ヒノカミがつなぐ、鬼滅の刃と愛宕神社

火のついた炭のイメージ

There is an interesting relationship between the demon slayer and Atago Shrine.
鬼滅の刃と愛宕神社には興味深い関係があります。

(この記事は、1巻、3巻、5巻、15巻、20巻、21巻、ファンブック第1弾のネタバレを含みます)

炭治郎の名前に入っている「炭」の字は、「角川 漢和中辞典」によると、「燃えさしで、また火にかえるもの、つまりもとは消炭(けしずみ)をいった」そうです。

「火にかえる」というところは、竈門家に伝わる「ヒノカミ神楽」から始まって、緑壱が使っていた「日の呼吸」へと辿り着いた、炭治郎にぴったりのイメージですよね。

そういえば、第1巻 2話の末尾にある大正コソコソ噂話には、タイトルが「鬼滅の刃」に決まる前の他候補が紹介されていて、その中に「炭のカグツチ」とか「鬼狩りカグツチ」というヒントがありました。

「炭」の字にこれだけの意味が重ねられているなら、「カグツチ」や「ヒノカミ」にはどんな関連があるんでしょう?

改めて「ヒノカミ」というキーワードで記紀(古事記、日本書紀)を読み返すと、二柱の神様が該当していることがわかります。日の神「天照大御神」(アマテラスオオミカミ)と、火の神「火之迦具土神」(ホノカグツチノカミ)です。

緑壱の「日の呼吸」でイメージするなら天照大御神ですが、タイトル候補から見ると、火之迦具土神が重視されているみたいですね。

なぜなんでしょう?

日の神「天照大御神」の特別感と緑壱

天照大御神は、八百万の神々の最高神にして、皇室の祖神、日本国民の総氏神で、万物全てに光を与えてくれる太陽のごとく、あらゆる願いを聞き届けてくれる諸願成就の神様です。

日本が国名を「ひのもと」と称するのも、太陽神である天照大御神を主とするからですよね。

記紀で描かれる天照大御神は、穢れを祓うところから始まるのが印象的です。

火之迦具土が生まれるときに火傷を負い、黄泉の国へ去ってしまった伊邪那美命(イザナミノミコト)を追いかけて、自身も黄泉国へ向かった伊耶那岐命(イザナギノミコト)ですが、黄泉国の食べ物を口にしてしまった伊耶那美命を連れ戻すことは叶わず、変わり果てた姿に驚いてこう言います。

吾は、いなしこめしこめき穢き国にいたりてありけり

私はいやな、見るに醜悪な汚い国に来てしまった

そして、なんとか無事に葦原の中つ国(あしはらのなかつくに)戻ってきて、日向(ひむか)の阿波岐原(あわきはら)で着ていた服を脱ぎ、禊をして身を清めるのです。

黄泉国の穢れを落とした際に生まれる神様は、「八十禍津日神」(ヤソマガヒノカミ)と、「大禍津日神」(オオマガツヒノカミ)。

続けて、その穢れを直そうと、「神直毘神」(カミナオビノカミ)、「大直毘神」(オオナオビノカミ)、「伊豆能売神」(イツノメノカミ)の三柱の神様が生まれます。

さらに瀬の中に深く潜って清めることで、六柱の神様が生まれます。

最後に左目を洗ったところから天照大御神が、右目を洗ったところから月読命(ツクヨミノミコト)が、最後に鼻を洗ったところから須佐之男命(スサノオノミコト)が生まれて、この三柱の神は別格の神として三貴神と呼ばれるのでした。

伊耶那岐命は、伊耶那美命とともに、「国生み」や「神生み」で多くの島々と神々を生み出してきた神様ですが、禊をして神様を生み出すのはこの場面が初めて。特別感がありますよね。

そして、天照大御神が祀られている神社の代表格は伊勢神宮の内宮です。

本地垂迹(ほんじすいじゃく)の考え方では、天照大御神は大日如来(あるいは十一面観音)で、本地仏は盧舎那仏(びしゃるなぶつ)となります。

※本地仏というのは、仏や菩薩が衆生を仏道で救うため、借りに日本の神々の姿となって現れるとする本地垂迹の考え方で、本来の仏や菩薩のことをいいます。借りの姿は垂迹(すいじゃく)といいます

司るものも、「宇宙」とか、天上界の「高天原」とか、なんかデカいですよ、スケールが。

毘盧遮那仏(本地仏) … 宇宙の真理を全ての人に照らして悟りに導く仏様。毘盧遮那は太陽の意味。

十一面観音(本地仏が姿を変えたもの) … 苦しんでいる人をすぐに見つけるために11の顔がある観世音菩薩。

大日如来(本地仏が姿を変えたもの) … 宇宙の真理をあらわし、宇宙そのものを指す仏様。大日は日輪を表す。

天照大御神(垂迹) … 高天原を統べる主宰神。太陽神。

こうしたことから考えると、どちらかというと天照大御神は司るものもスケールが大きく、不浄を嫌い、もちろん衆生を見てくれているんだろうけど、皇室とか神主さんとか、おつきあいする人は選ぶ印象があります。

鬼滅の刃でも、緑壱の指導で呼吸と剣技を融合させることができた「始まりの呼吸の剣士たち」も、「誰一人として緑壱と同じようにはできなかった」という話があるので、日の呼吸には一般の人では越えられそうで越えられない、何か壁のようなものがあるみたいです(第15巻 128話、第20巻 175話、第20巻 178話、第21巻 186話)

この点、火之迦具土神が司るのは「火」ですから、扱いさえ気をつければ一般の人でもつきあっていくことができそう。

鬼滅の立ち上げ担当さん言うところの「明るくて普通」の炭治郎だからこそ、日の神ではなく火の神が選ばれているのかもしれませんね(ファンブック第1弾、201頁)

火の神様「カグツチ」と炭治郎

火之迦具土神は、火の神様。火伏せ(防火)、土地の守護、火力による殖産振興といったご利益があるとされている神様です。

「カグツチ」を文字の意味から見ていくと、「迦具」(かぐ)は「輝く」の意味で、「においをかぐ」とか、「かぐわしい」という言葉に通じると言われていたり、「ものの焦げる匂いを嗅ぐ」ことを示すと言われたりしています。

どちらも、鼻がきく炭治郎にぴったりですね。

そして、古事記で描かれる火之迦具土の話は、短いながらもとてもドラマチックです。

火之迦具土が生まれる時、その体に炎をまとっていたため、伊邪那美命は大やけどを負ってしまい、黄泉の国へ去ってしまいます。

伊耶那岐命はこれに怒って、腰に帯びていた十束剣(とつかのつるぎ)で火之迦具土の首を切り落としたので、流れた血から八柱の神が、体からも八柱の神が生まれます。

日本書紀では三段に斬ったとも五段に斬ったとも伝える書があると書かれていますが、やはりそこから多くの神々が生まれたとされています。

親を殺してしまう子供、そして子供を殺してしまう親という流れだけを見ると、ただただ悲劇ですが、岩石、火、雷、雨、水、山など、火之迦具土から生まれた神々の司る内容から、「火山の噴火」や「鍛冶作業」から連想された物語ではないかと見る人もいるみたいですよ。

そして、火之迦具土を祭神として祀っている神社の代表格には愛宕神社があるのですが、調べてみると、鬼滅の刃に重なるキーワードがいくつも隠れているのを見つけました。

豆知識・愛宕神社のはじまり

愛宕神社は全国にその数が900社とも1000社ともいわれる大きな勢力を持った神社ですが、中でも京都、東京、福岡は、「日本三大愛宕」と呼ばれる存在です。

福岡はワニ先生の地元、東京は鬼滅の刃の舞台、京都は… やっぱり無惨様の出身地なのかな?

管理人は、無惨様はもしかすると、関東文化とご縁があるのかも… と思ったりしたのですが(汗)素直に京都と考えていいのかもしれませんね。

ともあれ、京都の愛宕神社がある愛宕山は、元は朝日峰(あさひみね)と呼ばれる山々の一部で、都の北西(乾)にあたり、古くから死霊を迎える霊山として祖霊神の地とされていました。

「乾」(いぬい)は、道教の最高神「天帝」が住む宮殿の門となる「天門」の方角とされていますが、鬼門(艮 うしとら)に対して「陽の極み」となる方角でもあり、陰陽道では神がおわすとともに怨霊や魑魅魍魎も入ってくる門と考えていたので凶方位になります。

「山城名勝志」内の「白雲寺縁起」とも、「三国仏法伝通縁起」とも伝わる伝説では、こうした重要な土地を守るため、役行者と雲遍上人(泰澄)が朝廷の許しを得て、現在の愛宕山の山頂に神廟(しんびょう)を建立したのが愛宕神社の始まりと伝えています。

こんな感じ。

雲遍上人と役小角が朝日峰に登ろうと清滝まで辿り着くと、滝上に雲が起こり、激しい雷雨となって、前へ進めなくなってしまいます。

二人が秘呪密言で祈祷をしたところ、雨があがって晴れわたり、地蔵(じぞう)・龍樹(りゅうじゅ)・富樓那(ふるな)・毘沙門(びしゃもん)・愛染(あいぜん)の五仏が光を放って辺りが明るくなりました。

続いて側にあった大杉の上に、天竺の日良(にちら)、唐土の善界(ぜかい)を横に控えて、一名を栄術太郎(えいじゅつたろう)とする太郎坊という大天狗が、それぞれの眷属を率いて9億4万余りの大集団で出現します。

太郎坊は、「我々は2000年前に、神霊の集まる霊山であるこの地を仏から託されて護っている。大魔王として山を領有し、人々を救済して悟りに導いているのだ」と言うと、天狗たちは姿を消してしまいました。

これは大宝年間(701~704年)の出来事と伝わる話です。

この後、愛宕山は早くから神仏習合が進んでいくのですが、天応元年(781年)には和気清麻呂(わけのきよまろ)によって、天台宗と真言宗両義の白雲寺が建立されます。

さらに桓武帝(かんむてい)の時代には、鎮護国家の意味を込めた「愛宕護山大権現」と号して、平安京千年の基礎の一つとなりました。

本殿に祀られているのは垂迹となる伊弉冉尊(イザナミノミコト)ですが、勝軍地蔵を本地仏とし、軻遇突智(火産霊尊とも)もともにお祀りされていました。

太郎坊・次郎坊と炭治郎

縁起に登場した太郎坊は、白雲寺の奥の宮に「愛宕権現太郎坊天狗」として祀られていました。鳥面の天狗が錫杖を持って、猪に乗った姿として伝わっています。

鬼滅の刃で猪といえば伊之助ですが、猪(亥)は陰陽五行では水に属するので、火伏せ(防火)のまじないがあるとされる生き物。火防の神様の眷属(使い)としてもよく登場します。

太郎坊は大天狗で、平安時代は焼亡(しょうぼう・大火の意味)や騒乱を起こすと恐れられていたみたいなのに、愛宕神社では火伏せの性格を持ったイメージになっているところがおもしろいですよね。

そして興味深いのは、愛宕山太郎坊は日本八天狗の中でも総領(長男)格の天狗でもあるところです。

長男格の太郎がいれば、もちろん次男格の次郎もいて、それが比叡山にすむ比叡山次郎坊という大天狗です。

次郎坊は太郎坊と並び称される八天狗の一人ですが、小天狗程度の悪戯が大好き。

でも、比叡山に延暦寺が開かれて、高徳の僧が集まってくると居づらくなり、すぐ北にある比良山へ移ってしまいます。

名前も比叡山次郎坊から、比良山次郎坊に変わってしまうのでした。

天狗たちが「俺は長男だから我慢できたけど、次男だったら我慢できなかった」(第3巻 24話)と言っていたかどうかはわかりませんが、9億以上の眷属を引き連れて人間の前に現れた太郎坊に比べて、次郎坊は少しヘタレたところがあるみたいです(笑)

愛宕権現の本地仏「勝軍地蔵」と炭治郎

勝軍地蔵のイメージ

そして、白雲寺の本宮に祀られていた「愛宕大権現」は、炭治郎と重なるイメージがあります。

本地仏は「勝軍地蔵」(しょうぐんじぞう)といって、お地蔵様が鎧兜を身につけています。(上の絵は高屋肖哲という方の将軍地蔵菩薩像をお手本にして描いてみました)

「蓮華三昧経」によると、こんな感じ。

頭に畢竟空寂の兜を頂き、身に随求陀羅尼の鎧を纏ひ、腰に金剛智の大刀を佩き、発心修業の幡(旙)を飜し、悪行煩悩の軍を斬る剣を執り、左右には掌善掌悪の二童子が侍している。

畢竟空寂(ひっきょうじゃくめつ) … 悟りを極めて境地にたどり着くこと
随求陀羅尼(ずいぐだらに) … 大随求菩薩(だいずいぐぼさつ)の真言で、衆生の求願に随い(したが)施し(ほどこし)を与えてくれるとされる
金剛智(こんごうち) … インドの僧で中国密教の祖
発心修業(ほっしんしゅぎょう) … 仏教の修業を通して悟りに至る仏道の段階。「発心、修業、菩提、涅槃」の四段階がある

他の国には見られない、日本独特の地蔵菩薩になるようですが、鬼にも同情の念を持って、慈悲の心で接する炭治郎にぴったりですよね。

愛宕大権現は、「京童」などでは「百済国 日羅の霊なり」と記されていて、日羅上人のことと説明があります。

「日良」といえば、太郎坊が登場した「白雲寺縁起」には「天竺」(インド)と書かれているのですが、そこは昔の話として(汗)日羅上人で見ていきましょう。

日羅上人といえば、「日本書紀」の「敏達(びだつ)天皇12年の条」に、肥後の人と記されている人物で、智、仁、勇の三徳をそなえた賢人と名高いことから、厩戸皇子(聖徳太子)の教育のために招聘されて帰国。日本の国力増強など百済対策について進言したため、百済の使者に暗殺されてしまったと伝わっています。

愛宕山の縁起では少し話が違っていて、難波で百済王の追討軍に勝利した後、淀川を遡上して愛宕山へ入り、隠棲したことになっています。ちなみにこのとき愛宕山にすむ天狗の妨害にあっているのですが、最終的に天狗は日羅上人に屈服して、上人を守護するようになります。

上人臨終の際には、見舞いに訪れた聖徳太子に仏教の興隆を勧め、自らは愛宕山の大権現となり衆生を守ると告げたそうです。

参考 愛宕山信仰と勝軍地蔵 ─中世のある軍神信仰についての覚書─ 野★ 準 | CORE
※★は崎の異体字の「さき」

参考 日羅上人 | 三帝勅願所 摂津国第六重五番札所 月峯山大覚寺

太郎坊が雲遍上人と役小角に「仏から任されてこの地を護っている」と言っていたのは、日羅上人との関わりを指しているのかもしれませんね。

太郎坊の言う「2000年」の計算は合いませんけど(汗)

【大宝年間(701~704年)】
日羅 ?~538年?(暗殺されたとされる年)
雲遍上人(泰澄) 682年?~767年

ともあれ、日羅上人の生涯はこのように様々に伝わっているのですが、同時にいろいろな怪異も伝えられていて、「日本書紀」によると全身から火焔を発する力を持っていたそうです。

「聖徳太子伝暦」では、体から火焔を発していたのは、日天を拝んでいた聖人であったからなんだそうですよ。

百済の使者に暗殺されるときも、体から発する火焔が恐ろしくてなかなか手出しができず、12月晦日(みそか)に火が消えるのを見て実行されたと伝わっています。

緑壱もびっくりの日の神パワーですね。

白雲寺はこうした「勝軍地蔵(将軍地蔵)」を本尊としたこともあり、室町時代以降から戦国時代にかけて、戦勝のご利益で多くの武将の信仰を集めていました。

「麒麟がくる」ではかなりサラッと終わってしまいましたが、本能寺攻めを前に、明智光秀が愛宕山の奥の院、太郎坊の前で、何度もくじを引き直したのは有名な話です。

江戸時代になると軍神としての姿は薄れてしまいますが、防火や盗賊などの家難除けの神として、庶民の信仰を集めます。

家々の竈には愛宕神社から受領された火伏せの護符が貼られ、樒(しきみ)を挿して防火を願っていました。

樒は愛宕神社で用いるご神花(しんか)で、愛宕山に自生している植物です。

第5巻 39話では、走馬灯の中で、小さな炭治郎が鈴をつけた榊(さかき)のようなものを持って、舞を舞う真似事をしていましたが、もしかするとあれは火の神にまつわる樒だったのかもしれませんね。

この他にも、福岡の愛宕神社の神紋(しんもん)は「向かい巴紋」で、鱗滝さんが義勇に贈った狐面の模様にそっくりだったり、東京の愛宕神社の本殿には、参拝者さんの奉納による胡蝶蘭が絶えることなく飾られていたりするそうです。

参考 愛宕神社 福岡

参考 愛宕神社トリビア | 愛宕神社

さらに、炭治郎、善逸、伊之助の三人が合流するストーリーが描かれる第3巻は、本体・裏表紙(カバーを外した本体側の裏表紙)の花札風の模様には、三つ巴紋と雷雨が描かれています。

京都・愛宕神社の神紋は「二円内右廻り三つ巴紋」なので、「三つ巴紋」は炭治郎を表しているとすると、「雷」は善逸、「雨」は陰陽五行で水の要素を表す「亥」ということで伊之助を表しているみたいですね。

この調子だと、愛宕神社を調べれば、他にも鬼滅に重なるシンボルが見つかりそうな感じです。

鬼滅の刃の聖地には、福岡県の溝口竈門神社が有名ですが、ぜひ日本三大愛宕も加えてあげてほしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました