炭治郎

日本の文化・外国の文化

炭治郎も太陽を克服、克服条件は禰豆子と同じ?

炭治郎が太陽を克服することができたのはなぜなのか、ヒノカミ神楽の特徴から詳しく見てみました。
日本の文化・外国の文化

太陽克服のなぜ、炭治郎が受け継ぐ火の要素を考察してみた

炭治郎が太陽を克服した理由は何か? 炭治郎が先祖から受け継いでいるものを描かれているシーンや両親の名前から考察してみました。
日本の文化・外国の文化

鬼殺隊の階級制度、何を表しているの?

最終選別で印象的に出てくる鬼殺隊の階級は、音読みと訓読みの違いを知っていると、その違いがわかりますよ。
日本の文化・外国の文化

意外と正統派!? 鬼滅の刃に隠れている昔話を調べてみた

「鬼滅の刃」は意外と昔話もしっかり盛り込まれた物語だったみたいです。改めて桃太郎伝説を振り返ってみました。
日本の文化・外国の文化

ヒノカミがつなぐ、鬼滅の刃と愛宕神社

題名が「鬼滅の刃」に決まる前、いくつかあるタイトルの中に「カグツチ」という言葉が入ったものがありました。辿っていくと、ちょっと興味深い人物がいましたよ。
日本の文化・外国の文化

考察・炭治郎と禰豆子が太陽を克服したのは、赫灼の子だったから?

赤みがかった髪と、赤みがかった瞳を持つ炭治郎のことを、刀鍛冶の鋼鐵塚さんは「赫灼の子」と呼びます。修験道の神様にヒントが隠れていそうです。
日本の文化・外国の文化

鬼滅の刃、痣者の考察 物語の鍵は月が握ってる?

鬼滅の刃で大きな謎とされている痣ですが、原作では月にも痣のような模様が描かれる時があるのをご存知ですか? 痣者と月は深い関わりがありそうです。
日本の文化・外国の文化

鬼滅の刃の日輪刀が、「日輪」と表現される理由を考えてみた

日輪刀の名前には、どうして「日輪」が使われているのでしょう? 漢字の意味や言葉の意味、そしてファンブックに書かれていたヒントを参考に考えてみました。
日本の文化・外国の文化

鱗滝さんの厄除のお面は、なぜキツネなの?

鬼滅の刃の「炭治郎日記・後編」に出てくる狐面にはどんな意味があるのか、狐が眷属を務めているお稲荷さんの周辺を探ってみました。
日本の文化・外国の文化

炭治郎の大岩斬り、なぜ注連縄が張ってあるの?

鬼滅の刃の「炭治郎日記・前編」に出てくる大岩を斬る場面にどんな意味があるのか、大岩に掛かっている注連縄を手掛かりに考えてみました。
日本の文化・外国の文化

炭治郎の羽織の市松模様には、どんな意味がある?

鬼滅の刃の主人公、炭治郎が着ている羽織の格子柄について調べてみました。模様はもちろん、色合いも炭治郎にぴったりのものが選ばれているみたいです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました