃げ遅れた姉は片足を鬼に食べられてしまったので、月の表側に片足の姿で見えている(沖永良部島「天道さん金の綱」)
昔、天には二つの太陽があった。その日に射されて死んでしまった子の親が、敵をとるため一つの日を射ると、片目に当たって夜の月になった。射られた目は今でも癒やされず、月の上には包帯の陰影が見える(中国 高山族の神話伝説)

さらに日本でも、山の神様は醜い容貌をした女性神と伝わることや、火の神様は不潔を嫌い、激しく祟るといった伝説も影響しあって、関連を持っていると考えられるようです。

大体、こんな感じになるのかな? 色分けして並べてみました。

月と痣の関係図

山岳信仰や、火の神様「迦具土」(カグツチ)の関連が指摘されている「鬼滅の刃」ですが、山の神様も火の神様も、月が持つ「不具」や「醜さ」からくる影響を受けているとしたら、鬼滅の刃の痣も、月のこうしたイメージに鍵がありそうです。

炭治郎や禰豆子は炭焼きの出身で、山の民の生活圏に属しているし、最終決戦で、無惨の毒で変貌した炭治郎の様子は、まさに月の不具や醜さを背負っているみたいでしたもんね(汗)

そして、月といえば、管理人も気がついたことが一つあります。

刀鍛冶の里が鬼の襲撃を受ける第12巻。105話の最後のほうで描かれる月に、なんとも禍々しい痣のような模様が描かれているのです。そう思って見返してみると、時々このような月が描かれているみたいですよ。

では、月に浮かぶ痣のような模様、もしくはクレーターは、鬼滅の刃ではどんなときに描かれているんでしょう?

鬼の回想や過去の記憶の中に模様のある月が描かれるケースがあるのですが、物語の進行上で描かれている月に限ってまとめるとこんな感じになりました。

第1巻 お堂の月

最初、ここに描かれている月には模様はないなと思っていたのですが、かーなーり、薄っすらと模様がありますね。

お堂の上にかかっている月では、よくわからないのですが、崖の場面にも月が描かれていて、この月を拡大してみると模様らしいものが描かれていました!

「第1巻~3巻までは、月が描かれても模様はありません」ではなく、一部、描かれているんだけど、「見逃してしまうほど、かなり薄い描き方をしている」というのが正しいみたいです(汗)

この場面で描かれているのは…

・お堂の鬼が殺した人たちの遺体を前に、禰豆子が鬼の本性を刺激されるものの踏み止まる。

禰豆子が最初に乗り越えた試練ですが、この時点の月の模様は、うっかりすると気が付かないほど薄く描かれています。

第4巻 那田蜘蛛山の月

At the battle of Mt.Natagumo, the moon shone brightly and the demon slayer mark-like patterns appeared.
那田蜘蛛山の戦いでは、月が明るく輝き、痣のような模様が現れました。

第4巻29話の累が登場する場面では、月にはっきりとした模様が描かれます。そして、那田蜘蛛山の一件が解決するまで描かれる月すべてに、クレーターっぽい模様が描かれています。

この場面で描かれているのは…

・炭治郎は走馬灯の中でお父さんのメッセージを受けて、初めてヒノカミ神楽を技として使う
・禰豆子は回復の眠りの中、お母さんに呼びかけられて目覚め、初めての血鬼術「爆血」を放つ

これまでも、手鬼の攻撃で気を失っている炭治郎に、弟の茂が呼びかけて危機を伝えることがありましたが、月に模様が描かれたこの場面から、明確なメッセージを含んで物語が急展開していきます。

第7巻 無限列車の月

A patterned moon is drawn on the cover art of the Mugen train episode.
無限列車のエピソードの表紙絵には、模様のある月が描かれています。

第7巻の話の中で月は出てきませんが、55話の表紙に描かれた無限列車の上空に、模様のある欠けた月が浮かんでいます。

この場面で描かれているのは…

・水面に映った自分の姿、禰豆子の入った箱、背後に現れたお父さんの言葉などをきっかけに、炭治郎は魘夢の血鬼術から自力で目を覚ます

この後、吉原・遊郭の話に入っていきますが、模様が描かれた月が出てくるのは話の展開では少し先のことになります。

第10巻 吉原・遊郭の月

A patterned moon is drawn from the scene where Gyutaro appears.
妓夫太郎が登場する場面から、模様のある月が描かれています。

このエピソードでは、人間の限界を超えかけた炭治郎が堕姫をぎりぎりまで追い詰めたり、強い怒りのエネルギーで鬼化が進んだ禰豆子に痣が現れたりしますが、月が描かれることはありません。

妓夫太郎が登場する86話になってから、やっと模様の浮かんだ満月が現れます。ここから第11巻の97話まで、模様のある満月が空にありますよ。

この場面で描かれているのは…

・妓夫太郎から「汚い傷」と呼ばれた炭治郎のおでこの痣が、炭治郎が妓夫太郎の首をはねる際にさらに濃く出現。妓夫太郎も「額の痣が…」と認識する
・鬼の毒による負傷者の解毒に、禰豆子の爆血が力を発揮する

そして戦いの後、上弦の鬼に勝利した報告を受けて、「運命が変わり始める兆しだ」とお館様が予見する、その館の上にも模様の浮き出た月が浮かんでいます。

第12巻 刀鍛冶の里の月

Just before Gyokko appears, a patterned moon is drawn.
玉壺が現れる直前に、模様のある月が描かれています。

第12巻の105話では、玉壺が現れる直前に、痣のようなくっきりとした模様が月に描かれています。ただ、模様のある月は、この一コマだけです。

この後もまだまだ鬼との戦いが続くし、空には月も描かれるのですが、すべて模様のないきれいな月に変わってしまいます。これまでのエピソードでは、その場面が終了するまで模様のある月が描かれていることが多かったのに、かなりあっさりしてますね。

第12巻の場面で描かれているのは…

・禰豆子の爆ぜる血で炭治郎の刀が赫刀になる
・鬼と戦う中で、無一郎、甘露寺の二人に痣が現れる
・翌朝、禰豆子が太陽を克服する

この後、模様のある月が描かれるのは第15巻の131話で、珠世さんとお館様のカラスが接触する場面で模様のある月が描かれています。

第17巻 最終決戦の夜

The last time a pattern was drawn on the moon was when Tanjirou confronted Akaza and Nezuko took the medicine to turn back into a human.
最後に月に模様が描かれたのは、炭治郎が猗窩座と対峙し、禰豆子が人間に戻るために薬を飲んだ時でした。

そして最終決戦の夜、人間に戻る薬を服用した禰豆子を鱗滝さんが見守る場面(147話)で、館の上に模様のある月が描かれています。このとき炭治郎は、ちょうど猗窩座と対峙する場面。

月に模様が描かれるのは、これが最後になります。

第17巻で出てくるのは…

・禰豆子、珠世が作った人間に戻る薬を服用
・炭治郎、父に教えてもらった透き通る世界を体得

この後は無限城での戦闘が続くので、月はしばらく描かれないのですが、無限城が地上へ表れる第21巻 183話で描かれる月には、痣のような模様はなくなっています。

このときも、刀鍛冶の里と同じくあっさりした感じの現れ方でした。

鬼の痣

こうして通して見ていくと、月に痣のような模様が現れるたびに、炭治郎と禰豆子は変化していきます。

鬼を倒すために必要なヒノカミ神楽(日の呼吸)を技として自分のものにし、痣を出現させて加速させ、赫刀を手に入れます。

でも、第20巻175話で縁壱が言っていたように、「これから生まれてくる子供たちが、(今の世代を超えた)さらなる高みへ登っていく」というように、ゆっくり進むのが自然の理なら、第20巻170話で黒死牟が言うように、その世代のうちに問題を解決しようとして、「痣を出現させ、力を向上できたとしても、所詮それは寿命の前借りに過ぎない」ことになるのでしょう。

猗窩座と対峙して痣を出現させた義勇さんによると、「(圧倒される強者と出会って)閉じていた感覚が叩き起こされ、引きずられる。強者の立つ場所へ」(第17巻150話)と言っているので、痣の発現はかなり無理がかかるようです。

そんな痣ですが、鬼を倒すために働いてくれているように見えるのに、鬼にも痣があるのは何なのでしょう?

人間の側から見ればそんなふうに見えますが、陰陽五行に出てくる比和(ひわ)の関係が、いいも悪いもなく影響しあうように、人も鬼も関係なく、そこに存在していれば月の影響は痣となって現れているのかもしれませんね。

ちなみに「角川 漢和中辞典」によると、「痣」は病垂れに志(あとがつく)と書きます。

「志」の字義はこんな感じ。「志」は「幕末の志士」とか「少年よ大志を抱け」みたいなイメージが強い文字だけど、何かを記録したり残したりする意味もあるみたいですよ。

1. こころざす。心をその方にむける。こころざし。
2. のぞみ。ねがい。
3. したう
4. しるす(記)。かきしるす(誌)。しるしたもの。書きもの。記録。
5. おぼえる

ワニ先生、この辺の痣の意味もわかったうえで、わざわざ痣に設定してるんでしょうか…?

ちなみに英語では、痣のことは”mark”とか”Demon Slayer mark”と訳されているようです。4番のイメージに近い感じかな?

尋常でない力を持つ鬼と、人並み外れた力を持つ痣者、それぞれ月の影響が現れた印として描かれているのが、鬼滅の刃の痣なのかもしれません。

日輪刀と月の関係

猩々

それから、「月と猩々は関連がある」と指摘する、「皮膚の病と境界の神」というちょっと興味深い論文をみつけました。

参考 皮膚の病と境界の神 日本「賤民」史研究への一階梯 | 鯨井 千佐登

猩々というと、「鬼滅の刃」でも日輪刀に使われているという「猩々緋砂鉄」と「猩々緋鉱石」が出てきますよね。(第2巻 9話)

論文によると、富本繁太夫の京坂滞留日記「筆満可勢」五巻(天保七年、1836年)には、京都では猩々を「疱瘡の守護神=疱瘡神」として祭る「猩々祭り」があったと紹介しているそうです。つまり、病が早く癒えるために、疱瘡神(猩々)をもてなしてお帰り願うわけですね。

感染症に対する日本古来の考え方は、疫病をもてなして退散してもらうこと。つまり、「かからないようにする」のではなく、「かかっても軽くすむように」祈ってきました。

論文では、猩々が出てくる「庭訓往来註」(万治元年、1658年刊)や、謡曲「猩々」を参考に挙げながら、猩々が持つ「くめども尽きない酒」は「天にある不老不死の薬」と考えられると説明されています。

そういえば、古代中国では月にウサギがいて、不老不死の薬を作っていると考えられていましたよね。日本でも、月にいる月夜見は、若返りの「変若水」(をちみず)を持つとされています。

そして、「月が雨や雪、露などをもたらす」という発想は古来から普遍的なもので、酒を生み出す猩々の笹の葉におりる露は「月の霊水」であり、猩々は「月の住人=月神と信じられていた可能性が高い」としています。

「猩々祭り」に飾られる猩々人形は、手に酒甕(さかがめ)と柄杓(ひしゃく)を持っているのですが、病を癒すために「疱瘡患者に酒という霊水を浴びせる姿をあらわしていた」と考えられるようです。

日輪刀の材料である「猩々」も、このように月に関係しているとすると、やはり「鬼滅の刃」では月の存在を重視したほうがいいみたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました