愛宕山・愛宕神社

日本の文化・外国の文化

冨岡義勇のことは官兵衛に聞け、射楯兵主神社からつながる糸

煉獄さんのミミズクのイメージと重なる射楯兵主神社は、黒田官兵衛とも深い関わりがあります。黒田家の足跡を辿っていくと、もう一人の柱のイメージにつながるみたいですよ。
日本の文化・外国の文化

太陽克服のなぜ、炭治郎が受け継ぐ火の要素を考察してみた

炭治郎が太陽を克服した理由は何か? 炭治郎が先祖から受け継いでいるものを描かれているシーンや両親の名前から考察してみました。
日本の文化・外国の文化

鬼を踏み台にする男、伊之助の強さを考察してみた

粗野、乱暴、常識はずれ… いろいろな印象がある伊之助ですが、京都の愛宕神社に祀られていた掌悪童子のイメージを重ねて考察してみました。
日本の文化・外国の文化

二人目の桃太郎、嘴平伊之助の考察

無限列車に出てくる伊之助の夢は、桃太郎のイメージが伊之助にも重ねられている可能性を示しています。
日本の文化・外国の文化

善逸の抱える謎について、原作で描かれる、獪岳、桑島師範から考えてみた

謎多き男・善逸は、原作に描かれていることを細かく見ていくと、意外といろいろなことがわかるようです。
日本の文化・外国の文化

意外と正統派!? 鬼滅の刃に隠れている昔話を調べてみた

「鬼滅の刃」は意外と昔話もしっかり盛り込まれた物語だったみたいです。改めて桃太郎伝説を振り返ってみました。
日本の文化・外国の文化

ヒノカミがつなぐ、鬼滅の刃と愛宕神社

題名が「鬼滅の刃」に決まる前、いくつかあるタイトルの中に「カグツチ」という言葉が入ったものがありました。辿っていくと、ちょっと興味深い人物がいましたよ。
日本の文化・外国の文化

「藤の花」と「彼岸花」、鬼滅の刃の調和した関係

鬼滅の刃で重要な鍵となる彼岸花と藤の花ですが、調べてみるときれいに調和した関係が見えてきました。
日本の文化・外国の文化

考察・炭治郎と禰豆子が太陽を克服したのは、赫灼の子だったから?

赤みがかった髪と、赤みがかった瞳を持つ炭治郎のことを、刀鍛冶の鋼鐵塚さんは「赫灼の子」と呼びます。修験道の神様にヒントが隠れていそうです。
日本の文化・外国の文化

鱗滝さんの厄除のお面は、なぜキツネなの?

鬼滅の刃の「炭治郎日記・後編」に出てくる狐面にはどんな意味があるのか、狐が眷属を務めているお稲荷さんの周辺を探ってみました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました