能・歌舞伎

鬼滅の刃から日本文化を考える

宇髄さんが「祭りの神」を名乗るのは、菅原道真の怨霊に理由がある?

宇髄さんの祭りの神、嘘がつけなくて不意打ちができない炭治郎、その理由は天神さまにあるのかも。菅原道真公の怨霊伝説から考察してみました。
鬼滅の刃から日本文化を考える

植物学者・青葉が教えてくれる、宇髄さんの爪と錆兎の名前

「鬼滅の刃」の終盤に登場した伊之助の子孫・青葉には、炭治郎や宇髄さんのヒントが隠れていそうです。
鬼滅の刃から日本文化を考える

「鬼滅の刃」はジョジョのパクリ?そのヒミツは謎解きにあるかも

「鬼滅の刃」の遊郭編は、平安時代の怨霊伝説が織り込まれているようです。平等院の宇治周辺の地図からも辿れるのですが、「似ている」と言われている漫画からも辿ることができそうです。
鬼滅の刃から日本文化を考える

鬼滅の刃に源氏物語と枕草子が重なる理由

宇髄さんの左目の化粧に重なる隅田川のイメージを辿っていくと、一条天皇にたどり着きます。一条天皇もまた鬼滅の刃に関わる鍵が隠れているみたいですよ。
キツネと鬼滅の刃

宇髄さんの目の化粧が示す、物語を読み解くもう一つのヒント

宇随さんの目の化粧に重なる徳川吉宗のイメージが、重要なキーワードにつながっていそうです。
鬼滅の刃から日本文化を考える

遊郭編で宇髄さんがアオイちゃんを攫った理由

宇髄さんがアオイちゃんを攫うのはなぜなのか、有名な古典の場面へ繋ぐヒントになっているのかもしれません。下弦の鬼の名前も拾いつつ考察してみました。
鬼滅の刃から日本文化を考える

煉獄さんの趣味が教えてくれる「鬼滅の刃」の鬼のモデル

煉獄さんの趣味の一つ「能」と重なる場所が、隅田川の上流にあります。ここには「鬼滅の刃」の鬼や宇髄さんにつながるヒントが隠れていそうです。
鬼滅の刃から日本文化を考える

宇髄さんの左目の化粧につながる、煉獄さんの3つの趣味

宇髄さんの左目に施されている化粧は、歴史的大火災「明暦の大火」につながっていきそうです。そこには、煉獄さんの趣味も重なってきそうですよ。
鬼滅の刃から日本文化を考える

カナヲと宇髄さんが教えてくれる、遊郭に潜む鬼の秘密

平等院の鎮守社「縣神社」にはちょっと変わったお祭りがあって、栗花落カナヲにも関連が出てきそうです。
鬼滅の刃から日本文化を考える

煉獄さんが心を燃やす理由と、さつまいもに重なるカグツチの影

「鬼滅の刃」の煉獄杏寿郎はフランシスコ・ザビエルや平将門などとイメージが重なるようです。伝説を辿っていくと、迦具土神につながりますよ。
鬼滅の刃から日本文化を考える

「藤の花」と「彼岸花」、鬼滅の刃の調和した関係

鬼滅の刃で重要な鍵となる彼岸花と藤の花ですが、調べてみるときれいに調和した関係が見えてきました。
鬼滅の刃から日本文化を考える

鬼滅の刃、藤襲山の最終選別にはどんな意味がある?

生き残る者が少ない藤襲山の最終選別について、鬼殺の剣士に求められているものをファンブックとカバー折り返しに描かれた鉄線の花から考察してみました。
鬼滅の刃から日本文化を考える

禰豆子の口枷に使う竹は、歌舞伎にヒントあり?

禰豆子がつけている竹の口枷は、どうして竹でできているんでしょう? 歌舞伎からヒントを探してみました。
鬼滅の刃から日本文化を考える

日輪刀は病魔退散の「赤」を利用した祈りの刃

鬼滅の刃といえば日輪刀ですが、陰陽五行から見ても意外としっかりとした設定があるみたいです。調べてみました。
鬼滅の刃から日本文化を考える

善逸の羽織の三角模様には、どんな意味がある?

炭治郎と同期の善逸が着ている羽織の格子柄について調べてみました。善逸の場合も、模様や色合いが善逸にぴったりのものが選ばれているようです。
鬼滅の刃から日本文化を考える

炭治郎の羽織の市松模様には、どんな意味がある?

鬼滅の刃の主人公、炭治郎が着ている羽織の格子柄について調べてみました。模様はもちろん、色合いも炭治郎にぴったりのものが選ばれているみたいです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました